日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

01 < 2006/02 > 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フキノトウ

2006-02-25 (Sat) 22:12[ 編集 ]
朝からのぽかぽかした春の陽気に誘われて、散歩に出た。今年の遅い春にようやく咲いた梅の花もあり、水仙なども咲いていて、散歩のお供のデジカメをようやく使える。川沿いの土手に行くと、フキノトウが顔を出している。パチリパチリとしていると、方々に出ている。シメタ!と十数個摘んでポケットに入れて帰り、味噌炒めにして食した。やはりこの香り、この苦味は春の味だ。

フキは日本全国に自生するキク科フキ属の日本原産の植物だが、和英辞書を引くとbutterbur scapeと英語名もある。Butterはバターまたはおせじ、Burはバカ、Scapeは花茎・・何とも可笑しな名前だがそれなりの所以はあるのだろう。
フキノトウは蕗の薹と書き、薹はアブラナやフキなどの花軸や花茎のこと。盛りが過ぎることを「薹ガ立つ」というが、食べごろの蕗の薹はそれが立たないうち。

スポンサーサイト

サクラサク

2006-02-13 (Mon) 21:36[ 編集 ]
今年は長期予報が外れて、久々の寒い冬。ようやく梅の開花宣言が出さればかりで、靖国神社の桜の標準木の蕾は未だ固く、桜もだいぶ遅れそうだ。先日あるお客様を訪問した際に桜の盆栽を頂いた。南側の出窓に置いたが、昨日までは固かった蕾が弾けて、「ええぃ、これが目に入らぬかぁ」とばかり、幹とは不釣合いなほどの大きさで、それこそ桜色の花を付けた。これでリビングに一挙に春の訪れたようになったが、それも桜となるとそこは日本人で嬉しくなる。
このお客様は環境面での社会貢献に力を注いでいるが、その一つとして全国に桜の木を植える活動を長年地道に取り組んでいる。頂いたのはこの植林とは違う、育て易くて盆栽に適した「旭山」という種類らしい。桜は、日本書記や源氏物語にも出てくる花で、稲作が普及した仏教伝来前から愛されている日本の花だが、北半球だけで800種以上もあり、そのうち日本原産は9種だけという。
さてその語源を調べてみるといくつかあるようだ。少し紹介すると「咲く(さく)」という動詞に接尾語「ら」が付いて、「さくら」という名詞になったとされる説、”さなえ”や”さおとめ”の“さ”と同じような「さ(穀物の霊)」と、神霊が鎮座する場所を意味する「くら」がついて穀物の霊が集まる場所を表しているという説などだ。

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。