日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

08 < 2009/09 > 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


待受画像サイトを作る

2009-09-27 (Sun) 21:32[ 編集 ]
2001年から、デジカメで撮った花の写真の配布サイトをやっていて、閑古鳥が鳴いているが4000点弱を載せて自己満足している。近頃では花だけでは飽きてきて、公園の風景なども対象にしている。

秋晴れの土日、格好の外出日和だというのに、思い立って携帯の待ち受け画面に写真を使ってもらおうと、サイト作りに嵌っていた。きっかけは、先週の昭和記念公園のコスモスの写真を友人の携帯電話に送ったところ「もっと見たい」と返信があったことだ。
先ず、無料で携帯ホームページを手軽に開設できるスペースを探し、載せる材料の写真を30点ほど選び、大小2種のサイズの写真に加工する。そしてサイトのデザインを決めてサイト上にベースを作ってから、1点づつページを追加してアップロードしていく。
ようやくすべてが終わったと達成感を感じていたが、PCと携帯の大きな違いに気がついた。それは、携帯ではPCと違って、見に行くサイトの情報量の大きさによってパケット通信料が変わることだ。チェックしてみると綺麗な画面にこだわったため100KBを超えているものがあり、見に来る人がつなぎ放題で無い限りかなりの金額になり迷惑をかける。ということで、全60数点それぞれを10数KB程度に加工し直し、再度アップロードした。

一次の完成後1日、無償のサイトスペースで、デザイン上の制限があるのと広告が入るため、満足がいかず、早くも独自のレンタルスペースで出来ないものかと考えている。
サイトのURLは、↓↓。PCでも確認できる。
http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/parkbench/
スポンサーサイト

コスモスを撮る

2009-09-21 (Mon) 20:58[ 編集 ]
秋の花といえば、秋桜花の名のあるコスモスが代表的で、好きな花の一つだ。昭和記念公園には、500万本も植えられているといい、時期的には少し早いが、今年こそはと車で出かけた。5連休の真ん中で甲州街道は渋滞し、いつもの倍の一時間半もかかったが、開園前に到着した。

この広大な公園には、コスモス畑が東畑、西畑、コスモスの丘と三ヶ所あるが、見頃なのは東畑だと事前に調べてあり、まだ苗のような西花畑を横目に、原っぱの端のピンク色に染まる畑に直行して一番乗りでシャッターを切った。あいにくの曇り空で、秋空の下のコスモスは撮れないが、無風でクローズアップにしても揺れる心配がなく、場所と方向を変えて何枚も撮った。昨日買った一脚がカメラを固定してくれ、ブレも抑えなかなかの使い心地だった。

ここには、ハッピーリングと名付けられたピンクの花の中に赤いリングがある種類と、センセーションという大輪で最もポピュラーなものとの2種が植えられている。遠くからはピンクの絨毯のように見えたが、近づくと意外に疎らに植えられている。
コスモスの丘は、リーフレットの写真ではそれは見事なものだが、10月中旬が見頃とある。それでもと足を伸ばしてみると、赤、白、ピンクの花が咲き始めていた。
家に帰って撮りたてを整理したが、総数が150枚以上もあって、撮りに行ったのと同じくらいの時間がかかり、この方が大変だった。

コスモスの原産地はメキシコの高原地帯で、18世紀大航海時代にスペインに持ち帰られた。日本には明治初期にイタリア人の芸術家が種子を持ち込み、主に秋に咲いて花弁の形が桜に似ているところから「秋桜(あきざくら)」と和名が付けられたという。コスモス自体は「Kosmos、Cosmos」のギリシャ語で、「秩序」「調和」「美」などを意味し、花の姿が整っていることから「Cosmos」と呼ばれるようになった。Cosmosといえば宇宙の意味もあるが、星が整然と並んいることから来ているらしい。

スダチを採る

2009-09-19 (Sat) 18:37[ 編集 ]
5連休をシルバーウィークと呼ぶらしいが、この初日は秋晴れとはいかないがまずまずの天気となった。高速道路はどこも混雑とテレビニュースが言っているが、わが家はスーパーへの買い物程度の外出で、遠出するでもない。

