FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

12 < 2010/01 > 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


東京大神宮へ

2010-01-04 (Mon) 21:05[ 編集 ]
正月に、2箇所以上の初詣をすると、神様同士が喧嘩するからしてはならないと良く聞くが、西日本の一部地域では「三社参り」と言って三箇日に複数(暦学の陽数である3とか5の奇数)の神社に参拝するのが習慣となっているというから、沢山するのもご利益に繋がるだろうと、毎年いくつもにお参りする。
今年は元日に自宅近辺で2箇所、2日に神田明神に詣でたが、仕事始めの4日にも会社で飯田橋の東京大神宮に詣で、祈祷を受けてきた。

この東京大神宮は、明治天皇の許しを得て、東京における伊勢神宮の遥拝殿として日比谷に創建され、関東大震災後に現在地に移設されたという。
商売繁昌、家内安全や開運厄除など諸願成就もあるのだが、現在広く行われている神前結婚式がここが始めたものとのことで、近頃では恋愛成就・縁結びの東京のお伊勢さまとしても良く知られているらしい。恋愛で悩む女性たちの間では、数年前からネットなどで評判が広まってきたそうで、女優の宮崎あおいが一昨年結婚式を挙げたことで更に有名になったらしい。そして神社も商魂逞しく「恋みくじ」や「縁結び鈴蘭守り」などを用意して、それを煽っている様だ。

飯田橋駅から200mほど早稲田通りを行き、大神宮通りに折れるとまだ神社までは200mもあるというのに若い女性ばかりの行列ができていて、大神宮の法被姿の係員が整理をしている。昨年は5日にお参りをしたが、
鳥居の前に少しの行列だったのが、今年は異常な賑わいだ。日にち違いためなのか、それとも恋愛のご利益のうわさが更に広がったのか。

境内も参拝が済んだ女性でごった返し、やっとの思いで祈祷のための待合所に着いた。待つこと暫し、手水で清め、本殿に入った。50組ほどが一緒の祈祷となるが、先ずは修祓(しゅばつ)を受ける。その後に宮司の祝
詞となるが、祝詞の中に企業名と祈願の「商売繁盛」とともに女性の名の後の「良縁祈願」が多いのが分かる。
雅楽の調べの中で神楽の舞が奉納され、玉串を奉納し二拝二拍手一拝の拝礼で儀式は終了となった。

帰りにご利益があるという虎の縞模様の不織布の財布を貰ったが、金運付くと風水で言われる黄色でもあり、これを持っていると宝くじやBIGの大当たりが来そうな気がしないでもない。
スポンサーサイト

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.