日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

06 < 2011/07 > 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳴かないセミと地震

2011-07-31 (Sun) 14:04[ 編集 ]
iPhoneの「ゆれくる」が4時前に何回も鳴り目が覚ました。大震災の余震で震源地は福島沖らしいが、大きな地震の予兆ではないかと頭をよぎる。
この間テレビでセミが鳴かないと言っていたが、自宅の付近でも去年はセミがうるさかったのに今年はヒグラシを一・二回聞いただけ。
ゆれくる騒ぎで目が覚めてしまい、早めに散歩出たが、公園でセミの抜け殻を二つ見つけた。例年なら桜の並木に沢山しがみ付いているのに、その近くには一つもない。
先日ネットで「セミと地震」の関連を読んだことがあり、帰ってから早速調べた。

「阿修羅掲示板」に稲垣さんのいう人の『蝉の鳴かない夏に要注意』という投稿が7月15日にあり、アクセスは現在5万を突破している。
投稿を要約すると

・・・・・・・・・・
蝉と地震の関係については、古来から様々な関連性が指摘されている。蝉が地震の前兆現象を感じ取り、セミの一生7年の周期をズラすのではないか。大正12年9月に起こった関東大震災では、同年の7月から8月にかけて、神奈川県橘樹郡登戸村の一帯で蝉が全く鳴かなかったと記録されている。この同様の現象は、埼玉や伊豆半島でも見られたという。また、宝永4年には伊勢国萩原(現在の三重県亀山市)で蝉が鳴かず天変地異の前触れではないかと心配した村民の不安を庄屋が地元の郡代に申し出たという記録が残され、この年の 10月に死者2万人とも言われる宝永地震が、11月には富士山の噴火が起った。
・・・・・・・・・・

この投稿には、沢山のコメントが書かれていて、関東ではセミの声が聞かないものの、九州や関西では聞こえているらしい。航空機が化学物質などを空中噴霧するケム・トレイルのせいだとか、放射能の影響だとかいうコメントもあるが、気になる投稿だ。
投稿中の登戸村は、今の川崎市多摩区で、まさに住んでいる地域だ。その上、登戸の近くの生田緑地では、昨年秋頃から雀も全く姿を消したとの異変もコメントされている。
7月11日に政府の地震調査委員会が、東日本大震災の影響で、県内の三浦半島断層群で将来の地震の発生確率が高まる可能性があると発表したことも、不安をあおる。
スポンサーサイト

“PHOTO IS”

2011-07-23 (Sat) 15:59[ 編集 ]
6回目の「“PHOTO IS”10,000人の写真展」が開催されている。応募者全員の作品が展示される参加型写真展で、2009年、2010年に続いて3回目の出品をした。
一昨年は公園の風景、去年は三社祭の風景の作品を出したが、今年はこれはというものがなく、撮り貯めた中からチューリップが朝日に輝いているものを選んで、富士フイルムの六つ切りワイドに伸ばして送った。

写真展初日の22日、東京会場の東京ミッドタウン「フジフイルムスクエア」に夕刻に出向いて、見てきた。初日だというのにウィークディの為か意外に空いていて、観客は広いメイン会場に5・6人しか居ない。自分の作品は神奈川県の場所にあり直ぐに分かったが、一昨年と同じ最下段に展示されていた。作品のレベルとは関係あるのではと疑念を持ったが、周りの作品を見ると結婚式の溢れる笑顔、雲が一つアクセントとなっている夏の富士山、元気を写した子供たち等々見応えのある作品ばかりで、最下段も仕方がないと思い直した。

ネットの友人の猫の作品があるはずと周り、一階で探しあてたが、海辺の岩で首を掻いている猫の気持ち良さそうな表情が上手く切り取られていた。

もう一つの目的が、隣のカメラのショウルームで今話題の「FINEPIX X100」を見るのがこと。レトロなデザインのデジカメに触ることが出来たが、何とも言えない質量感、目で見て分かるボタン類、撮影の機能も素晴らしく、カメラグランプリ2011「カメラ記者クラブ賞」の受賞もうなずける。もっと触っていたかったが、後ろで待っている男性に譲り、カタログを貰ってミッドタウンを後にした。
電車の中でカタログを読んだが、「手にすると、日常は、発見する旅になる」「写真を撮る道具としての原点がここにある」などのコピーも憎い。価格.comでも11万円近くして、今は一寸手が出ないが、いつかはこれを手にしてみたいと強く思った。

なでしこ、万歳

2011-07-18 (Mon) 09:31[ 編集 ]
第6回女子ワールドカップ、ドイツ大会は、なでしこジャパンは決勝トーナメントに進み、ドイツ、スウェーデンも破る番狂わせの快進撃で、「海の日」の未明が王者アメリカとの決勝となった。

名門ヴェレーザの本拠地が東京ヴェルディと同じよみうりランドが近くということもあって、気にはなっていた。しかし、男子のサッカーほどは見たこともなく、代表の名前も数人しか知らない。こんなにわかファンだから、決勝戦もまぁいいかと寝てしまった。

