FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

04 < 2019/05 > 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


神田祭と三社祭

2019-05-20 (Mon) 13:56[ 編集 ]
桜の季節が終わった5月の東京は、日本を代表する二つの祭が開催される。江戸三大鎮守の一つの神田明神の「神田祭」が第2~3週にかけて一週間、三日間で150万人の人出という浅草神社の「三社祭」が第3週に行われる。

神田祭の本祭は隔年毎で、今年は令和になって初めて、文化交流館完成後初めての本祭だ。
11日の土曜日に、御神輿は少しでも仕方がないと腹をくくって、10時前に出かけ、1時間で新お茶の水に着いた。2020年完成予定の新しい駅舎の建設工事中だが、神田川に架かる聖橋も工事をするらしく欄干側に囲いがあり、神田川や丸ノ内線などは見ることが出来ない。
明神様の大鳥居をくぐってもそれほど人出ではなく、本殿へのお参りも10分ほど並んで出来た。平将門像の展示があるというので15分ほど並んだが、見終って出てくると、参拝の列は随神門まで長く伸びていた。(神田明神とは平将門のことで、将門を祀っている)
肝心の御神輿は、一向に境内に入ってくる気配がない。待機中の消防署員に聞くと、宮入は夕方からで、それまでは町を練り歩いていると言う。完全に自分の勘違いだ。仕方なく明神様を出て、秋葉原方面に御神輿を探しに行くことに。明神下の交差点までいったところで、先週来の腰痛が酷くなり、引き返して帰路に着いた。

神田祭や三社祭の見物は、写真を撮ると言う目的に加え、自分の体力のバロメーターとして位置付けている。腰痛は、ギックリ腰のようないやな痛さで、日を追う毎に酷くなり。整形外科に掛かり、鎮痛剤と湿布で手当をした。

翌週18日土曜日に予定していた三社祭行きは翌19日に延期。当日は、コルセットを付け、滞在時間も1時間以内の見物に変更にした。宮入は2時以降の予定と分かっているが、浅草の場合、各町会の御神輿は色んな場所で見られることから午前中とした。
11時に銀座線で浅草に着き、雷門脇の出口から地上に出た。広い雷門通りが車両通行止めとなり、御神輿が練っている。雷門の真ん前では、外国からの観光客が多く、大声の中国語が飛びかっている。
雷門を入ると、仲見世通りは人の波で動きが遅く、平行している店裏の通りを宝蔵門方向に行き、伝法院通りを右折した。二階や屋根に乗っている白波五人衆を撮る為だ。「弁天小僧菊之助」「忠信利平」「赤星十三郎」「南郷力丸」は見付けたが、道路に設置してある筈の首領「日本駄右衛門」だけが、御神輿の為に一時的に移動したのか見当たらなかった。
宝蔵門から本堂(観音堂)の間は、立錐の余地もないほどの人の波。本堂前の御神輿を撮ろうと、かき分けて前に進む。何とか位置をキープしても、撮る段階になるとかざしたカメラや携帯電話ばかりが目立つ。それでも10回はシャッターを切って離れた。
そろそろ予定の1時間になるので、遠回りになるが混雑の少ない花屋敷通りに抜け、ホッピー通りを通って浅草公会堂に向かった。オレンジ通りに出て、空いた小腹の足しに焼き立ての鯛焼きを頬ばり、舟和で人形焼きを土産に買って雷門通りに出た。御神輿が練り歩いていることもあって人出が多く、地下鉄への入り口までやっと辿り着いた。
地上の混雑とは反対に、地下鉄渋谷行きは空席が沢山のまま発車した。
スポンサーサイト

多忙 ?

