FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

07 < 2019/08 > 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


長梅雨のあとで

2019-08-01 (Thu) 10:21[ 編集 ]
関東甲信地方がようやく梅雨明けした。平年より8日遅く、去年より30日も遅い梅雨明けということだ。
気象協会のサイトで過去の天気を調べると、7月の東京都心で傘マークが付いたのは去年が9日、今年はなんと24日もある。気温では去年30℃超えは26日、今年は9日だ。その9日のうち、7日間が7月24日から月末に集中している。中でも27日からは日増しに気温が上昇している。30℃未満22日のうち25℃未満が12日だから、体感通り上・中旬の涼しさから下旬に一挙に暑さが厳しくなり、周りでは体調を崩す人が多い。
とは言う自分は、年齢とともに暑さに弱くなり、自室のエアコンはほぼ一日中点け放しだ。少し身体を動かすと、汗が噴き出て何枚もシャツを取り替える毎日。家人から水分補給をうるさく言われるので、水やスポーツドリンクを多く採るようにしている。発汗するから水分を採るのか、水分補給をするから汗をかくのか、どちらが先か分からないが・・。

こんな例年にない天候下で、庭のサルスベリが桃色の花をつけた。もう一本の白い花は未だで、桃色も白も開花はいつもより遅れている。サルスベリの隣に植わるスダチは、実の数は例年並みのようだ。枝の下にミニトマトの苗を植えたところ、高さ2mほどのスダチの枝まで伸びてヒゲが絡みつき、実同士が大きさ比べしているのを見付けた。スダチの実はミニトマトほどで、8月に入ったにしては例年よりも小振り。9月上旬に初物を取るのは難しいかも知れない。

話しは変わって・・
2ヶ月ほど前にYouTubeで「ジャガイモにバラの挿し木」を見た。ジャガイモに箸などで穴を開け、そこにバラの枝を差して、土に植える。湿度を保持のため、底を切り取ったペットボトルを被せておくと地植えにできるほどに育つ・・・というものだ。
近所でバラを何種類も育てているお宅から剪定クズを少し貰い、試してみた。
一ヶ月ほどして、差した枝の傍から芽が数本出てきた。水やりを欠かさずすると芽は大きくなってきたが、様子違う。なんと、ジャガイモが発芽して日々大きくなったものと判明。それを摘んでも直ぐに新しい芽が出てくるが、ジャガイモのばかりでバラの枝からは一向に芽が出て来ない。このままでは、鉢でジャガイモを収穫することに・・・という笑い話。
スポンサーサイト

高幡不動の写真コンクール

2019-06-14 (Fri) 09:28[ 編集 ]
毎年の「あじさいまつり写真コンクール」に応募するので、6月になると高幡不動尊(金剛寺)から、応募用紙が届く。人物/人影が入ると人物が特定出来るようだと肖像権やプライバシーの問題があり、撮影時に一々了解を求めるのが面倒で、ここではヤマアジサイ(*注)を中心に撮って、その中から一点を応募するようにしている。
コンクール入選作の多くが花+人物の写真で、花だけでは面白みがなく、毎年選外の通知葉書と参加賞のメガネ拭きが送られてくる。

そんな応募者扱いの丁寧なこのコンクールに、今年も応募すべくいつも通りヤマアジサイを撮りに行ことにし、6月7日金曜日に予定をした。その後、天気予報が7日に雨マークを付け、延期を土曜日にするとまた雨、日曜日にするとこれもまた雨だ。ようやく13日にお日様マークとなり、他の用事もあったので電車で出かけた。2回の乗り換えで1時間掛からず10時前に寺の門をくぐった。

昨日までの愚図ついた天気のせいか、小振りのヤマアジサイに限らず普通のアジサイや西洋アジサイも今が見頃だ。いつものように、鐘楼の横を通って裏山への坂道を登り、頂上の高幡城址入り口の手前で息を整えていると、保育園児たちがワイワイ登ってきて追い抜いていった。