夜中にクーラーのタイマーが切れて目が覚め、テレビを点けると丁度入場のシーンだった。休日ということもあり、そのまま見入ってしまった。

アメリカの選手の体格に比べ、明らかに小さく、しかもブルーのユニフォームは、フィールド内で動く様はさしずめ蟻のよう。開始から押され放しの状況にはらはらしどうしだったが、案の定後半に24分、ロングパスから先制ゴールを決められた。
しかし、36分にゴール前に詰めていた宮間がこぼれ球を左足で合わせて同点ゴールを決めて、1―1に追いついた。

このまま、延長に突入して、アメリカのエース、ワンバックが左からのクロスに頭で合わせ強烈なシュートでまたリードを許す。
「これまでか」と「何かが起こる」とが交錯して開始の後半、宮間のコーナーキックに澤が直接ボレーで合わせて、大会5点目のゴールを決めて奇跡的に追いついた。
PK戦前の円陣で笑顔の見えるナデシコに比べ、アメリカは堅い表情で「何かが起こる」を予感させ、その予感通り4人目で優勝を勝ち取り、頂点を極めた。

ここまで引っ張ってきたのがキャプテンの澤穂希、大会で通算76ゴールの日本記録、最優秀選手と5ゴールで得点王に輝いた。1991年以来の女子代表のとして頑張りの集大成ともなった。
震災で沈む日本に「諦めない」「我慢」を教えてくれた、なでしこジャパンにありがとう!と言おう。
朗報を聞くことなく一日前に亡くなった森孝慈さんもきっと喜んでいるだろう。

野良猫が居つく

2011-07-16 (Sat) 14:50[ 編集 ]
一年ほど前から、家に二匹の猫が出没するようになった。一匹は、上品な顔をした一見飼い猫と思えるような白い毛並みの良い猫。もう一匹は、痩せてどうみてもその辺に捨てられたと思しき三毛の子猫だ。
白猫は義母が贔屓にして餌を上げていたが、三毛猫は嫌いとかでこちらには上げていなかった。今年の春先に義母が入院し、二週間ほどで退院したが、その間に白猫はどこかに行ってしまった。三毛猫も一緒にどこかに行き、そのうちにまた顔をみせるようになったが、以前に比べ明らかに痩せて細っていた。

可哀想になって、家人と相談し、固形の餌を買って、義母には分からないように、時折上げることにした。そのうちに、これでは飽きるだろうと缶詰を買い、朝は固形、夕方は缶詰を上げることにした。
これに慣れたのか、朝は5時半頃に家人が雨戸を開けると待っていて「ニャー」と一声、夕方は玄関の脇の植木鉢の陰で待っているようになった。

近頃では、「同じものでは可哀想」とソーセージや練り物、干し魚など自分たちと同じものも上げている。先日、買い物の時に買った紀文のちくわなどは、食卓に乗ることなく、猫の餌となった。昔、田舎で猫を飼っていたときは、上げるのは残飯と決まっていて、いわゆる猫まんまだった記憶がある。今朝、魚、練り物に初めてご飯(炊きたて)を出したところ、贅沢にもご飯だけを残してあった。甘い家人が「お腹が空くと・・」と固形の餌を置いたところ、いつの間にかこれは平らげた。

徐々に慣れてきたものの、人が近くにいると餌に近寄らないし、ときおり「ヒャー」と牙を剥いたりする。それでも、1メートルくらい離れて話しかけると「ニャー」と応えるようにはなった。「居つくと困る」と言いながら、野良には贅沢と思えるこの餌やり、いつまで続くことか。

パソコンの処分

2011-07-09 (Sat) 20:33[ 編集 ]
関東地方に梅雨明けが宣言され、厳しい暑さの一日だった。
6月はパソコンの入れ替えで映画館に行く暇もなく、久しぶりに「アンダルシア・・」を観に出かけた。
そのパソコンは3週間経ってようやく、古いValuestarから新しいEsprimoへの引っ越し作業が終わった。Valuestarはまだまだ動くのだが、狭い部屋に2台は必要なく、処分しなくてはならない。リサイクルマークがあるのでNECでも引き取ってはくれるのだが、手続きが面倒そうなので、近くのパソコン専門店に持ち込むことにした。

処分の前に、ハードディスクのデータを完全に消す必要があるので、予め買ってあったデータ破壊ソフトを朝から動かした。ハードディスク上に5回特殊データを書くことでデータを読み取りできなくするらしいのだが、午後映画から帰ってもまだ終わらず、夕方5時近くに8時間もかかってそれが終わった。OSまで消してあるので、立ち上げることができないのを確認してから、倉庫から購入した時の箱を出してきて、それに入れた。

7年以上前、友人がテレビも見られる一体型、キーボードも本体に収まるパソコンを買ったと聞き、自分もとVaioに替えて購入した。それ以来、ほとんど毎日使って来たので愛着があり、いよいよ解体処分かと思うと少し可哀想な気もする。
店では、データ消去が済んでいるか質問され後、100円で引き取ってくれた。
今、机の上に交代した主がど~んと構えていているが、このパソとも長く付き合うことになりそうだ。

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。