2019-04-21 (Sun) 14:57[ 編集 ]
先週、今週と行事が続き、久しぶりに忙しく過ごした。
一つは12日に義母の一周忌を長野県上田市の近くにある菩提寺で行い、二つ目は孫娘の記念写真撮影が18日に、19日には趣味の話だが昭和記念公園のチューリップを撮りにいってきた。

義母の命日は3月9日だが、雪や道路凍結が心配でお寺さんに相談して、一周忌は一か月遅れにしてもらった。
当日は長男・次男の家族と車2台に分乗して向かったが、もう30分ほどで着くという所で雪が舞い始めた。それでも標高が下がるにつれてそれも止み、予定時間の30分前にはお寺に到着した。
迎えられ先ずは、暖房が効いた部屋と温かいお茶で持てなしてくれた。法要の広い本堂はこの季節でも寒く、畳だと冷えるだろうと椅子を用意してくれた。読経は、住職と副住職の娘さんの二人で行ってくれ、焼香、法話と続き、30分ほどで終了した。頂いた塔婆と持参した生花を持って、境内にあるお墓に参った。孫たちがはしゃぎ回るなか、塔婆を据え花と線香を手向け、順に手を合わせた。
その日は、こういう機会はなかなか持てないのでと、皆して隣町の上山田温泉の旅館に泊まった。3時前で時間があるので、旅館お勧めの「あんずの里」に行ってみた。通り沿いの殆どの民家に薄桃色の花をつけたあんずの木がある。中でも山の中腹にある展望台は、ぐるりとあんず畑に囲まれ、満開を楽しめた。
宿は、かけ流しの浴場や屋上の露天風呂で温泉を堪能でき、夕食時になると大きな部屋に家族だけの場をセットしてくれていた。料理も信州産の山菜や肉、鯉なども並び、孫娘には子供向けに気を配った料理が出てきた。2歳と1歳の孫二人は、満腹になると広い部屋の中を駆け回って遊んでいた。

孫娘が来月3歳になるのと、少し早いが七五三の前撮りをするので、ジイちゃんたちも家族写真を一緒にと誘われた。
調布市仙川にあるスタジオでだが、仙川は50年ほど前に東京に出て初めて部屋を借りた場所。大家の二階、4畳の部屋と共同のキッチン・トイレ、風呂なしの生活が懐かしい。周りが畑だらけだったが、今ではオシャレなお店や大型店舗が並び、若者に人気の街と化している。初めての所のようで、ナビを頼りにようやく着いた。
ベネッセ経営の写真スタジオは、3部屋がいろんなシーンで撮れる様に設えてあって、衣装まで揃えてある。早速孫たちは着物に着替え、女性スタッフ二人で撮影に入る。そのうちに孫たちが飽きだし、孫娘は撮られるのを嫌がって逃げるのでスタッフと両親が奮闘する。和装の後は洋服に替えるが、この頃になると、泣き顔になる始末。それでも流石はプロの技術で、出来上がった写真は笑顔のものばかりだった。

スタジオ行きの翌日は、恒例の昭和記念公園でのチューリップ撮影。去年は4月12日で満開だったが、今年もこの陽気では同じころと思われた。ホームページでも14日が見頃とあり、19日では花のピークをかなり過ぎているのではと、危惧しながら向かった。
いつものように9時半の開園と同時に入り、渓流広場のチューリップガーデンに急いだ。
西立川口を入りしばらく行くと、もみじ橋の右手に水色のモネフィラの丘が見えた。今年は面積が広くなり、小さな丘全体を水色が覆っている。
池を囲むチューリップは、きれいに咲いていてまだ見頃を続けている。ところどころにアクセントとなっている青紫のムスカリも開いている。池の周りを左回りに写しながら移動する。色とりどり・形さまざまであまりにも多くて、目についたものしか撮っていられない。リーフレットをみると242種類22万球も植えられているらしい。池に繋がる川の先まで畑は広がっている。去年まではこれほど広くはなかった。昨秋来た時にバリアフリー化の工事中と聞いたが、拡張もこの時にやったのかもしれない。
平日だが、この景色を見に女性や高齢者が大勢来場し、外国の人たちも足を運んで来ているが、あと一か月もすればチューリップは「また来年」となる。球根は掘られて秋の植え付けまで保管されるのだろう。

