日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

09 < 2012/10 > 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


猫、8匹

2012-10-28 (Sun) 13:46[ 編集 ]
三毛の野良猫の”ニャー”は、大怪我をした子猫の時から時折わが家に餌を貰いに来ているが、今年の夏、三回目のお産の後に4匹の子猫を引き連れてきて、そのままわが家の庭や物置の下などに居座っている。
その子猫達の父親と思われるホルスタイン模様の”ウシ”を入れると6匹の野良が居て、小さい時からニャーを可愛がっている家人が、ニャーの家族だからと三食餌を上げている。
昨日家人が留守をするので、夕方頼まれた餌を上げに行くと、玄関ドアを開けるや否や子猫が寄ってきた。親のニャーとウシは警戒心が強く、遠巻きにしている。皿を置くと子猫が占有してしまったので、親用のものを二皿つくり、子猫には分からないようにして上げた。

わが家には、このほかに7月に貰って来た飼い猫の”クー”と”ニャー”がいる。みどりの日生まれの2匹はメスなので、この子らとニャーの避妊手術を考えていて、特にニャーの場合は、子作り得意のウシが近くに居るので急がねばと思っている。
友達が新百合ヶ丘に毎土曜日に捨て猫の貰い手を探しているグループがあると聞いて、先週そこのメンバーの人と話し、専用ゲージを使った野良猫の捕まえることや、安い獣医がいることなどを聞いてきた。
その人の口利きで、昨日保証金一万円を積んで、長さが1mほどもある捕獲ゲージを借りてきた。そして、少し遠いが土日に開いていて、比較的安い獣医のカタログも頂いた。借りている2週間の間に無事済ますことが出来るかどうかは、餌を仕掛けたゲージでニャーを捕まえられるかどうかにかかっている。
スポンサーサイト

ホトトギス

2012-10-21 (Sun) 17:56[ 編集 ]
花をトイレの棚に活けている。用を足している時にも季節を感じようと、花のある季節は庭から、庭にない季節は鉢植えから切ってきくる。
未だ庭には幾種類かの花が咲いていて、それを採って差すのだが、この秋は百日草、キバナコスモス、キクイモなどだった。
気温が低くなるにつれて徐々に花が少なくなってくる中で、ホトトギスが開いているのを見つけた。結婚前に家人が買ったと言う花瓶をゴソゴソと探しだし、差し替えた。花模様の花瓶は少し派手目だが、白地に紫色の斑点のある花は、昨日までの黄色のキクイモと違って、落ち着いた感じがする。

ホトトギスが何故「テッペンカケタカ」と鳴く鳥のホトトギスと同じ呼び名なのかだが、花の斑点模様が鳥のホトトギスの胸にある模様に良く似ていることから付けられたらしい。
花は漢字では、「杜鵑草」または「杜鵑」とも書く。鳥のホトトギスは通常「不如帰」と表すが、このほかに「杜鵑」「時鳥」「子規」「田鵑」などの表記があり、花のホトトギスには「杜鵑」の字を当てたようだ。
中国名は葉に黒い斑点があることから「油点草」(家の日本杜鵑草には斑点がない)、英語名「toadlily」=直訳「蝦蟇の百合」で、花の斑点が蟇蛙(ヒキガエル)の斑点と似ているからしい。
『所変われど』なのか『所変われば』のどちらなのかは分からないが、形から点けた名前が付けられた花のようで、日本の付け方が一番綺麗だ。

祝 掲示5000点、花の写真配布サイト

2012-10-21 (Sun) 09:35[ 編集 ]
ホームページは1999年8月に簡単にホムペが設置できるフリーサイトで始め、今でも趣味として管理を継続している。
TOPページの名前こそ「Ohsama’s Homepage」とその頃のものと同じだが、食べ歩きもの、組み木、ユーモア話だった初期のコンテンツは姿を消し、今はデジカメ写真の配布、日々の雑記、映画寸評に変わっていて、それも個別のサイトやブログで、TOPはガイドサイトになっている。

