日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

08 < 2013/09 > 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいカメラ

2013-09-21 (Sat) 14:27[ 編集 ]
ほんの少しだが予定外の小遣い銭が入り、それで4年使ったデジタル一眼レフカメラを買い換えることにした。
これまでのものはコニカ・ミノルタの流れを汲むSONYのα350という2008年発売の1420万画素のもの。新しく買い換えるにしても、メーカーによってマウントが違うレンズのことや、取り扱い方法のことを考えると、SONYから他社に冒険は出来ない。そして、今流行の小型ミラーレス一眼にも余所見せずに、αのAマウントシリーズに落ち着いた。(αも独自の透過ミラーを採用しているので、厳密にはミラーレスなのだが・・)。

小銭の範囲内だから、上級機は視野から消え、必然的に初級・中級から選ぶことになる。価格・comの「くちこみ」などを参考にして悩むこと2週間、日曜日に量販店に実物を確認しに出かけた。
そして、有効画素数2430万、イメージセンサーに捉えた映像がそのまま確認できる高い解像力の有機ELファインダー、様々姿勢での撮影や確認が出来る3軸チルト背面液晶などが気に入って、α65という機種に決定した。
メーカーのキャンペーンでキャッシュバックを考慮しても若干足は出るが、どうせ買うならとズームレンズ2本付きのものにした (2012年1月発売)。

注文は、万一の修理を考えて、最安値より少し高い大手カメラ量販店のネット通販にした。物が届くまでには、4日程あったので、取扱説明書をiPad-miniにダウンロードし、通勤の行き帰りに読んだが、α350からの4年間の進歩が早く、新しい機能が沢山付いていてなかなか頭に入らない。
そして、届いた箱の蓋を開けたのが昨夜。今朝は試し撮りをと、休日の散歩のお供にα65を下げて出かけた。

ところが、同じSONYでも、フラッシュや焦点範囲などの基本設定が前機種とは違い、四苦八苦。覚えた筈の取説のことなど、すっかり飛んでしまった。
家に帰ってから写真を見てみると、あに図らんや花びらの細かい輪郭はハッキリしているし、色も見た目の再現性も忠実で、なかなかの写りをしている。腕より道具が実証されてしまった格好だ。

10月になれば、昭和記念公園のコスモスが咲く。毎年撮りにいっているが、今年はいつもとは違ってイソイソと出掛けることになりそうだ。
スポンサーサイト

次男の結婚

2013-09-19 (Thu) 21:25[ 編集 ]
長男の結婚式が今年の1月、その時に次男が婚約者として親族紹介した女性と結婚した。式はその一年後の来年1月なのだが、それに先駆けて婚姻届を役所に出した。この順番は長男がそうしたので、それに倣ったのかも知れない。来年の式のことがあるので、兄弟に報告したが、孫の歳に近い歳の末の弟の末の子で一番歳の若い甥っ子がゴールインしたので、伯父伯母も喜んでくれている。父親としても、ずっと子供だと思っていた下の子が家庭を持つまでになって、嬉しさも一入だ。

その次男のお嫁さんは姉さん女房で、親戚からもお祝いの言葉に「年上の女房は金のわらじを履いてでも探せ」と添えられた。年上の女性は気配りができることから重宝がられ、磨り減ることのない鉄のワラジを履いてでも探せというのが言われで、鉄が価値のある金に言い換えられた諺のようだ。心根が優しくよく気がつき諺通りの女性で、親としてもほっとしている。

次男夫婦は、男女が知り合うきっかけをつくり、縁談から結婚式、披露宴まで両家の間をとりもってまとめる役の仲人は 立てない。長男もそうだったが、近ごろの結婚には「仲人」は無縁の言葉になり、仲人がひな壇に座る結婚式は稀になったらしい。
故郷の信州の松本地方には、3・40年前の姉の結婚の頃までは、仲人の他に鉄漿親(はねおや)を立てる風習があった。鉄漿親は式や披露宴の時に新郎新婦の親代わりになる役で、結婚後は新郎新婦とは義理の親子の関係になり、後見人的な役割をするが、いかにも封建的な地方の慣わしだ。この鉄漿親も、仲人無しが大半となり、たてることも無くなったようだ。

今年の酢橘は小ぶり

2013-09-14 (Sat) 20:29[ 編集 ]
暑い夏も終わり、夜はコオロギなどの合唱が煩いほどに聞こえるが、昼はここ数日残暑がぶり返している。

庭の酢橘もそろそろ採り頃になり、今週味見をすると少し硬いが酸っぱさは十分だった。三年日記を見ると一昨年は9月17日に、去年は15日にいずれも休日に採っている。明日・明後日と台風の影響で雨の予報が出ていて、三連休の初日に収穫することにした。涼しい午前中ならば良いのだが、午前中は来年一月の次男の結婚式に着る貸衣装を手配に出掛けたため、酢橘は暑い午後の作業となった。

