日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

10 < 2011/11 > 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和記念公園の木の実

2011-11-23 (Wed) 21:28[ 編集 ]
毎度のことになるが、昭和記念公園は植物の宝庫で、木や花を撮影するにはもってこいの場所だ。
銀杏が見頃だというテレビ報道もあり、今日を逃してはと車を飛ばした。午後に用事があるので、公園内は自転車をレンタルして回ることにした。

観客が多くならないうちにイチョウ並木が両側にあるカナール(運河)に向かったが、開園30分後にもかかわらず、既に人かいっぱいになっている。
400㎜ズームレンズのSonyの一眼レフとGEのデジカメを使い分けながら、人を避けてシャッターを切った。

場所をモミジの日本庭園に移す途中で、赤い木の実が目に付き、自転車を止めた。
ハナミズキ、サンシュユ、ガマズミ、ゴンズイ、マユミ、イイギリ・・・どれも、たわわに実っている。クローズアップで撮ると、その鮮やかな色が良く出ていて、花や紅葉とは違った美しさがあった。そして、クマシデやナンキンハゼのような妙な形のものも面白い。若しかしたら、これで7冊目の写真集が出来るかもと思いつつ、フォーカスを合わせた。

日本庭園では、真っ赤に色づいたモミジにカメラの砲列で混雑をしていて、余計な人影がフレームの中に入ってしまう。それでも、レンズを上向きにして何枚かを納め、濃い赤色の野点傘と同じ色の葉の構図も撮ることが出来た。

この季節になると、木の葉も実も赤くなるものが多いが、これはなぜだろうか?
サイト「ふしぎな森のふしぎ先生」によると・・
気温が下がってくると、枝と葉っぱの間に仕切りを作って、成長しなくなり不要となった葉を切り落とし始める。葉っぱの中には、クロロフィルという緑色の小さな粒と、赤や黄色の基になるカロチン系の小さな色の粒があり、寒くなると緑色の粒々を分解して赤や黄色の粒々だけを葉っぱの中に残す。これによって、葉っぱは赤く変わったように見えるのだそうだ。
では木の実は何故赤く実るのか?
これは他の動物達と違って赤色を識別できる特技を持っている鳥たちの目印となるためだという。鳥に見つけられ、食べられた実の種は遠くに運ばれていき、糞と一緒に地面に落ち、そこで新しい木の芽が育つのだそうだ。
スポンサーサイト

晩秋の豪雨

2011-11-20 (Sun) 13:50[ 編集 ]
週末の土曜日は、「濡れそぼる紅葉が美しい晩秋の雨」などというものではなく、秋雨前線は昼前から激しい雨をもたらした。車のワイパーは最速モード、水しぶきを上げながら走った。土手縁から見える多摩川は数日前とは景色が変わるほど増水をしていた。

野良猫とはいえ木枯らしが寒いだろうと、軒下に休日に段ボール、ガムテープ、タオルで作った猫小屋二つは、この横殴りの雨にシートも役に立たず、午後早くに崩れ落ちた。そんな訳で猫どもは、ねぐらをどこかで探したらしい。そのため、夕飯は食べに来ず、朝もいつもの5時半から一時間遅れでやってきて、ガツガツあっという間に完食した。

昨日の分もと、怪しい空を見上げながら散歩にでた。少年野球場では、準備体操をする少年たちの脇で、指導者がスポンジでグランドの水を除いている。児童公園は濡れた地面に散った桜やクヌギの葉がいっぱいで、見上げる木にはあまり葉が残っていない。暫くすると青空が少しづつ広がり、刷毛を使って白いペンキをサッと伸ばしたような巻雲も見え始め、足取りも軽くなった。
気が付けば11月霜月もあと10日、晩秋から初冬に移りつつある。

霜月は旧暦の11月の呼び方で、文字通り霜が降る月の意味だが、現在では新暦でも用いる。今年の旧暦の11月1日は新暦では11月25日になり、丁度今頃が旧暦霜月の始まりということになる。
英語のNovemberは、ラテン語で「第9の」という意味の「novem」の語に由来しているという。紀元前に使われていたローマ暦が3月起算で、その3月から数えて9番目ということだそうだ。

山茶花が満開

2011-11-12 (Sat) 20:55[ 編集 ]
庭の井戸端に植わる山茶花が満開だ。花の少ない時期に咲く貴重な花で、蜂たちが冬支度の蜜集めに飛び交っている。スズメ蜂や足長蜂も多く、刺されないよう、近くには寄らないことにしている。花は直ぐに散るので、庭や横の駐車場には大きめの白い花びらがいっぱいで、今朝も他の落ち葉とともに掃き掃除をしてきた。

唱歌の「たき火」の二番にも、

さざんか さざんか さいたみち
たきびだ たきびだ おちばたき
あたろうか あたろうよ
しもやけおててが もうかゆい

と、山茶花はたき火と一緒に出てくる。
この歌の作詞は巽聖歌、作曲は渡辺茂で、昭和16年(1941年)12月のNHKの「幼児の時間」で流されたという。咲く時期は、この歌詞のように秋の終わりから、冬にかけての寒い時期とされるが、今満開のうちの花は早咲きなのかもしれない。
たき火と言えば、子供たちが小さい頃の20年ほど前には、庭の真ん中に掃き集めた落ち葉を集めて、たき火をしたものだ。濡れ新聞紙にくるんだ薩摩芋を焼き、フゥフゥいって食べたが、今は消防法などで規制されていてたき火が出来ず、今の子供はこの晩秋の風物詩を知らない。

山茶花の原産地は日本で、江戸時代に長崎出島の来ていたオランダの医師がヨーロッパに持ち帰り、西欧でも広まったという。ということで、 学名も英名も「Sasanqua」(サザンカ)。サザンカの名は山茶花(中国語でツバキ類一般を指す山茶に由来)の本来の読みの「サンサカ」が訛ったものといわれる。

写真展にいく

2011-11-03 (Thu) 23:07[ 編集 ]
茨城に住む兄から四ツ谷の写真ギャラリーで開催する写真展の案内状が届いた。大学の写真部の友人たちの展覧会に相乗りしての出展だが、第11回目だという。来年はどうかななどというので、初日にしかも一番乗りで行ってきた。

会社引退後に始めたカメラは、色々なコンテストに入賞していて、自分よりは数段上の腕前であることは間違いない。三月の震災で家が全壊し、作品を置くところがないと、兄弟や親戚に良かったらと写真を配り、うちもフランスで撮った作品3点をもらい飾ってある。

高齢になってからの地震禍に遭い、家の建て替えなどで、写真撮影どころではなかったらしい。それでも恒例の展覧会にはと、今年の春と昨年夏に撮った水戸弘道館に咲くサンシュユ、梅、百日紅の3点が展示されていた。展示されている13人の作品をゆっくり見たが、建物あり、人物あり、植物ありだが、銀塩写真がほとんどで、デジタルとは違う存在感というか風合がある。

花を撮影に大きな公園に行くと、一眼レフを構えるシニア層が多い。姉も他の姉の連れ合いもカメラ好きだが、動画と違って時を止めて写してくれることにそそられるのかもしれない。また、若い頃にカメラは高級品で簡単には手に入らなかったことへの反動がそうさせていることもあるのだろう。
この展覧会も兄の友人だから、みな70歳過ぎの人ばかり。会場にも数名居たが、皆溌剌としている。趣味が元気を出させているのだと思う。

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。