FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

10 < 2019/11 > 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


秋の庭木それぞれ

2019-11-04 (Mon) 15:59[ 編集 ]
東日本は、9月初旬から10月に掛けて、二つの台風の強風・豪雨と、その後の低気圧の大雨で、甚大な被害をもたらした。わが家は風の通り道で、その都度南西方向からの強い風雨に晒されたが、幸い被害はなかった。

11月に入り晴天が続き散歩の陰も細長くなった。庭の木々もだいぶ秋の装いになって趣がある。
隣家との境に植わるトウネズミモチは、ベランダの屋根の高さを凌ぐ5mほどにもなった。全面に小さな蒼い実をたわわに付け、黒く熟すのを待っている。待ち兼ねているのはむしろ種々の鳥たちで、例年月末頃からは集まってピーピー鳴き声がうるさくなる。
その傍のモミジの葉は黄色く色づいたが、未だ紅くはならないでいる。
スダチは昨年ほどではないが700個強の実をとった。木に未だ100個も残っているが、大きく育ち深緑色から黄色になりつつある。今の実はまろやかな酸っぱさで果汁も多く、家人は旬の頃の固く蒼いものより喜んで使っている。
サルスベリは紅白2本あるが、先月末に花が終わった。この機に来年の花の為に剪定をしたので、今は寂しく太い幹だけだ。

一方、裏庭の夏ミカンは、若い枝が今頃伸びて、先週高枝鋏で切り落として綺麗にした。
木ではないが、紫陽花はどれも未だ緑の葉ふさふさ。墨田の花火が一輪の花を付けていて、これも季節を勘違いしていて秋の風情を邪魔している。
スポンサーサイト



スダチ事情

2019-09-27 (Fri) 16:23[ 編集 ]
このプチ雑記、手抜きから月一ペースになっていて、このままではこのペースも守れなくなるので、今年のスダチ事情について書くことにした。

庭にあるスダチは、去年1000個近くもの実を付けた。一昨年の10個程度の凶作から、超の付く豊作だった。今年はその反動で不作にならいよう、春先に鶏糞や油かすといった有機肥料を入れ、幹の周りに枯れ草を置いた。その後も根元の枯れ草に井戸水を撒いたり、化学肥料をやったりして、今までとは違って少しは手を掛けた。そのせいか、小さい実の付き具合をみると、去年の半分ほどは実るのではと思えた。

しかしながら、夏の厳しい暑さでその実の成長は遅くなり、収穫期の9月に入っても上部の実はたわわで大きくなっているものの、手の届く範囲は小ぶりだった。試しに大きい実を高枝鋏で取ってみると、香りも酸っぱさも十分で、そろそろ収穫して大丈夫のようだった。そして、スポーツジムに行かない8日の日曜日に取ることにした。

台風15号が暴れたのは、その8日午後から9日の未明。8日の午前中に高枝鋏で取り始めたが風で揺れて挟みにくく、50個ほどで止めた。風の通り道に当たるわが家は、夜の始めからから翌未明まで、住んで30年で経験の無いほどの強風に見舞われた。朝になると風は弱まり、幸い大きな被害はなく、たった一つの被害がスダチの木にあった。テレビでスダチ農家の収穫を見ると手の届く背の低い木だか、わが家のは伸び放題で背が3m以上もある。その上部に大きく育った実がまとまっていて、強風で上部揺れ幅が大きかったためか、木全体の傾きが以前よりも酷くなっていた。2年前少しの傾きが出て、念の為に支え棒を枝にくくり付けておいたが、その棒が今回の傾きを頑張って止めてくれていた。

台風は去っても、このままでは次の風雨で倒れる可能性があり、防ぐには上部を軽くする必要がある。その為には上部の実を取って、高く伸びた2本の枝を切らなければならない。
まずは実を100個程とったところで、40年物の高枝鋏が壊れた。修理不能で、代りの鋏をAmazonに注文した。一週間ほどで届いたものは「電動庭園バリカン」。マーケットプレースの販売元からは返品交換出来ないという連絡があり、すったもんだのあげくにようやく注文の鋏が届いた。

鋏は、細い枝なら切れるものの、上に伸びた径2cmもの枝は脚立に乗ってノコギリで切る。こうしてようやく一次の風対策は済んだが、次に支え棒を太いものに替えなければならず、途半ばだ。