一日で全部を採ることは出来ないため、毎年あげる人の分だけと決めた。そして、いつも枝にある鋭いトゲで手や腕を傷つけるので、長めのゴム手袋をし、脚立の上に乗った。
上方の枝は陽をいっぱいに浴びて、実の育ちは良い筈だが、例年大きいのはピンポン玉ほどあるが、今年のは一・二周り小さい。念のため一つかじってみると、柑橘の匂いと酸っぱさは充分なので、そのまま作業を続けた。
開始から一時間弱、色の悪いものや、キズがあるものが多いので、予定より多めのバケツ一杯半を採り終えた。

スーパーから予め貰っておいた小さめの箱に、新聞紙のクッションを敷き、詰める。小さいものの中から大きくて形と色の良いものを選んで入れる。25~30個を入れ、ダンボールとガムテープで蓋をし、6箱を作り、コンビニで送る用意は完了した。
箱に詰め終わると、予想通りバケツ半分ほど弾かれたものが残った。そして、隣2軒に上げる分が無いことに気がつき、低い枝のものをビニール袋に採った。
夕方、長男が来、明日は次男が来るので、また採り足し、結局300個以上の収穫となった。それでも見上げるとこれと同じほどの量は付いている。

今年は、雪で木の幹が裂けたりして、小さくなった酢橘の木だが、例年通りたわわに実を付けてくれた。

ミニチュアカーをまた・・

2013-09-12 (Thu) 22:02[ 編集 ]
Coca Colaの缶コーヒーGEORGIAにオマケのミニチュアカーが付いているのを近所のセブンイレブンで見かけ、一缶買ったのが先週金曜日のこと。付いていたのは、イタリアのAlfa Romeoの名車の1/72スケールモデルだ。
これまでに集めた車と比べて、亜鉛合金のそれは細部まで良く出来ていて、塗りもしっかりしている。それもその筈、模型では世界的なメーカー「京商」の「作品」らしい。Alfa Romeoに興味はないのだが、ミニチュアモデルとしての美しさに感心して、集める気になった。

無糖コーヒーは家人が飲むと言うので、いつもの様に台所に山となることもなく、なにより全6種と少ないので直ぐに集まると鷹を括った。さっそく週末からコンビニで探すと2~6番までは月曜朝までに揃った。残すは赤いセダンのような1番の車、ところが中々これが見つからない。勤め先の辺りにある何軒かのコンビニで、冷蔵庫の扉を開け放しにして奥まで探すが無い。そして、水曜日の帰りがけに、自宅の最寄り駅の回りで諦めかけた三軒目、何と冷蔵庫の一番手前に赤いセダンが居た。

そして、今日は6台を買って来たプラケースに入れ、他のミニチュアのケースの上に飾って、ニヤニヤ眺めている。

この歳でミニチュア集めとは、少々どころかだいぶ子供じみていることは承知の助。これは、幼少期の遊び道具といえば、田舎だということもあって木の棒の刀や糸鞠(糸と布で作ったボール)などで玩具らしいものが無かったので、この反動に違いない。

もう2匹の猫

2013-09-03 (Tue) 21:15[ 編集 ]
家猫のクーとコーの2匹に野良猫8匹の面倒見のことは、幾度となく書いた。
実は、わが家にはもう2匹猫がいる。 トイレの水槽の上に、近くバスケットボールと野球をしているに縫いぐるみの猫達だ。

この子のたちは、20程年前にフリーマーケットでそのヤンチャな顔が気に入って僅かなお金で手に入れたものだ。持ち帰っても、家人や小学生の息子二人の反応は芳しくなく、それ以来彼らはトイレの住人となった。

季節毎の洗濯は、連れて来た自分の役目だが、リアルな猫と違い、ものを食べるのでもなく、水が嫌いということも無く、洗濯洗剤の力で直ぐに新品のようになる。そして、ベランダに洗濯バサミで弦下げられて、完全にリファービッシュされて住処に帰る。

昨年夏に家猫が家に来てから、以前にも増してその存在感がなくなり、たまにトイレを訪れる家猫クーも見向きもしない。あまりに可哀想なので、狭いトイレの暑さ凌ぎも兼ねてこの夏二回目の水浴びがてらの洗濯をしてあげた。

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。