日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

07 < 2014/08 > 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋が来たか

2014-08-27 (Wed) 19:01[ 編集 ]
今朝は、何時もの短パンだと寒いので、ジーンズを履いた。処暑を過ぎたが、未だ8月だと言うのに、一ヶ月以上も先の気温で、急に秋めいた。
毎朝暗いうちからうるさい位に鳴いていた蝉も、小雨で時折聞こえる程度だ。
家猫のクーは、毎日蝉を二・三匹捕まえて、得意気に見せに来る。見せた後は、もう一匹のコーと羽をバタバタする蝉をオモチャにして遊び、最終的にはコーのお腹の中に入るのが常だ。こんな天気の今日も、クーは雨に濡れたベランダに抜け出し、一匹を捕まえてきた。しかし、このまま秋になると、猫達の楽しみはまた来年となる。
一ヶ月前に買った鉢植えのハイビスカスは、涼しい小雨の中で蕾をようやく開き、赤い花を付けた。

今年の夏は、7月は病院で過ごした。8月は自宅で退院後の静養に当てたが、暑さに胃腸をやられ、挙句に腎盂炎になった。身体も秋が早く来ないかと待っている。

気象庁によると、向こう3か月の関東甲信越の平均気温は平年並または高く、降水量は平年より少ないか並のようだ。しかし、近頃の空は突然荒れて雷や豪雨をもたらす。しかも、それも局地的で、長期予報は当てには出来ない。
スポンサーサイト

還暦のチャレンジ

2014-08-22 (Fri) 09:07[ 編集 ]
前々職から20年来の仲間が、昨晩マレーシアでのロングスティに夫婦で旅発った。日本での住居を引き払い、還暦後をかの地でゆっくりと過ごすためだ。

海外移住は何年も前から構想し、一時は南欧のリソート地の話も聞いたことがある。ここ数年は、政治の安定、物価の安さと医療や生活面の評価が高く、日本人が移住したい国7年 連続一位のマレーシアに的を絞って、幾度も現地に赴き準備を重ねていた。
長期滞在許可付きのビザの社特、住まいの選択、生活、持病の専門医、日本人ネットワークなどをかなり詳細に詰めていた。
国内でも、マンションを売却して仮住まいをし、愛猫を里子に出すなどして準備を進めたようだ。マレーシアはイギリス植民地で現在もイギリス連邦の一員ということもあって、英語は準公用語。彼は、この日常会話も堪能な奥さんに負けじとブラッシュアップをかけたようだ。

歳を重ねての海外移住という積極果敢さは、狩猟民族型の九州男児だからこそで、自分のような信州出身の農耕民族には到底真似は出来なく、羨ましくもある。

マレーシアといえば、「ルックイースト政策」を掲げたマハティール政権が記憶に残っているが、それを継承したアブドラ政権の下でも対日関係は良好のようだ。
首都で彼らが住居を構えるクアラルンプールは、熱帯雨林気候に属し、年間平均気温 27.8℃、年間平均最高気温 32.4℃、年間平均最低気温 23.2℃、ほぼ毎日雷を伴ったスコールが降るようだ。こんな気候だから、年中Tシャツに短パンで通るようだ。
生活面でも、日本食も手軽に調達でき、日本語の通じる病院もある。物価も年金の範囲内で十分暮らせる安さのようだ。

今日のクアラルンプールは、最低気温23度、最低気温31度の曇り、降水確率50%。東京よりも涼しそうだ。
以前大病を患ったこともあって、健康だけには気をつけて貰いたいが、還暦になってもなお持ち続けるチャレンジ精神に拍手を送りたい。

もうすぐ立秋

2014-08-04 (Mon) 10:31[ 編集 ]
退院から一週間が経つが、入院中と同じように夜は9時になると眠くなり、朝4時には目が覚める。尤も朝は、一緒の部屋で寝る家猫が外に出せと起こすからでもあるのだが。

猫は平均体温が38℃もあり、体温調節が苦手で、暑さにも冷房の冷えすぎにも弱く体調を崩しやすい。そのため、寝るときは熱帯夜対策のエアコンも弱めにするのだが、体温調節のためか仰向けのだらしない格好で寝ることもある。
4時にエアコンを止めて、窓を開け放つといくらか涼しい風が入り、猫はベランダへと出て行く。

もうすぐ立秋、夜明けが随分遅くなって来てはいるのだが、4時45分過ぎには日の出となる。その前から隣の大きなモミジの木から蝉が合唱が始まる。それが暑い昼間を呼び込んでいるようだ。
庭に目をやると、サルスベリやムクゲが花をつけ、枝を広げている。青い夏空といい、日が上がる徐々に生暖かくなる風といい、厳しい残暑だと告げているようだ。
気象庁は7月25日、8~10月の天候予報を発表した。8月は全国的に気温が高め。東日本と北日本は9月も高温傾向が続き、残暑が厳しくなるということだ。

蝉といえば、二匹の家猫は毎日のように蝉を捕まえ、羽をバタバタさせギーギー鳴くのを咥えてくる。獲物を飼い主に見せに来るのは猫の習性らしいが、『良く獲ってきたね』と褒めると嬉しそうだ。食べて吐いてしまうことがあるので、目を離した隙に取り上げ元気だと逃してやる。

暑いほうの気象用語は
 最高気温が25℃を上回ると「夏日」
 最高気温が30℃を上回ると「真夏日」
 最高気温が35℃を上回ると「猛暑日」
といい、2007年に猛暑日は追加されたものだという。
一般的には35℃以上の日を「酷暑」ともいうのだが・・。

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。