山内には八十八カ所に弘法大師像(お地蔵様)が祀られていて、巡拝コースを辿りながら色んなアジサイ7500株を楽しめる。特にコース周りには、4000株ものヤマアジサイを見ることが出来る。
城址からつづら折りの歩道を下り始めると、登ってくる人が徐々に増えてきた。ウィークデーでも人出は少なくなく、自分も含め八割方が高齢者といったところだ。休みながら登っていくかなりの歳の方もいる。
ヤマアジサイ園の付近では混んできて、可憐な姿を撮ろうとレンズを向ける人達が沢山いる。特にブルーや薄桃色の花は人気で、ともすると撮影は順番待ちとなることもある。
一時間強で150枚ほど撮ったが、例によって人影が入った写真は10枚ほどで、今年の応募に頭を悩ますことになる。

家に帰り写真を点検すると、今日の満足の一枚は「濃いピンクの一株」で、少しの間玄関に飾ろうとプリントした。
コンクール応募だが、たまにはアジサイ+人影のもの・・坂道の頂上近くにある花に登り切る直前の人を入れたもの2枚を候補にしようかと考えている。勿論、人物は特定出来ない様後ろ姿やぼかし撮りしたものだ。

(*注)
ヤマアジサイは、主に太平洋側の福島県以南に生育し、林や沢沿いでよく見られるとのことだ。花は縁に沿って装飾花をつけるガク咲きだが、ガクアジサイよりも小型で、白色、青色、薄紅色など多様。葉は薄くて光沢がなく細長く、枝は細く樹高も1メートル程度と低いようだ。

今年の桜撮りは2勝2敗

2019-04-03 (Wed) 14:30[ 編集 ]
毎年、桜の季節になると近所三カ所と世田谷の砧公園で写真を撮る。
一番早いのが徒歩10分にある神社の”枝垂れ桜”で、いつも”染井吉野”に先立って咲く。今年の東京の”染井吉野”の満開は例年よりも早く3月27日だった。しかし、ここの”枝垂れ桜”が満開となったのは同じ27日で、同じ境内の”染井吉野”はまだ三分咲き程度だったので全体に咲くのが頼りも遅かった様だ。それだから、未だか未だかと3回も足を運んで、去年よりも4日遅い満開を撮した。その咲きっぷりは、空から花が降るような壮大さで、一本ながら圧倒されるものがあった。幹に植樹時期のプレートが今年取り付けられ、昭和50年3月とある。高さ約15メートル、幹周約2メートルの大木で、それまでは一世紀近い樹齢かと思っていたが、意外にも44歳と若いのには驚いた。

近くの二カ所の”染井吉野”は、4月2日の早朝に見に行くと両方とも満開になっていた。一つは道路沿いの公園で、整備工事の折に枝を切ったのか迫力がなくなっていた。もう一方は、桜の街路樹が数百メートル続く通りだが、ここも天辺近くをバッサリと切られ、今年は無残な姿だった。どちらも、来年に期待だ。

こんなだから、砧公園への期待は大きい。通勤で混雑の世田谷町田線を走り、8時には公園の駐車場に着いた。周囲の道を散歩する人もわずかで、公園内の人もまばらだ。入り口近くの桜は、九分咲きといったところ。去年は今年の一週間前で八分咲きだったから、去年よりもだいぶ遅い。
入り口近くのファミリーパークを通り、北方向に向かうと満開の”染井吉野”が見えた。木々が風を遮る場所の桜やコブシの咲き方は、他の箇所よりも咲くのが早い様だ。初めて谷戸川の吊り橋を渡り、川沿いに歩く。先ず目に入るのが、赤と白があふれるように咲くゲンペイモモ。それを右手に少し行くと、白い花が満開で花の間に若葉が見え隠れする大島桜が、大波がうねるように現れた。
波の先の通路の両側に芝生の広場が見え、ほぼ満開の”染井吉野”連なっている。冬に戻ったような寒さだというのに、小さい子連れの家族がシートを尻に座って花見をしている。桜だけを撮るよりも人も入れた方が絵になるので、写真に入れることの了解を貰い、満開の桜を背景にシャッターを切った。
公園内の道を挟んでサイクリングコースもあるが、その内側を学生の陸上部員がランニングをしていて、これも被写体としては戴きもので、桜+ランナーを何枚か撮した。
気温が5・6度の上に、9時を過ぎると風も出てきて寒いので、そろそろ戻ることにした。帰りの道すがら、プロらしいカメラマンが着飾った若い女性を桜の前に立たせて撮影しているのに出くわした。それが何組もいて、満開の桜と若い子の取り合わせはさぞ絵になるのだろうと思った。

