日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

07 < 2015/08 > 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の花火

2015-08-23 (Sun) 14:31[ 編集 ]
今年が27回を迎えるという近くの公園墓地「春秋苑」の送り火行事「還燈会(かんとうえ)」に行ってきた。行くといっても、家の前に見える丘陵の頂きで徒歩10分ほどの近さで、ほぼ毎年そこで催されるライブコンサートと献灯の写真撮影に行っている。

友人の墓に参ってから会場には6時近くに着いた。ひところほどの暑さではないが、それでも汗ばむ夕暮れ時だ。
法要、奉納の雅楽の演奏に続いてのライブが恒例だが、一昨年は夏川りみ、昨年はビリーバンバン、そして今年はタケカワユキヒデだ。ステージを前に墓地に縁のある招待者が折り畳み椅子に2・300人座り、その周りを一般観客が埋めている。

「モンキーマジック」で登場したタケカワは、持ち歌数曲を歌ってから、「ビートルズ好き」と言って何曲もビートルズナンバーを続けた。取り立てて彼やゴダイゴのファンではないので、ライブの楽しみはここまでとし、肩のカメラで数千個の献灯の幻想的な景色を撮ってから、花火は家でと、街灯もない暗い道を戻った。

途中で墓地の背景となる遠くに花火が意外と大きく見えたので、墓地の中に入っていくと、見物の何人かのシルエットが見えてきた。方角からは調布多摩川河川敷で、約8000発・38万人もの見物客の大花火大会だ。珍しい形ものや大輪の打ち上げ花火が次から次ぎへと打ち上がる。花火が開いた後しばらくしてから、ドーンという低い音が聞こえてくる。これとは違う方向からも花火の音が聞こえ、何箇所かで大会をやっているようだ。

家に着くとシャワーに直行してサッパリした後に夕食を採って花火を待つことに。毎年8時半ころに上がるが、今年は一向に始まらない。ようやく9時近くになって大きな音が家を揺らした。カメラは写真を、iPhoneは動画をと、ベランダに急ぐ。
ヒュルルル…、ドドーンッ…腹の底まで響くような音、パチパチパチ・・・と空いっぱいに花が広がる。調布のハート、土星、ドーナツや蝶のように凝ったものはないが、迫力ではここが優る。写真、動画と撮るのに忙しくしていると尺球が上がり、10分もない大会は締めとなった。

日本の花火はその美しさから世界一といわれる。あるサイトによると、海外の花火の特徴が、・花火玉は円柱型、・色は一色、・短時間での連発にあるという。
これに比べ日本の花火は、・円形に開く、・玉は球体、・色の変化が様々、・種類が多い、・花火大会の時間が長い、・お祭りなど頻繁に打ち上げるなどが特徴だという。そして、打ち上げ時のヒュルルル…のも日本独特の仕掛けだそうだ。
日本の花火・花火大会は、その美しさ・精巧さも芸術の域に入ったようで、海外でも日本製が使われることもあるという。

短時間だが、今年も「夏の花火」を楽しんだ。
スポンサーサイト

残暑の中で

2015-08-20 (Thu) 21:03[ 編集 ]
今年の暑さは「もぉ、ムチャクチャでこざいまするがな」で、日に3回シャワーを浴びる日が続いた。
お盆になるというのに、庭の白い花をつけるサルスベリがなかなか花を付けなかった。毎年白は、ピンクの花と同時期に開花をするのだが、今年も剪定時期や仕方は同じだったので時期に関係はなく、この酷暑のために白の開花が随分と遅れたと思われる。明後日がお盆という日に、空に向かって伸びた10本ほどの枝先に花を着けているのを見つけた。紅白が揃って咲いて、ようやく我が家の庭は「盛夏」の景色になった。

同じ植物でも家の中、一階リビングのスピタンクスという観葉植物の葉が枯れだした。水遣りはしているものの、リビングと言っても来客用の部屋で、殆ど使わないのでアコンを点けることがないことから、この木も熱中症状態だったと思われる。ここ数日は、葉っぱにも霧を掛けて直射日光の当たらないところに置いてあるが、次から次へと葉っぱが黒く変色していて、治りそうもない。玄関にユッカという観葉植物の鉢植えを置いてあるが、風通しは良いが心配になり、玄関の外にしばらく移しておくことにした。

こんな暑い中、高校野球100年記念の甲子園大会(第97回全国高校野球選手権大会)が始まった。テレビのスポーツニュースばかりかワイドショーまでもが、注目の早実の清宮、関東第一のオコエ、東海大相模の二枚看板投手:小笠原・吉田などの活躍を報じている。例年であれば高校野球中継には見向きもしないのだが、今年に限ってはスター選手やドラマチックな試合展開が多く、テレビのチャンネルをしばしば合わせた。そして8月20日、早くも決勝戦となり、東海大相模と仙台育英の試合は最初から最後までテレビの前に居た。東海大相模が初回から点を上げてワンサイドかと思われたが、仙台育英が東北魂の粘りで同点とし、最後は東海大が鮮やかに振り切った。なんとも緊張感溢れる試合で高校野球観戦も捨てたものでは無いと思い直した。

台風の影響なのか今日は雨が降ったり止んだり。外部の気温は26度で、湿気は多いものの寝苦しい夜からは解放されそうだ。

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。