今年の桜撮りは2勝2敗

2019-04-03 (Wed) 14:30[ 編集 ]
毎年、桜の季節になると近所三カ所と世田谷の砧公園で写真を撮る。
一番早いのが徒歩10分にある神社の”枝垂れ桜”で、いつも”染井吉野”に先立って咲く。今年の東京の”染井吉野”の満開は例年よりも早く3月27日だった。しかし、ここの”枝垂れ桜”が満開となったのは同じ27日で、同じ境内の”染井吉野”はまだ三分咲き程度だったので全体に咲くのが頼りも遅かった様だ。それだから、未だか未だかと3回も足を運んで、去年よりも4日遅い満開を撮した。その咲きっぷりは、空から花が降るような壮大さで、一本ながら圧倒されるものがあった。幹に植樹時期のプレートが今年取り付けられ、昭和50年3月とある。高さ約15メートル、幹周約2メートルの大木で、それまでは一世紀近い樹齢かと思っていたが、意外にも44歳と若いのには驚いた。

近くの二カ所の”染井吉野”は、4月2日の早朝に見に行くと両方とも満開になっていた。一つは道路沿いの公園で、整備工事の折に枝を切ったのか迫力がなくなっていた。もう一方は、桜の街路樹が数百メートル続く通りだが、ここも天辺近くをバッサリと切られ、今年は無残な姿だった。どちらも、来年に期待だ。

こんなだから、砧公園への期待は大きい。通勤で混雑の世田谷町田線を走り、8時には公園の駐車場に着いた。周囲の道を散歩する人もわずかで、公園内の人もまばらだ。入り口近くの桜は、九分咲きといったところ。去年は今年の一週間前で八分咲きだったから、去年よりもだいぶ遅い。
入り口近くのファミリーパークを通り、北方向に向かうと満開の”染井吉野”が見えた。木々が風を遮る場所の桜やコブシの咲き方は、他の箇所よりも咲くのが早い様だ。初めて谷戸川の吊り橋を渡り、川沿いに歩く。先ず目に入るのが、赤と白があふれるように咲くゲンペイモモ。それを右手に少し行くと、白い花が満開で花の間に若葉が見え隠れする大島桜が、大波がうねるように現れた。
波の先の通路の両側に芝生の広場が見え、ほぼ満開の”染井吉野”連なっている。冬に戻ったような寒さだというのに、小さい子連れの家族がシートを尻に座って花見をしている。桜だけを撮るよりも人も入れた方が絵になるので、写真に入れることの了解を貰い、満開の桜を背景にシャッターを切った。
公園内の道を挟んでサイクリングコースもあるが、その内側を学生の陸上部員がランニングをしていて、これも被写体としては戴きもので、桜+ランナーを何枚か撮した。
気温が5・6度の上に、9時を過ぎると風も出てきて寒いので、そろそろ戻ることにした。帰りの道すがら、プロらしいカメラマンが着飾った若い女性を桜の前に立たせて撮影しているのに出くわした。それが何組もいて、満開の桜と若い子の取り合わせはさぞ絵になるのだろうと思った。

この公園では1時間半、150枚ほどの中には、まあまあの作が数枚あるので、良しとしよう。

春の花と季節病

2019-03-13 (Wed) 21:46[ 編集 ]
庭の早咲きの桜が咲いた。
東京のソメイヨシノの開花予想(ウェザーニュース/靖国神社)は、例年と同じ3月21日だ。去年の開花は17日で、それよりは少し遅いようだ。家の早咲きの桜は、不思議なことに去年も今年も合わせたように3月12日だった。

