FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

06 < 2020/07 > 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


くち髭

2020-05-25 (Mon) 14:23[ 編集 ]
髭(ヒゲ)を生やした。こどもの日から始めたので、いまは20日が経って少しは髭らしくなってきた。新型コロナの自粛中にくち髭を生やす俳優やタレントの画像を見て、初めての髭を貯えてみようと思った。
インターネットで「自粛髭」を検索していると、自粛期間に髭を伸ばしたくなる男性の心理について、心理学的解説があった(5/12ニコニコニュース 明星大学の藤井准教授)。それによると、自粛期間に髭を伸ばす男性には、次の3点の掛け算”で多かれ少なかれ全部の要素があるという。
 1.自粛期間でそもそも髭を剃る必要がない、剃るのが面倒
 2.向上心や変身願望など「新たな自分と出会いたい」、新しい自分を演出
 3.野性味やワイルド、アウトローなど「男性の象徴の誇示」に対する無意識の憧れ
自分の場合に当てはめると、1きっかけ→2主動機→3は僅か といったところか。
そういえば、22年前に他界した父親も、自分が物心付く頃にはいわゆるチョビ髭を生やしていた。怪我で鼻の下に傷が残り、それを隠す為だったと聞いた。その父親の髭は、自分の心理には全く影響していない。

元々体毛は濃い方ではなく、生やすといっても上唇に沿って比較的髭があるところだ。顎にも生やしたいところだが、髭が薄くてそうもいかない。
20日経ってもびっしりとはいかず、頭同様白いものも交ざっているので、無精髭と見紛う様だ。その上、一度髭を生やしていることを忘れて、電気カミソリでジョリとしてしまった箇所もあるから、虎刈りならぬ虎剃り気味だ。

生やし初めのころ「どう?」と家人に聞くと、良いも悪いも言わず、一言「汚くしないでね」だった。
髭の長さを揃える為に髭トリマーなるものを買い、3mmで揃えた。髭の生え際は一枚刃のカミソリでなければ整えるのが難しく、今までよりも手間が掛かる。今のところ手入れの仕方は試行錯誤だが、そのうちに慣れるだろうし、ひょっとしたら変身願望がなくなり剃り落とすかもしれない。
スポンサーサイト



緊急事態宣言発令中

2020-04-27 (Mon) 15:17[ 編集 ]
新コロナウイルス感染対応への政府のバタバタ・頓珍漢ぶりは目を覆うものがあるが、それはさて置いて、「緊急事態宣言」が4月17日に発令され、来月6日までの30日間が対象期間で、今はその2/3を過ぎるところだ。管轄の郵便局や通院している病院にも感染者が出ていて、じわじわと迫ってくるようで高年齢・高血圧としては、怖ろしさを感ずる。

感染の広がりを防ぐ為に「Stay Home」が叫ばれているが、今日のニュースでもコールデンウィーク中に観光地へ向かう不心得者も多いようだ。
既に仕事を辞めている自分は、Stay Homeは普段のことで、あまり変わることはない。それでも外出機会を少なくし、買い物は家人が済むまで車の中で待つようにしている。ただ、週5日通っているスポーツジムは休業要請で閉まっているので、このStay Home増の比重は大きい。ジムではウォーキングと筋トレが主な運動だが、休みの間は目標一万歩に向けた朝・夕の散歩、ストレッチと脊椎管狭窄症に効く運動を代わりにやっている。
散歩程度は外に出てもOKというので、途中で花などを撮ることにし、持ち歩くのに軽く・性能も良いコンデジカメラを手にいれた。花とともに、庭猫や家猫を写す機会も多くなっている。
テレビもよく見ていたが、番組が再放送ものが多くなっているので、興味は沸かない。ニュース以外に欠かさず見る番組といえば、連ドラ「エース」「ポツンと一軒家」「家ついていってイイですか?」で、それも録画が多い。その代りにAmazonのタブレットFIREを買い、映画をダウンロードして見ている。買ったのは8inchで、現有の10inchのタブレットよりもかなり軽く、ベッドでも買い物の待ち時間でも使い勝手が良い。