実はこれまでに近所や親戚・友人、自宅用にと450個取ったが、まだ100個以上残っているので、今年は500~600個実ったことになり、予想通り去年の超豊作の半分で、可もなく不可もなしといったところ。
支え棒の早期交換とともに、来年も沢山実るように、手を掛けてやらねばと思う。

長梅雨のあとで

2019-08-01 (Thu) 10:21[ 編集 ]
関東甲信地方がようやく梅雨明けした。平年より8日遅く、去年より30日も遅い梅雨明けということだ。
気象協会のサイトで過去の天気を調べると、7月の東京都心で傘マークが付いたのは去年が9日、今年はなんと24日もある。気温では去年30℃超えは26日、今年は9日だ。その9日のうち、7日間が7月24日から月末に集中している。中でも27日からは日増しに気温が上昇している。30℃未満22日のうち25℃未満が12日だから、体感通り上・中旬の涼しさから下旬に一挙に暑さが厳しくなり、周りでは体調を崩す人が多い。
とは言う自分は、年齢とともに暑さに弱くなり、自室のエアコンはほぼ一日中点け放しだ。少し身体を動かすと、汗が噴き出て何枚もシャツを取り替える毎日。家人から水分補給をうるさく言われるので、水やスポーツドリンクを多く採るようにしている。発汗するから水分を採るのか、水分補給をするから汗をかくのか、どちらが先か分からないが・・。

こんな例年にない天候下で、庭のサルスベリが桃色の花をつけた。もう一本の白い花は未だで、桃色も白も開花はいつもより遅れている。サルスベリの隣に植わるスダチは、実の数は例年並みのようだ。枝の下にミニトマトの苗を植えたところ、高さ2mほどのスダチの枝まで伸びてヒゲが絡みつき、実同士が大きさ比べしているのを見付けた。スダチの実はミニトマトほどで、8月に入ったにしては例年よりも小振り。9月上旬に初物を取るのは難しいかも知れない。

話しは変わって・・
2ヶ月ほど前にYouTubeで「ジャガイモにバラの挿し木」を見た。ジャガイモに箸などで穴を開け、そこにバラの枝を差して、土に植える。湿度を保持のため、底を切り取ったペットボトルを被せておくと地植えにできるほどに育つ・・・というものだ。
近所でバラを何種類も育てているお宅から剪定クズを少し貰い、試してみた。
一ヶ月ほどして、差した枝の傍から芽が数本出てきた。水やりを欠かさずすると芽は大きくなってきたが、様子違う。なんと、ジャガイモが発芽して日々大きくなったものと判明。それを摘んでも直ぐに新しい芽が出てくるが、ジャガイモのばかりでバラの枝からは一向に芽が出て来ない。このままでは、鉢でジャガイモを収穫することに・・・という笑い話。

今年のPHOTO IS

2019-07-13 (Sat) 09:34[ 編集 ]
小雨の降る中、富士フイルム主催の「PHOTO IS 50000人の写真展」初日に行ってきた。
この写真展は、誰もが応募出来、その全部が展示されるとあって、写真好きの心をくすぐる写真展だ。2006年に10000人・・で始まり、30000人・・になり、今では50000人・・になっている。これが全国33カ所会場で順次開催されるから、日本最大級と標榜しても不思議はない。
全作品が展示とは言ってもセレクションは行われ、写真家・著名人10人が「心に響いた作品」を各10点ずつ合計100点がセレクトされ入選の扱いとなる。

ただの写真好きの自分も、デジタル一眼レフを持った2009年から毎年応募しているが、入選にはかすりもしない。
2009年冬の新宿御苑、2010年三社祭、2011年・2012年は昭和記念公園のチューリップ、2013年昼寝の庭猫、2014年の昭和記念公園の風景を挟んで、2015年・2016年日向ぼっこする庭猫、2017年古木の枝垂れ桜、2018年寝入る孫娘。

今年は撮りためた中のどれにしようかと迷ったが、砧公園の満開の桜をベースに ①見に来た子連れの家族(許可を取って撮影) ②ランニングに励む若者たち の二点に絞り、家人の勧めもあって①に決めて応募した。
自分では、かなり気に入っている作品だが、ありきたりのテーマすぎる。入選は応募した「一般展示部門」と「平成の一枚部門」が対象でこれが全体の8割とすると0.25%の超狭き門。このテーマでは「心には響く」ことは難しく、今年も無いと決めての応募で、案の定選外だった。

