日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

04 < 2018/05 > 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


三社祭を覗きに行く

2018-05-20 (Sun) 15:10[ 編集 ]
19日土曜日に、浅草神社の三社祭に行ってきた。
前週からの口唇ヘルペスが広がってきたので、皮膚科で診ててもらうと「体力が少し衰えて、ウィルスが動き出したのだろう。暫くは無理はせずに」との診断で軟膏での治療だ。
と、いうことで、暑さに慣れない中での浅草は、覗く程度にしておくことにした。

9時半には銀座線で浅草駅に着いたが、地上への階段は既に満杯の人出で、海外からとおぼしき人が多い。雷門近くの出口からは、派手な浴衣が目に付くが、容貌や話し言葉から日本人のそれでないと分かる。そんな人達も多く仲見世通りは混雑しているので、裏の道を通って浅草公会堂に抜けたが、路地にもシンタルの着物の看板がある。
10時前で、まだ御神輿の気配がしない。
伝法院通りとの交差点の呉服屋のビル屋上の鼠小僧を見ながら右に折れると、一寸した人だかりが出来ている。動物喫茶のPR嬢が梟を連れて、チラシを渡している。それを撮ろうとする人達を笑ってみていたが、自分もスマホを取り出していた。
御神輿が来そうもないので、改修中の伝法院を左手に仲見世通りを目指すと、御神輿のかけ声が聞こえてきた。

通りの先にスカイツリーが大きく見える仲見世通り角の手ぬぐい屋「浅草くるり」の先だった。この辺りの屋根や看板の上に白波五人男の人形が乗っていたり、通りに立っていたりする。くるりの屋根の上には「弁天小僧菊之助」が乗っている。他のカメラの構えも一緒だが、御神輿とこの人形が一緒に入るタイミングを待って自分も何枚か撮した。
今日は未だこの一機だけなので、宝蔵門を通って本堂の前に行くと、御神輿が次々と本堂前を通って裏に集結している最中だ。警官に聞くと未だ始まったばかりと言うので、先ずは本堂でお参りした後でゆっくり撮ることにした。
どこもかしこも外国の人が多いが、柵の上に乗ったり、御神輿を追って歩いたりで、やりたい放題。観光客が金を落とすのは悪くはないが、マナーにはいささか問題ありだ。

目の前を通る御神輿のかけ声を聞きながら、シャッターを切るが、前に位置する他のカメラやスマホが邪魔になる。ようやく最前列になったが、「ソイヤソイヤ」「オイサオイサ」のお腹に響くかけ声は、少しヘバって来た体に元気を注入してくれる。
5機ほど通り過ぎた後で、ぴったりと来なくなった。裏の広場に参集する途中の御神輿も5・6機止まって休んでいる。昼にかかったようだ。昼過ぎには、町内神輿100基裏庭にが集まり、順次浅草神社でお祓いを受けてから各町内に渡御するが、今年はそこまではと帰ることにした。

帰りは駅までブラブラ、途中の居酒屋はいずれも満杯で、通りまでイスを出して賑やかだ。和菓子の舟和の辺りで毎年芋のソフトクリームを食べるのだか、今年は舟和の向かいの鳴門鯛焼本舗に目が移り、熱くて火傷しそうでたっぷりの餡子を味った、194円也。

余談だが・・
浅草寺はセンソウジ、浅草神社はアサクサジンジヤと呼ぶ。お寺は、中国から伝わる仏教=仏様を祀っているために音読みが使われ、神社は日本由来のもので訓読みが多いのだそうだ。
金龍山浅草寺(キンリュウザン センソウジ)は、1400年近い歴史をもつ観音霊場で聖観音宗(ショウカンノンシュウ)の総本山だが、明治維新の神仏分離令により浅草寺らか浅草神社(アサクサジンジヤ)が分かれた。
スポンサーサイト

夏前の庭の植物と家猫

2018-04-27 (Fri) 21:34[ 編集 ]
庭の角に植わる酢橘は、昨年は十数個しか実らないという超絶な不作だった。今年は白い小さな蕾が例年の倍以上あるような気がし、大豊作をうかがえる。そしてそれが、開き始めたのに気が付いたのが、今朝の猫の水替え時ことだ。
週初めに、今年の夏みかんを試しに取って口にしたが、水っぽさがなくて食べられたものでない。毎年送り届ける姉に、夏ミカンは送らないが、代わりに酢橘は豊作になるので期待をとLINEで伝えたが、この調子だといつもの倍送るのも、たわ言ではないかも知れない。

夕方の庭猫のえさやりの時に、庭の水道のところで家人と庭猫の話をしていた。ふと近くの桜の木に目をやると、赤い実が見える。近寄って確認すると、沢山のサクランボが赤くなっている。売っているサクランボよりも小さくて柔らかい実だが、水っぽく甘酸っぱい味がする。以前この桜が二階の屋根ほどの大きさだった時は、鈴生りの赤い実を明日食べようという日に十数羽の鳥が来て食べ尽くしたものだ。毛虫が多く出るので「桜切る馬鹿」を承知で切ってしまったが、後に残った根から芽が出て今の2m半ほどの高さに成長した。
その木の手が届くところの実を取って口に入れ、スイカの種飛ばしの要領で種を吹き出しながら一周。手元に残した数粒を、昨日四十九日を終えたばかりの義母にと、仏壇に供えた。

