FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

11 < 2013/12 > 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


今年の墓参

2013-12-02 (Mon) 16:22[ 編集 ]
一年半ぶりに安曇野の実家に行ってきた。
次男が一月に結婚式をあげるので、その報告の墓参だ。正確にはすでに入籍を済ませているので、結婚した報告だ。昨年の7月にも結婚した長男たちと墓参をしているので二年連続だ。
今年は、車2台に長男と次男の両夫婦5人が分乗して賑やかな小旅行だ。

息子達が十代半ばまでは父が存命だったこともあり、また長兄も数少ない甥子(息子の従姉妹14人中、男は2人)が訪ねる度に野良仕事に連れて行ったりして可愛がってくれたので、息子達にとっても親しみやすい田舎になっている。

北アルプスに囲まれた安曇野は、盆地特有の気候で冬は雪が少ない代わりに寒く、2月には零下20度近くにもなる。この朝も零下となって、陽が当たって来ても薄いセーターにブルゾンではゾクゾクとするほどだ。

先祖代々の墓地は、実家から徒歩5・6分位の場所で、いく道すがらの道路脇の畑には南天が沢山植えられ、真っ赤に味を付けている。墓地に近づくと赤茶く紅葉した山並の間に、雪を被った白馬方面の北アルプスが見えた。

父母、祖父母などの墓にそれぞれが線香と花を手向け、手を合わせて目的を達せた。帰りの車のトランクを、米、野菜、林檎などでいっぱいにして実家を後にした。

昼に差し掛かり、いつもの蕎麦屋に寄った。本格的な蕎麦屋は、町ではこの一軒しか無いが、ネットでの旅行記に登場していたりで、味は確かだ。注文のかき揚げ蕎麦は、薄味の汁にカリカリと音がする揚げ立てが乗り、辛味大根と刻み葱の薬味が蕎麦の味を引き立ててくれる。

お腹もこしらえたところで、ワサビ畑が見たいと言う次男のお嫁さんの要望を入れて、立ち寄ることに。安曇野の中心辺りに位置する大王ワサビ園は、去年はあれほど賑わっていた観光客はあまり居ず、ゆっくりと散策できた。いつものワサビソフトクリームを道祖神脇で賞味し、家人の好物のワサビの葉のホロホロ漬も忘れずに買った。

姉の家に寄り、3時半に松本を立ったが、週末の中央高速の混雑に合い、自宅着は7時半になった。

久しぶりの故郷の空気、元気な兄姉、仲の良い息子たちに癒された一日になった。
スポンサーサイト



 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

(C) お~さま All Rights Reserved.