日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

03 < 2017/04 > 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


今年は当たりのチューリップ

2017-04-20 (Thu) 21:00[ 編集 ]
昭和記念公園には、2010年から震災のあった2011年を除いて、毎年4月20日前後にチューリップを撮りに出掛けている。
今年はそれを失念していたが、Facebookのコメントがその時期と教えてくれ、スポーツジムが休日の20日に行って来た。
ブログを5年間遡ってみると、撮影と花の時期が上手く合ったのは2勝3敗の負け越しだ。それも最近2年は連続して外れていて、今年の20日は少し早いとは言え、ここ数日の暖かさもあって期待はしていなかった。

開門の9時半前に西立川駅に降り立つと子供の騒ぎ声が聞こえ、改札を通ると小学生の列がいくつもあった。この時期のこの時間に公園を訪れるのは、小学低学年生か一眼レフカメラを持った高齢者と思って間違いは無い。

その両方とも向かう場所は、チューリップとムスカリが咲く「渓流広場」だ。
小学生が来ないうちにと、急ぎ足の高齢者に混じって速足で向かった。
着いてみるとチューリップは今が丁度見頃で3勝3敗に持ち込め、しかも撮影には嬉しい快晴だ。

池の周りを綺麗に色分けされたチューリップの花壇が取り巻いている。その外側には、数種類の寄せ植えが多く、今年の特徴になっている。同じ種類がこれでもかと花開いているのも迫力があって良いが、寄せ植えは何といっても色とりどりで、その華やかさが一帯を包んでいる。
池の周りを撮りながら1/3周ほど来たところでひと休みしていると、家族連れにペット連れ、カップルなどが急に増えてきて、その上小学生の列も次々にやってくる。これでは引いて撮ると何処でも人が入ってしまうので、クローズアップで写すようになった。

青いムスカリがチューリップを引き立たせるように植えられているが、珍しい白いムスカリがあった。芝生の上に、白ムスカリがうねった川のように植えられている。近くで作業をしている係の人に聞くと「枯山水のようにと遊んでみたんです。来年はもう少し広げます」とのこと。そう言われれば、ここだけがどこか和風で落ち着いた雰囲気だが、アクセントがなく物足りない。

いつもより随分と早く11時過ぎには池を一周し終え、駅に向かったが、写した枚数は200枚と意外と多く、写真の整理やホームページへの掲載に時間がかかりそうだ。
スポンサーサイト

砧公園のソメイヨシノ

2017-04-05 (Wed) 21:45[ 編集 ]
近年桜の季節が来ると、世田谷の砧公園にカメラを肩に出掛ける。
4月2日に気象庁が都心のソメイヨシノが満開を迎えたと発表した。全国で最も早いと付け加えられていた。去年もその報で砧公園は満開になっていなかったが、5日は20℃を超え絶好の花見日和と放送されたので、5日に決めた。

世田谷通りが混むので8時前には家を出たが、途中でノロノロになった。砧小学校前の交差点から日大商学部に掛けて両側に桜の並木があり、ここの満開の桜も見事で楽しみにしていたが、残念なことに幹の下の方だけ残して切られていた。家から45分かけて、公園の駐車場に入った。
公園の中の歩道を行くと世田谷美術館を過ぎたあたりで、屋台が開店準備をしている。去年は無かった洒落たフランス料理の店も出ている。その辺りから公園内がみえるが、満開のソメイヨシノは見えず「外れ」が分かった。

日当たりの良し悪しではなく、入り口から見えない北西の場所にはほぼ満開のソメイヨシノがあり、その下にブルーシートが何枚も敷いてあった。
広場にあるそれ以外の木は、花は開いているものもあるが、蕾が膨らみあと一息で開きそうなものも多くて、全体の咲き加減は5分咲きといったところ。

駐車場とは反対側の西門近くの広場は、ずらりとソメイヨシノの大木が並んでいるが、ここも5分咲き程度。ベンチに座って芝生の先の中途半端な桜の様子を眺めていたが、芝生の上を吹く風が冷たい。暖かくなる予報だったので、ヒートテックの長袖下着を半袖に替え、ブルゾンも薄手のを着たので、大木が風除けとなる日向に移動した。

10時半を過ぎると徐々に人が増え始め、子供達の声も聞こえてきた。元の広場に戻ると家族連れや幼稚園の子供たちが遊んでいる。その中で簡易椅子に座って絵を書いている人が何人も見える。その一人に近づいてみると、なかなかの水彩画だ。他の人が話しかけたのでそば耳をたてると、半年間世田谷区が主催の成人向け水彩画教室に通っただけと言う。それでこれだけになれるなら「習ってみようかな」がちょっと脳裏をよぎった。

大分暖かくなり、気温も20℃を超えたようで、入り口近くの桜は大分開いてきて、七分咲き位になっていた。駐車場の係員は「今日で満開になるのでは」と楽観的な予想をしていた。
「明日来るんだった」の口惜しさを残しながら、スポーツジムに向かった。

梅畑が消えた

2017-03-02 (Thu) 12:31[ 編集 ]

日課にしている朝の20分ほどの散歩をこのところ中断している。ジムの途中で寄る整形外科の駐車場スペースが少なく、代わりの徒歩にしているからだ。

ジムの休日の今朝久しぶりに普段よりも遠回りをした。ウォーキングポールを使い歩いていくと、いつもと違う光景が現れた。目の前の梅畑がなくなっていた。2週間前頃には、梅の蕾が開いた姿が綺麗とスマートフォンで写した畑だ。