今年の寒さも3月5日以降暖かくなって、最高気温も10度を下回ることはなく、桜にもWelcomeだったようだ。そしてここ数日は16度を超え、4月の陽気のようだ。庭の日当たりの良い場所にはユキヤナギや雑草のホトケノザ、ハナニラ等も花を付け、ボケも冬越しの花に加え新しい真っ赤な花弁が開いて満開だ。

こんな陽気や春の花に浮かれていても、毎年のアレがやってくる。”花粉症”というやつだ。
2月下旬にクシャミと目尻の痒みが初期症状で、「今年も来たか!」となり、3月早々に耳鼻咽喉科に行った。診察30分前に受付をすると既に8番目という。その後にも人が続き、診察時間になると20人は座れる待合室の席はいっぱいとなった。
診てもらうと、案の定”花粉によるアレルギー症状”。ネブライザーによる吸入と点鼻薬+目薬+抗アレルギーカプセル剤10日分の処方だという。「もう少し長く、せめて2週間分くらい頂けないですか?」とお願いしたが「初回だから、この位で」とピシャリ。
調剤薬局に回って顔見知りの薬剤師に聞くと「今日の耳鼻科の患者さんの殆どは、花粉症の薬です」という。この時期が耳鼻科の年一番の稼ぎ時か は邪推か・・。

春にしばしば眠気を催すのは、気温の変動が激しいため自律神経のバランスが乱れること、睡眠誘導物質メラトニンの分泌量が冬の日照時間が短いパターンを引きずっていることかららしい。
自分の場合は、それに整形外科処方の鎮痛薬とこの抗アレルギー剤が加わってか眠気を催すことが多くなった。録画のテレビドラマの途中でウトウトして、何度も見直すことがしばしばある。

柿畑・梅畑が消える

2019-01-30 (Wed) 21:20[ 編集 ]
通っているスポーツジムの階段の踊り場から、こんもりと沢山の実を付けた柿の木畑がある、いや昨年末までは有った。たわわに実ったのに収穫の様子がないので、ジム仲間と「どうして収穫しないのか」「取らないならご自由にとしたら良いのに」などと話していた。
新年が明けて、一月も中旬になった頃にふと見ると更地になっている。受付の女性に聞くとどうも建売住宅地になるらしい。その後ダンプが土を運び、それをブルがならしてい、ショベルカーが土を掘っている。

日記を見ると、一昨年の1月27日に柿畑の隣で川沿いの梅畑の土手で「フキノトウを35個取った」とある。昨年は「2月23日に50個」だが、今年のフキノトウはどうかと見に行くことにした。

土手に行くと、ススキが全体を覆っていて、フキの葉が見えない。ススキが途切れた辺りで葉が少しあって、その脇にフキノトウが一つだけ芽を覗かせていた。
狭い沢がある場所にはススキはなく、フキの葉が沢山あるが、未だ目を出していないのかフキノトウは見当たらない。そこから見える梅畑は手入れをしている様子はなく、荒れ放題だった。

川沿いにある町内自治会の花壇で、手入れをしていた人に「梅畑も宅地になるのでしょうか?」と聞くと、「おじいさんが亡くなったからね」と教えてくれた。
別の道沿いにある畑の角に新しい看板があって、「某大手ハウス会社の管理地、一戸建て住宅計画用地」とある。後継者がいないか、相続税のためか、土地を手放したようだ。

毎日の散歩コースには、去年の春まであった広い梅畑が6軒の戸建てに替わっている。近くの丘の上にある神社の雑木林はL字に切り取られ、マンションの建設が進んでいる。
駅前の柿畑には、フィットネスクラブ・学習塾の建設の看板が立った。

各駅停車駅も複々線化が完成し新宿まで25分になった。この影響かこの辺りの宅地開発が以前にも増して活発で、農地や林が浸食されている。
わが家の庭に時折狸がでるようになったのは、これで住まいを追われたことが原因なのかも知れない。人間も段々と住み辛くなる。

 | HOME |  »



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.