今日は普段は手が回らず、昨年からやろうやろうと考えていた、トウネズミモチの木の枝払いをした。50数年前に亡き義母が植えた物らしいが、今では二階の屋根まで届くほど大きくなり、太い枝がお隣との境を大きく越して伸びている。お隣には、一昨年に「折を見て切りますから」と伝えてあったものだ。
物置からノコギリと麻縄を出し、手には軍手・目を突かないよう眼鏡をしてもイザ !。 格闘すること1時間半で、お隣に掛っていた枝はほぼ切り取った。天辺近くの枝も少し掛っているが、素人ではどうしようもなく諦めた。切った枝は、一年ほど枯らし、小さくしてゴミとして出すより他はなく、庭の隅に山にして置いた。
枝を切りながら、庭の草取り、夏蜜柑の若枝切り、ミニトマトの植え付けなどすることがアレコレと脳裏に浮かんだ。

家に入ると家人が「お疲れ様。今晩は肩に湿布ね」とご老体に笑った。

庭猫モモの旅立ち

2020-03-10 (Tue) 21:07[ 編集 ]
わが家で面倒を見ている野良猫は、一番多いときは7匹いた。新しく加わる数よりも、減った数の方が多くて、現在は4匹になった。減った数のうち死亡した猫が3匹いた。どの子もわが家に居着いて、庭猫として可愛がっていたものだ。そして、昨日庭猫4匹のうちの1匹が亡くなった。

オスの庭猫のモモは、2014年2月に庭に黒白の姿を現した。体の大きさから2歳ほどだと思われた。鼻の頭が桃色だったので「モモ」と呼ぶことにしたが、名前に似合わず他のオス猫同様に縄張り意識が強く、気も荒らかった。去勢手術後もそのなりを潜めることなく、わが家の庭を自分の縄張りにして、見張りを兼ねて軒下の小屋に居付き、時折マーキングに出歩いていた。
そんな性格も、近年は世話を見ている小生や家人には、甘えることが多くなり、歩く後に着いて回ったり、帰って来ると門の前まで迎えに来たりするようになった。特に小生には従順で、お腹を見せてゴロンをし、愛撫を要求することがしばしばあった。

もともと大食漢ではなくむしろ 食が細いスリムな猫だが、これまでは元気で鳥、トカゲや蝉などを捕るのもよく目にした。
こんなモモが2月の終りころから餌を口にしなくなった。日ごとにやせ細り、スプーンで好きなスープをやっても受付なかった。体が弱っても発泡スチロールの小屋から出て、日向ぼっこをするのが日課だったが、3日前から小用に立つ以外は小屋の奥から動こうとしなくなった。
そして、3月10日の朝早くに見に行くと、昨夜用足しに行って帰って来たのだろう、尻尾を小屋の外に出したまま中で息絶えていた。

8年ほどの少し短い生涯だが、モモなりにここで自由な生活を過ごせて、幸せだったと思う。そんな子を、桃の花がもうすぐ開きそうな木の傍に、埋葬してやった。
近所の子供達にはモモは人気もの、そのモモが亡くなった旨の張り紙を塀に掲げた。
家猫ではないが、6年間世話をしてきただけに悲しく寂しく、夫婦で落涙した小雨の朝だった。

東海道五十三次を歩いた?

2020-01-17 (Fri) 22:21[ 編集 ]
2020年も明けて既に半月が経つ。毎年新年の雑記として、近所の神社や神田明神への初詣の雑記を書いた。気力が薄れたのか、はたまた書くのを忘れていたのか、理由も思いつかず今日になって書いてないことに気が付いた。
近所の神社には元旦に初詣でをしたし、明神様には混雑を避けて5日に詣でて、家内安全、無病息災を祈って手を合わせてきた。

無病息災と強引に繋げるが、65歳でリタイアしてから、随分長いことスポーツジムに通っている。筋力、取り分け以前病気で弱った脚の力を付けるのが主な目的だ。週5日、10種類ほどの筋トレマシンとランニングマシンでのジョギング/ウォーキングで小一時間体を動かしている。毎朝10時にオープンするのだが、多いときは50人ほどが受付の前に高齢者ばかりが列を作る。女性の多くはプラティスやヨガなどでスタジオに入り、男性の多くは筋トレ・ランニングでフロアに行き、そして男女何人かはプールに向かう。高齢者は健康もだが、時間がつぶせ、友達が出来、お喋りも出来る。そして、熱海から運んだ温泉もある。こんな高齢者向けに10時~14時のシニアコースが設けられ、午前中は高齢者ばかりで賑わう。