「桃栗三年柿八年」の続きは諸説色々あるらしいが、その一つは「梨の馬鹿目が十八年」「柚子は大馬鹿十八年」「林檎にこにこ二十五年」 「梅は酸い酸い十三年」と続く。実際に梅が実をつけるのは、種からだと5~6年、接ぎ木で3年程とのこと。
畑に残った直径25cmにならんとする切り株を見ると、樹齢は数十年だったと思える。これをチェーンソーでバッサリ・ザッサリでは、全く悲しい話だ。

道路を挟んだ反対側では、いくつかの戸建て住宅を建てるべく小高い丘を崩し、整地作業が続けられている。梅畑も宅地に変わり、一年も経たずに静かだった道の両側は小じんまりとした建売住宅が並んでいるに違いない。
そして、この辺りに多い梅畑や栗畑も徐々に伐採され、あと20年もすれば無くなる。緑の豊かさを連想させる地域の名も変えてしまうのではないかとも思う。

3月=「弥生」の由来を調べると、草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって「やよひ」となったとのこと。花月や花見月の別名もあるというが、現実は呼び名から離れて、満開に咲き誇る姿や若葉の茂みも見せることなく梅や雑木林が伐採されていく。

父が遺したもの

2017-02-15 (Wed) 21:34[ 編集 ]
和室の床の間用の掛け軸で家にあるものはお経の書しかなく、日本画など絵物はないので、代わりに色紙を飾っている。
19年前に91歳で他界した父が晩年趣味として日本画を習っていて、色紙にも描いていた。

亡くなった時に、その色紙を何枚か貰ってきたが、飾ることなく屋根裏に置いてあり、リフォーム後にいざ飾ろうと出してみると、雑な保管と経年変化で飾れるものは3枚しか無かった。
達磨が2枚と桜が1枚、達磨の一枚は孫(家の長男)の誕生祝いの言葉とともに達磨を描いたものだ。数少ないので、これも交代で飾る中に入れたが、マンネリは否めない。

長男が、安曇野近辺に家族で旅行し、実家にも寄るというので、父の色紙を何枚か貰って来るように頼んだ。長兄は「もう良いのは無い」と言っていたが、持ち帰った3枚の中の2枚は花、1枚は山を描いたものだ。梅の絵は、満開の花が枝いっぱいに咲き誇っているもの、鉄線は細い幹・枝に薄紫の花が開き数匹の蜂が飛んでいるもの。山の墨絵は暗いので、飾っても見られる出来の花の2枚を選び、先ずは季節的に梅の色紙に替えた。

晩年の父は、このほかに家系を調べていた。
先祖は木曾二郎 源義仲とした大本家に伝わる書類、古くて文字も消えかかっている同姓墓地の墓石、寺の過去帳そして書籍などを長い時間かけて辿ったようだ。それを手作りの冊子にまとめ、その一冊をわが家にも貰った。
毎週の「Family History」を見て、わが家もルーツを確認しようとこの冊子を探したが、見つからない。実家に寄る長男に借りて来るよう頼んだが、持ち帰ったのは、家系をまとめた一枚の紙だけだった。実家でも冊子見当たらないとのことだ。
まとめの一枚には義仲の8代前の40数代前から長兄まで書かれていたが、生前の父はどうしても数代合わないと話していた。
これを解明し、家系図を完成するには冊子が必要で、もう一度家探ししてみようと思う。

フキノトウを撮る・採る

2017-01-27 (Fri) 15:39[ 編集 ]
週に4日行くスポーツジムの階段の踊り場から、大通り沿いの梅の大木が見える。この梅は一月中旬には花をつける。今年は更に早く大寒の20日には満開で、大木が白く包まれて見えるほどになった。

毎年この近くの梅林の土手にはフキノトウが出て、春を撮りにそして春の味覚を採りに行く。去年の日記を見ると27日に行って未だ早かったとあった。しかし、今年は梅の大木の開花が早かったことから丁度良い時期ではないかと、去年と同じ日のジム帰りに寄ってきた。

梅林は数年前に殆どが伐採され、数えるほどしか残っていないが、丁度見頃に咲いていた。
土手に回り、花の蕾のフキノトウを探すが、小さなものだけしか見当たらず、数も多くない。レンズを向けるにも落ち葉の影に小さいものしかなく、なかなか春を撮りきれない。また、小振りで固く、根元を手で千切ってもきれいには取れない。

土手に上って残った梅ノ木の下を見て驚いた。既にフキの葉が地面いっぱいになっている。しかも、例年はまばらにある葉の傍で花になっているフキノトウもあるのだが、それが全く見当たらない。葉の下に隠れているかと言うとそれも見えない。
例年と様子が違うのは分かっても、早いのか遅いのかは分からない。

梅の木の辺りは諦めて、土手の斜面に戻り、落ち葉を突き破って顔を出しているフキノトウを見付けてはもいだ。ビニール袋の中に30個ほど溜まったので、春のほろ苦さを味わうにはこれで充分だろうと帰ることにした。
晩ご飯の時には、味噌炒めになって出てくることだろう。

蕗の薹の 舌を逃げゆく にがさかな  (高浜虚子)

 | HOME |  »



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.