選外でも、自分の撮った写真が大きな会場にきちんと展示されるのは、気分が良いもので、乃木坂の会場に足を運んでいる。入院した時には、代わりに長男に会場の写真を撮ってきて貰った。

今日は初日だったが、シトシトの雨降りで、午後の会場での人出は少なかった。一般展示部門の自分の写真は、いつも通り第一会場フジフイルムスクエアの二階に展示されていて、直ぐに見つかった。周りの作品をぐるりと見ると、他の写真に比べ、自分の作はインパクトが足りないように思える。美しく撮ろうとするあまり、よく言えば絵ハガキのようにありふれていると反省した。それでも思い入れのある一枚で、返却後はパネルにして自室に飾ることにした。

更に去年から、スマホから「お気に入りの1枚」に送った写真が2L版ほどの大きさで展示されている。家には、そのコピーが送られて来ていて(有料)、去年の孫娘の写真と、今年のジイジの帽子を被った孫息子の写真とが本棚の上に並べて飾ってある。この展示会場は、地下一階のミッドタウンガレリアで、それほど大きな会場ではない。あいうえお順の展示で、孫の写真を一分もしないうちに見つけた。展示の多くが、「どうだ!」としゃちほこ張ることもない写真で、肩が凝らず楽しめた。

50000人の募集は毎年3月頃から始まるが、来年の応募に向けて、見るからにインパクトが強く、印象に残る一枚を意識して撮りたいものだ。

高幡不動の写真コンクール

2019-06-14 (Fri) 09:28[ 編集 ]
毎年の「あじさいまつり写真コンクール」に応募するので、6月になると高幡不動尊(金剛寺)から、応募用紙が届く。人物/人影が入ると人物が特定出来るようだと肖像権やプライバシーの問題があり、撮影時に一々了解を求めるのが面倒で、ここではヤマアジサイ(*注)を中心に撮って、その中から一点を応募するようにしている。
コンクール入選作の多くが花+人物の写真で、花だけでは面白みがなく、毎年選外の通知葉書と参加賞のメガネ拭きが送られてくる。

そんな応募者扱いの丁寧なこのコンクールに、今年も応募すべくいつも通りヤマアジサイを撮りに行ことにし、6月7日金曜日に予定をした。その後、天気予報が7日に雨マークを付け、延期を土曜日にするとまた雨、日曜日にするとこれもまた雨だ。ようやく13日にお日様マークとなり、他の用事もあったので電車で出かけた。2回の乗り換えで1時間掛からず10時前に寺の門をくぐった。

昨日までの愚図ついた天気のせいか、小振りのヤマアジサイに限らず普通のアジサイや西洋アジサイも今が見頃だ。いつものように、鐘楼の横を通って裏山への坂道を登り、頂上の高幡城址入り口の手前で息を整えていると、保育園児たちがワイワイ登ってきて追い抜いていった。

山内には八十八カ所に弘法大師像(お地蔵様)が祀られていて、巡拝コースを辿りながら色んなアジサイ7500株を楽しめる。特にコース周りには、4000株ものヤマアジサイを見ることが出来る。
城址からつづら折りの歩道を下り始めると、登ってくる人が徐々に増えてきた。ウィークデーでも人出は少なくなく、自分も含め八割方が高齢者といったところだ。休みながら登っていくかなりの歳の方もいる。
ヤマアジサイ園の付近では混んできて、可憐な姿を撮ろうとレンズを向ける人達が沢山いる。特にブルーや薄桃色の花は人気で、ともすると撮影は順番待ちとなることもある。
一時間強で150枚ほど撮ったが、例によって人影が入った写真は10枚ほどで、今年の応募に頭を悩ますことになる。

家に帰り写真を点検すると、今日の満足の一枚は「濃いピンクの一株」で、少しの間玄関に飾ろうとプリントした。
コンクール応募だが、たまにはアジサイ+人影のもの・・坂道の頂上近くにある花に登り切る直前の人を入れたもの2枚を候補にしようかと考えている。勿論、人物は特定出来ない様後ろ姿やぼかし撮りしたものだ。

(*注)
ヤマアジサイは、主に太平洋側の福島県以南に生育し、林や沢沿いでよく見られるとのことだ。花は縁に沿って装飾花をつけるガク咲きだが、ガクアジサイよりも小型で、白色、青色、薄紅色など多様。葉は薄くて光沢がなく細長く、枝は細く樹高も1メートル程度と低いようだ。

 | HOME |  »



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

(C) お~さま All Rights Reserved.