現在、高齢者向けにと思われる「運動習慣応援イベント」歩いて東海道五十三次制覇しようというジムの特別企画を実施中だ。ルールは、11月から1月末まで間に、日本橋を出発して京までの495.5kmと同じだけ歩こうという単純なもの。日々の歩数を自己申告で申告し、一歩65cm換算で762,310歩けばゴールだ。
最初は、あまり気乗りしなかったが、年上の筋トレ仲間から「折角歩数計を着けているのだから」誘われて、トライすることにした。換算値の歩幅65cmが自分のジムでのウォーキング時とほぼ同じだということも頭の隅にはあった。
一週間とか半月とかの申告時に、「何処まで行った」と互いに聞き合い、競争心も芽生えた。ジムからは、大きな宿場到達でスポーツドリンクや貸しタオル無料券、ジム内で使える商品券などの景品が出て、余計に背中を押されるような気持ちになった。

そして昨日の7012歩で京に着き、2枚目の500円の商品券を頂いた。日に8.4kmで59日間歩いたことになり、一寸した達成感が味わえた。
江戸時代の一般の人達は、日に33~35km・13~15日間で到達したらしく、驚きだ。もっとも飛脚は (リレー方式だが)、丸3日72時間すなわち時速6.9kmで走り抜けたというから敵わない。

年の瀬

2019-12-30 (Mon) 21:36[ 編集 ]
大晦日(おおみそか)の前日12月30日を小晦日(こつごもり)と呼ぶらしい。2019年も押し迫り、今日は小晦日だ。歳とともに時が過ぎるのが早くなり、一年はあっという間に過ぎ去り、明後日はもう新年となる。

家の周りの自然界は、秋がいつの間にか過ぎ去り、冬の景色になってきた。
近所の家の生け垣のロウバイの花は、一週間前までの固い蕾だった。それが一昨日には黄色く透き通った花びらを開いて、この季節らしい姿になった。
家のベランダの北東側には隣家のモミジの大木があるが、12月入り少しずつ葉を散らし、今では茂った葉で見えなかった新宿の高層ビルが、箒のようになった枝の間から覗けるようになった。
ベランダの反対側に、屋根を超えるほどのトウネズミモチがあり、毎年12月になると緑の実が黒く熟しその数たるや万にはきかない程だ。クリスマスの頃になると全てのみが完熟となるが、今年はイブの前後数日間に何種類かの鳥が鳴き声も賑やかに群れをなしてやってきて一粒残さず平らげた。

こんな自然界の年の瀬だが、どの家もこの時期にはやれ大掃除だ、やれ正月の準備だと慌ただしい。家人と二人暮らしのわが家では、小生が手の掛かる掃除を受け持つ事にいつの間にかなった。今年も、レンジフード、窓ガラス、トイレ、風呂場、洗濯機の洗濯槽、仏壇を26日頃から始め、今日で完了した。慣れない水仕事で手が荒れて、指先はツルツル状態になり、携帯電話の指紋認証は全く通らなくなった。
これらの他に、買い出しの荷物運びの大役もある。買い出しは、近所のスーパーと少し離れた大型スーパーの二カ所に行く。
ここ数年お節料理や寿司は外に頼み、家人の手料理も置き場に困るほど並べていた。しかし、元日に二人の子供の家族だけが来るだけで、いつも料理の半分は残って仕舞い、タッパに詰めて息子に持たす。
そこで、今年はお節を止めて寿司だけをとり、家人の料理も簡単にと話していた。
近所の店の買い残しをと、大晦日前日の今日大型店に行った。異常な混雑を予想して9時半には家を出、10時前にはいつもと同じ階の駐車場に入庫出来た。売り場も若干の混雑で拍子抜けしたが、11時になる頃には流石にお客が多くなった。
自分たちの買い物自体は、“息子が好きだ”“孫達用も”で「簡単に」はどこかに飛んでしまった。二つのカートに4個のカゴを乗せて、あちらこちらと回り、一時間半の買い物を終えた。レジでは量のあまりの多さに、レジ袋も大7枚も使い、領収書は1mにもなった。

そんなことで、家人はご苦労にも30日の午後と大晦日の朝から夕方までキッチンに入り放し。
こちらは、自室の掃除でも・・で2019年の納めだ。今日新しい5年日記帳がAmazonから届いた。来年の小晦日には何を書いているだろうか。

 | HOME |  »



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

(C) お~さま All Rights Reserved.