どこもかしこにも春がやってきたが、家猫2匹にも春だ。避妊手術済でいわゆる春の盛りは来ないが、換毛期になっている。一緒に寝ている家人の咳がなかなか治らない一因はこの抜け毛にあるかも知れない。
猫の換毛期は、夏前と冬前の二回で、汗腺がないので汗をかいて体温調整をすることが出来ず、体の被毛を調節することで調整をしているらしい。
冬を過ごした細くてフワフワで保温性が良い冬毛を、ブラッシングして取ることにし、通販で買った猫毛取り用の手袋を用意した。そのフワフワが飛散して衣類に張り付くのを防ぐため、ブラッシングの時間を洗濯物の取り入れ後とした。
作業用手袋にゴムの突起付いた手袋は、この突起が移動する間に簡単に毛が取れる。そ
の摩擦が猫には気持ち良いらしくのどをゴロゴロと鳴らしてご機嫌だ。この手袋の特徴は、取ったあとにもあり、剥がすようにして板状になった毛が簡単に取れることにある。
本日の結果は、今までに無い程の量となり、2匹分だと手の平を覆うほどになった。

9回目のチューリップ撮影@昭和記念公園

2018-04-15 (Sun) 21:12[ 編集 ]
4月12日木曜日、だいぶ早い夏日の中、昭和記念公園にチューリップを撮りに行ってきた。
写真を保存してある外付けDISCを見ると、2009年に初めて撮りに行ってから2011年を除いて毎春の習わしで、今年は9回目だ。まぁ何とも飽きずに足を運んでいると自分でも呆れるほどだか、それだけここのチューリップは被写体として魅力があるということだ。

2009年が今年と同じ4月12日だが、その他の年は20日近辺が多い。花の咲き具合で日にちの当り外れが多く、当たったことは少ない。今年は寒い冬から急に暖かくなって、花の開くのが早いだろうと12日にしたが、行ってみれば予想が当たり185品種23万球と言われるその殆どが満開だった。

シルバー料金210円のチケットを手に、運転免許証を見せて入園したのが開園の9時半。
チューリップの他に、少し離れた菜の花畑も撮りたいと、レンタル自転車を借りることにした。どの自転車でも自由に選べるので、乗り易いだろうとギア付のママチャリを選んだ。出発しようとサドルにひょいと腰掛けたが、目一杯の高さになっていて、両足が地面に届かず焦った。グラっときて、首から掛けたカメラを守った瞬間、一漕ぎもせずに自転車ごとコケた。派手な音で、二人の係員が駆け寄って来たが、痛いところもなく、恥ずかしながら礼を言って出発した。
コケたのは、高校生の時に車と接触しそうになり転んだ時以来のこと、右足の神経痛も言い訳で筋力が衰えてきていることは確かなことで、ジムで老化が進まないように更に鍛えねばと思った。

そんなことで、チューリップ畑のある渓流広場に着いたのが少し遅れ、既に30名ほどの人がカメラを構えていた。
毎年のことだが、池の畔をぐるっと囲むように種類毎に植えられて、赤、オレンジ、白、ピンク、黄色の帯のような縞模様が出来ている。近寄ってその花をアップで撮っていく。今年一番綺麗だったのは、ベースが白で縁付近が薄紫のシャーリーという初めて見る品種で、多くの人がレンズを向けていた。
時間が経つにつれて人が多くなり、人影が入らないように写すのに苦労するようになったので、手早く次から次と撮っていく。
畑の間の道で老婦人が椅子に座って水彩画を画いていた。赤いチューリップの群れが画用紙に画かれていて、婦人と本物の花と画用紙の花を入れて撮れば、良い写真になるかも知れないので、撮影の許しを得て、何枚かシャッターを切った。

1時間以上が経ち、広い原っぱの反対側のナノハナの東花畑に向かうことにし、自転車を漕いだ。
ここでは、終盤を迎えているナノハナが広い畑一面に咲いていた。一本一本の撮影では、背景の黄色い群れと被写体の黄色い花とが被って難しい。広い畑をイメージして写すことにして、花から少し引いた撮影やパノラマ撮影などを主とした。黄色に埋もれて写すうちに、こちらまで黄色に染まるような錯覚もしてきた。