その中心はデジカメ写真の配布サイトの「Park Bench」で、2001年7月から式折々の花を題材にした写真を掲示している。そして初期からのコンパクトカメラでのものは著作権を放棄し、一眼レフを購入してからの画素の細かいものはコンテスへの応募もあって、著作権を保持している。
先日、昭和記念公園で撮影のコスモス45点を昨日アップし、著作権放棄3,500点、保持が1,526点となり、合わせて5,000点を超えた。
丸11年だから一年に450点ほどの計算になるが、近年は200点ほどに減っている。訪問者も借りているカウンターの故障やクリアーもあるが、現在は90,000程と閑古鳥が大声で鳴いている状態だ。
独りよがりながら、これも趣味の写真を見てもらう場所、写真集やコンテスト応募などと違った展示方法して、継続している。たまに「見ましたよ!」「使っていいですか?」のメールが入るが、これも継続の後押しをしてくれる。

サイトURL= http://park.cside.com/newtop/top.html

コスモスを撮る

2012-10-14 (Sun) 17:35[ 編集 ]
埼玉に住む姉が入院したと言うので、休暇を取って川越まで見舞いに行くことにした。ウィークデーの面会時間は午後二時過ぎなので、時間を有効にと少し遠回りだが昭和記念公園でコスモスを撮ってから向かうことにした。

春のチューリップの時に来ているので、この公園は今年2回目。コスモスの季節は4年連続となる。開門の9時半には入って、自転車を借りてのコスモス巡りだ。待っている間に話しかけてきた人によると、まだコスモスの丘は2分咲きらしいが、その丘に向かった。

400万本と言われる丘に着くと、植えられた「ドワーフセンセーションピノキオ」種は、2・3分咲き。残暑が厳しかったせいか、例年より約2週間以上も遅れているらしい。それでも、秋の空を背景にしたピンクや白の花は、写し甲斐があると言うものだ。
続いて向かった原っぱ西の花畑は、イエローガーデンやイエローキャンパスと言った白に近い黄色が咲き揃っていたが、この単色だけだと華に欠けていて、早々に原っぱ東花畑に向けペダルを漕いだ。

東畑は、ほぼ満開の色取りどりのコスモスが一面に咲き、華を見る人、カメラを構える人達で賑わっている。ハッピーリングや日の丸という馴染みの種類に交じって、初めて見る八重の赤、白、ピンクの花が咲いている。案内板によると、名前はダブルクリック。八重咲きなのでボリューム感があり、可憐なコスモスのイメージとは違って個性的でゴージャスだ。望遠のクローズアップレンズを向けるが、人が多く、しかも時折吹く風に揺れてなかなか撮るのが難しい。それでも何枚かのボケのないショットを収めることが出来た。
12時近くの電車に乗るために急ぎ軽い昼食をと売店に寄ると、コスモスソフト300円に目が行き、注文。腹ごしらえの前に甘味を味わった。

西立川の駅から、拝島経由で初めて乗る八高線で小江戸川越に向かった。

ピーカン

2012-10-08 (Mon) 10:15[ 編集 ]
10月8日、体育の日だ。1964年の東京オリンピック開催日10月10日を記念してこの祝日が設定されたが、2000年のハッピーマンデー制の導入で、10月第2週の月曜日に変更された。
そして今日は、二十四節気の『寒露』に当る。秋の長雨が終わり、露が冷気によって草木に宿りはじめる頃を表す。言葉通り、窓を少し開けて寝たが明け方に冷気で目が覚め、散歩に出ても薄い長袖シャツでは、もう一枚欲しいほどだ。通りの自販機にも暖かい飲み物が出始め、春以来の熱い缶コーヒーを買った。
青空に誘われて早朝の散歩にカメラを持って出たが、気温の変化とともに花も秋のものになっていて、木の実や紅葉も目につくようになってきた。特にピーカンの空に伸びるコスモス、秋桜と書くだけあって、この景色を撮ると「秋」を写している気分が盛り上がる。
そろそろ、昭和記念公園のコスモスも見ごろになり、何時足を向けようかと考えている。

ピーカン・・今の若者には古語に属する言葉だろうが、こんな雲ひとつ無い快晴のことを言う。
映画撮影の時に使われた言葉で、語源はタバコのピース缶の色にから来たという説、カメラの「ピントが完全に合う」というのが略されたとする説、オペラ「ある晴れた日に」の中のピンカートン、「カンカン照り」からという説などがある。

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.