この公園では1時間半、150枚ほどの中には、まあまあの作が数枚あるので、良しとしよう。

寒い年の暮れ

2018-12-30 (Sun) 12:24[ 編集 ]
20181230.jpg暮れも押し迫り、明日は大晦日だ。日記を見ると去年の大晦日には小雪が舞ったとあった。今年は未だそれはないものの、ここ数日は例年よりも冷え込んでいるような気がする。雲一つ無い冬空のもとダウンジャケットに帽子、手袋の防備で散歩に出たが、マフラーなしで首元が寒くてぶるっとした。
この寒さは今季最も強い寒気が本州の南まで流れ込んでいるかららしい。日本海側での大雪など、寒波の影響は長期化して年始も続くという。

この寒さ、わが家でも昨日は庭のハゲツの水に初氷が張った。裏庭の地蔵に供えた水ばかりか容器も台座に凍りつき、昨日は陽が当たるまで水替えが出来なかった。
今日は大丈夫かと見に行くと、凍ってはいないものの、周りの地面には霜柱が出来ていて、踏むとザクザクとして冬ならではの感触だ。
地蔵の横の椿が白地にピンク模様の花が咲き始めているし、表庭の万両も臙脂に近い赤い実を付けていて、それぞれに冬の装いが見られる。

初冬の小春日和とまではいかないが陽射しがあり、庭猫の一匹が室外機の上で暖まっていた。朝食時になるといつもは寄ってくる子だが、今朝はそこから動かず、上げ膳の要求だ。レトルトフードの容器に顔を入れて一気に完食し終えると、横になって日向ぼっこ出来る場所に移動していった。

立川でコスモス撮り

2018-10-18 (Thu) 16:15[ 編集 ]
国営昭和記念公園は立川にあるが、毎年チューリップの時期とコスモスの時期には花を撮りに行っている。そこまで足を伸ばすのは、歳を重ねても未だ来られると言う確認、というより意地もあってのことだ。
以前は車を使ったが、近年は身体が楽という理由で1時間かかる電車にしていて、今回も8時前に家を出て9時半の開園30分前に到着した。シルバー210円のチケットを買い、開園一番乗りだ。

コスモス花の丘は、公園の西立川口から徒歩だと30分も掛かることから、レンタサイクルを借りるのはここ数年のこと。
走って直ぐに大木の大きな枝が裂けて倒れている。台風24号の強風で桜の大木も倒れたとか。倒木や折れ枝のため、「キケン立入禁止」の黄色いテープに囲まれた場所が所々に目に付き、倒木を片付けるチェーンソーの音も聞こえた。

今回の目的は400万本というコスモスの丘での撮影。既に終盤かと思っていたが、丘いっぱいにセンセーションと言う種が満開に近く、「見てくれ!、撮ってくれ!」とばかりに咲き誇っている。これ程の当りの年はあまりなく嬉しくなる。少し開花が遅い種で台風の影響が少なかったのか、被害を修復したのかは分からないが、ともかく素晴らしい景色だ。丘の下からは見上げ、中腹にある小道に回っては花に囲まれながらレンズを上に下にとする。昨日の天気予報では雨の確率が30%だったので、百均の雨用ポンチョを持って来たが不要で、秋空で陽も差して撮影日和だ。
10時を回ると人が増え始め、小学低学年の子供の一団もやってきて、花を撮りづらくなった。

コスモス畑は三カ所有るが、次に回った原っぱ東花畑は見頃が終り、整地をしていた。原っぱ反対側の西花畑は、背の低い黄色いイエローキャンパスやイエローガーデンが主でキャンパスカラーの花畑だ。台風の影響で背が低かったり、花と蕾と入り交じったりの箇所もあるが、係の人がここまで復活させたに違いない。見頃は10月下旬といったところか。

いつもの売店で、ソフトクリームを買いつつ、台風の話を聞くと、売店も大きな被害は無いが大変だったらしい。帰りのロータリーにもハナミズキの木が倒れていた。

 | HOME |  »



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

(C) お~さま All Rights Reserved.