そろそろ11時半、午後から用事もあるのでと、西立川口に向かった。

茨城での展覧会と国営公園

2018-04-03 (Tue) 22:14[ 編集 ]
茨城県の東海村に住む兄から、写真・水彩画二人展の案内が届いたのは新年が明けてまもなくの頃。夫婦の年齢を足すと160歳を超えたこともあり、ラストチャンスとして夫婦夫々が趣味の写真・水彩画の展覧会を開くというのだ。
兄は写真を長年やっていて、地元のコンテストには幾度も入選していることは聞いている。友達数人と東京四谷で何回か展覧会を開き、自分も毎回顔を出していたので作風もだいたい分かっているし、自分の書斎にも兄がパリの風景を撮ったA2サイズの作品が飾ってある。
しかし、嫂が水彩画を二十数年の趣味としていたことは初耳だった。

展覧会は3月28日から5日間地元のひたちなか市にあるギラリーでの開催で、29日に常磐線の特急ひたちに乗った。新型E657系とあって、乗り心地がとても良く、東京を出ると停車駅は上野と水戸だけで、1時間17分で勝田に着いた。
勝田駅まで兄が来るまで迎えに来てくれ、ギャラリーに。貸しギャラリーと軽い飲食が出来る店が併設されていて、二人で35点ほどの作品はギャラリーと飲食コーナーに飾られていた。初日は70名ほどの来訪があったとのことで、二日目のこの日もひっきりなしにお客が見えて盛況だった。
兄の作品は、フランスやスペインなどの風景、日本の寺院や運動会などを撮ったものが多く、中には上手く撮れていると感心せずにいられないものもあった。
嫂の水彩画は、どれも非常に細かく丁寧に描かれていて、蕎麦畑や桜の大木の作品では、無数の花を一つひとつ描いた緻密な筆使いに驚かされた。

小一時間滞在の後、帰りの特急まで少し時間があるので、国営のひたち海浜公園に寄った。
陸軍の水戸飛行場が戦後米軍の水戸射爆撃場となって利用されていた跡地で、開園面積約200haというからとてつもなく広大だ。じっくりと見て歩くほどの時間も体力もなく、一番近くて今が見頃という水仙ガーデンに足を向けた。
水仙はびっしりと植えられ、どれも満開だ。色や形が区画毎に違うのでリーフレットで確認すると550品種もあるという。その株数は100万というから、家の庭の2種十数本とは桁違いで圧倒される。一眼レフを取り出し”数撃ちゃ当たる”方式でバシャバシャとシャッターを切った。
水仙から離れ、池の端の大きなコブシの白い花や、空色で小さなネモフィラを眺めながら、冷たいソフトクリームを楽しんだ。

ウィークデーで人は少ないが、外国からの観光客が目に付く。首都圏からは遠いこの公園にも足を向ける人たちが多いとは、観光立国日本を標榜しているとはいえ、少し意外だった。

勝田駅までバスで25分と思いのほか遠く、余裕を見て特急の1時間前のバスに乗り、公園を後にした。
初夏のような汗ばむ陽気の一日だった。

桜の名所、砧公園にいく

2018-03-26 (Mon) 22:25[ 編集 ]
東京の桜の満開は、平年に比べて10日、昨年よりも9日早い3月24日が気象庁の発表のようだ。
千代田区・九段にある靖国神社境内のソメイヨシノが標準木で、この情報を鵜呑みにすると花見の場所によってはあてが外れることになる。

世田谷区にある砧公園は、昭和30年代は東京都砧ゴルフ場だったが、今から50年程前に公園に生まれ変わり、今では桜の名所だ。ここには、毎年カメラを肩に桜を撮りに行くのだが、報道の予想をあてにして行くと、スカをくうことが多く、去年もそうだった。

義母の葬儀の直後とあって、やるべき事が目白押しだが、テレビの満開情報に駆られて、二日遅れの26日に、スポーツジムの前に出かけて来ることにした。
ウィークデーの早朝6時半の世田谷町田線は、普段は20分ほどの距離だが、予想以上の渋滞で公園の駐車場に1時間強かかり到着した。
それまでの道すがら、道ばたの染井吉野は満開で、いやでも期待をそそる。
駐車場から公園への道は、月曜日の午前8時前とあって人はポツリポツリ。カメラを持っている人が目に付く。

公園の入り口の桜はほぼ満開、コブシの花も枝に鈴なりとなって開いている。
早速撮りにかかるが、今日は18~55mmのズームレンズしか持っていないので、花のクローズアップにはデジタルズームを使うことに。
桜の撮影に特に良いのは、入り口から最も奥まったあたりで、人が多くならない内にと足早に向かった。ここの染井吉野は、真ん中を走る散歩道沿いに太い木が植わり、その一本一本が枝を大きく広げていて、絶好の撮影スポットだ。しかし、風の通り道で気温が低いのか、ここは残念ながら満開とはいえず、八分咲き程度だ。それでも去年に比べればはるかに開いていて、ヨシとしなければ。

あちこち歩き周っての撮りは終えて、ベンチに腰掛けて桜の列を眺めていると、心地よい時間が流れている。東名高速の音さえなければ、これほど気の休まる公園はなのになぁ・・と思う。
9時半になり、ジムの開く時間が近づいたので、急いで駐車場へと向かった。

 | HOME |  »



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.