秋は収穫の季節、庭に植わる一本の酢橘も実を着け、朝食時に一つもいで試してみると、柑橘類特有の良い香りがして、汁も多く採り頃だ。今年も結構実を付けていて、わが家ではそれほど使わないため、毎年待ってくれているところに送ることにした。
ところが手頃なダンボールがなく、買い物のついでに100均でタッパを買い、それに詰めて送ることにした。
ひとつに30・40個入るが、数軒分採ってもまだまだ木に残っていて、今年も300~400個は実ったと思われる。昨年が凶作だったから、一年置きのジンクス通り今年は豊作なのかもしれない。明日近所にあげる分を採っても木の上のほうにはまだまだ残る筈だ。

酢橘は、万葉集の時代から食用にされていた果実で、果汁にさっぱりとした酸味があることから、搾って焼き魚や、天プラ、刺身などに降りかけたり、鍋物の汁にポン酢代わりに入れると風味が増す。おろし金で皮を摩り下ろし、麺類や吸い物の薬味にしても美味しい。

MRI検査を受ける

2009-09-10 (Thu) 20:06[ 編集 ]
十数年ぶりにMRIの検査を某大学病院で受けた。先月、別の検査で整形外科に行き、異常なしと判った。「他に気になる点は?」と聞かれ、両足の裏が腫れて、皮膚科でも良く判らないと言われていることを伝えると、「腰椎狭窄の疑いがあるのでMRI」とされた。
その後、皮膚科でその話をすると院長が「それは考えられないけどな。でも、腰痛も出がちなら、受けて確認しておいたら」と言われた。

ということで、今日MRI装置に15分間入ることになった。耳栓をして横になると、終わるまで動かないように注意され、ドームの中へと移動する。閉所恐怖症ではないが、目の前に天井があるのは気持ちの良いものではない。ドンドン、ガンガンなどの大きな音がして検査が始まった。耳栓の効果もあってそのうちにウトウトとし、15分はすぐに経った。
3時間後の診察室ではパソコン画面に自分の腰の画像が、いろんな方向で写しだされた。十数年前はフィルムで見た記憶があるが、随分と変わったものだ。
ところどころでクローズアップにして説明を受け、それをプリントアウトして赤鉛筆で更に解り易く解説してくれた。
結果は、椎間板の二つが弱っている、程度は軽いが二箇所に狭窄があるとのことだったが、皮膚科の院長の言った通り、足の裏の腫れとは関係ないとの診断だった。時折起こす腰痛はこの悪さのためだが、この部分を治す術はなく、疲れを溜めないようにと伝えられた。検査開始から4時間後、MRI写真のコピーとそれ程ひどくないとの安心感を土産にし玄関を出た。

MRIとは、Magnetic Resonance Imaging system=磁気共鳴画像装置で、磁場と電波を使って体内の断面画像を撮影することが出来る装置のことだ。撮影の時の大きな音は、磁場を変化させるためだという。CTなどと違い被曝の心配がない。

ギターを作る・・その2

2009-09-06 (Sun) 10:05[ 編集 ]
8月末にペーパークラフトのギターを作ったことを載せたが、そこの締めにもう少し上手くと「Gretsch Black Falcon 」というギターに取り組みたいと書いた。

早速と一週間後のこの土曜日に10時間ほどをかけてこれに挑戦をした。前回は英文ながら組み立て図があったが、今回のは「paperguitar」のサイトに載っていないので、前回の経験を元に切り抜き・貼り、組み立てた。
紙なので組み立てていくうちに歪みが出て、乾くともっと酷くなる。ギターのボディ部分の表板、裏板、側面の模様にズレが出ることから、下地の白い部分が見えてしまう。仕方なく黒いマジックで塗ったところ、印刷模様まで塗りつぶしてしまった。それに加え、3mmほどのチューナー部分は、丸めた紙状になり無残な状態になっている。前回忘れた弦の切り抜きは1mmほどの細さの弦を残して切り抜くのだが、何ぶん紙なので途中でプッツリと切れてしまい、補修したものも出る始末。

家の者からは「よくやるねぇ」と半ば呆れられながら、日曜日の朝に完成を見た。
近くでは失敗が目立つが、遠目ではちゃんとしたミニュチュアに見えるから、「まぁいいか」にした。

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.