日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

02 < 2014/03 > 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白の桃の花

2014-03-31 (Mon) 08:51[ 編集 ]
25日、靖国神社の境内にある基準木のソメイヨシノが5輪咲き、日本気象協会が開花宣言を出した。そして、一日限定で東京タワーが桜色にライトアップされたとのニュースも流れた。東京の予想満開日は4月1日頃とのことだが、関東地方に日曜日に低気圧の襲来で暴風雨が荒れ狂い、花散らしの雨かと心配されたが、大丈夫のようだ。

家の庭のさくらんぼがなる桜は、2週間も前に咲いた。そして、暴風雨一過の今朝、桃の花が開いた。陽当たりの良い庭は、他に比べ少し早めに咲くのだが、今年は寒かった冬や思いも寄らぬ大雪のためか、近所の桃とほぼ同時の満開となった。

この桃は、35年前に結婚した時に、信州の父が「紅白に咲くから」と持たせてくれたものだ。その木は根付き紅白の花をつけるようになったが、そのうちに紅(桃色)だけとなった。その木から株分けや挿し木したものを数箇所に植えたが、一本だけが紅白を維持している。父は16年前、長野オリンピックで沸く中で大往生したが、この木が花をつける度に普段は忘れている父のことを思い出す。

去年、今年と息子達が結婚し、そして自分の歳もあの頃の父に近づいていて、遠くに住む息子に、紅白の桃を株分けした父の思いも分かるような気がする。
スポンサーサイト

春が進む

2014-03-22 (Sat) 20:48[ 編集 ]
春分が過ぎた。秋分と同じように、昼と夜の長さが同じになる日で、これからは陽が日々長くなる。寒かった冬だが、これからは足音早く春がやってくる。
テレビでも、各地の桜の開花時期予想が陽に何回も聞かれ、わが家の桜はソメイヨシノではないが、小さい木の花が満開となった。

ジムに行かない土日の朝夕は、近辺を30分~1時間散歩するのだが、今朝はいつもと違う畑の多い丘を廻るコースにした。
今日も日差しは穏やかだが、風が冷たい。昨年より少ないとは言え、杉花粉の飛散がそろそろピークを迎えるので、厚着にマスク姿という冬の支度だ。

起伏の多い地域の小高い場所にある畑は、谷間の住宅地から階段を60段ほど登る。畑に立って眺めると、遠くによみうりランドの観覧車やゴル練習場のネット、その左にはビッシリの住宅が臨める。足許の畑は未だ何も植えられておらず、野菜の種まきや苗の植え付けはこれかららしい。畦にはホトケノザ、ハコベ、ヒメオドリコソウ、ナズナ、オオイヌノフグリなどの草が花開き、ここには既に春が来ている。土筆を撮りたいと期待していたのだが、それには未だ早いようだ。

この地域も宅地化が進み、ここ10年でも平地の畑だけでなく、竹やナラなどの里山も階段状の戸建て住宅地になり、農地がどんどん減っている。家人が越してきた50年前は住宅といえば農家ばかりで、谷間には小川や沼があり、田んぼも広がっていたとのことだ。その後の開発で住宅や学校、公園墓地が侵食してきた。この変化の中で、他に比べ未だ畑や雑木林が残っているだけ、居住環境としてはマシなのかもしれない。しかし、相続や農業の衰退で、それもいつまで続くのか。そんなことを考えながら、熱い缶コーヒーを飲んだ。

来週には東京の開花宣言が聞かれそうだが、寒の戻りや春分から桜の咲く頃の「菜種梅雨」の予報は出ていない。このまま春が進みそうだ。

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。