日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

08 < 2016/09 > 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


還暦

2016-09-19 (Mon) 12:45[ 編集 ]
還暦といっても自分のことではない。家人が先週60歳になった。
息子達が皆で還暦のお祝いをと言い、小さい子がいるので昼食にして外の店で、家に戻ってから第二部をと手配してくれた。店は小さい孫が居るので和室を借り切りに出来る所ということになり、車で10分の以前に使ったことがある民家風の蕎麦会席の店になった。

中庭が雪見障子越しに見える6畳間に長男夫婦に孫、次男夫婦で7人、乾杯の後「涼秋膳」と名打った季節の料理と青じそ蕎麦+甘味を頂いた。
和気あいあいの家人のお祝いなのだが、どうしても生後4カ月の孫娘が中心とり、高い高いもされていた。

締めの甘味のぜんざいを頂いてから家に戻ると、バースデーケーキが待っていた。家人が6本のロウソクに息を吹きかけた後は、それぞれがプレゼントを上げた。

自分が還暦の7年前、息子達は独身で、4人で焼肉を食べに行った記憶がある。息子二人が結婚し、お嫁さん達の気遣いがあっての今回の会となったのはいわずもがなで家人の笑顔もいっぱい。有り難いことだ。

今日は敬老の日。先日お隣の方から「老人会に加入しませんか」と話があり、やんわりと断った。長寿のお祝いは満60歳の還暦の次は70歳の古稀、そして77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿と続くが、人生50年頃の長寿と現在とでは大違い。自分も高齢者のバー65歳を超えたが、自身では未だ老人とは思っていないし、老け込んではいけないと思っている。
スポンサーサイト

今年のスダチ

2016-09-15 (Thu) 18:59[ 編集 ]
今年のスダチ

毎年9月になると、庭のスダチが収穫期を迎える。
今年は初夏に今までとは違い、木が白く見えるほど多くの花をつけた。この分ならば、秋には今までの何倍もの実が収穫できるとほくそ笑んだほどだ。
ところが、花が散って後に出来た小さな実は、ポロポロと落ちて去年のように不作に終わるのではと心配した。
夏を過ぎて秋口にかかると、夏の天候不順で実は小さく固いものの、意外と沢山が残った。実が大きくなるのを待つため、収穫を去年より1週間以上遅くして、雨天の合間をみて採ることにした。

日差しと籔蚊対策で帽子に、サングラス、長ズボンの格好、手には刺対策の軍手をはめ、高枝鋏に剪定鋏を持っていざ。
高枝鋏で複数の実の付いた枝ごと切って、一ヶ所に置く。これを繰り返すこと3・40分、大分集まったので、実はバケツに枝は地べたにと分ける。バケツに入った実は、山になり崩れてこぼれそうになった。
次は、人に上げる形の良いものと、そうでない家使いのものとに分けた。

兄弟、親戚、知り合い、ご近所と毎年10軒以上にあげるのだが、これには全部で250個以上が必要、いま採った分で何とか足りそうだ。家使いのものが30個ほどだから、今日は300個程を採ったことになる。木を見るとまだ100個以上残っているので、豊作とまでは言えないものの、水やりだけで肥料も与えず、剪定も周りの雑草取りもしないにしては上出来だ。

手渡しできない遠くの5軒には、25~30個づつ送るのに小箱が要るのだが、その手持ちは少なく、郵便局でゆうパック用の小箱とレターパックを買い発送した。
昨年はスポーツジムのスタッフに持って行ったと思い出し、残った20個程に低い枝のものを追加で採り、持って行くことにした。

庭の農作物を「秋の味覚をどうぞ」と必要かどうかも聞かずに送り届けている。果汁の酸っぱさと爽やかな香りで旬の食材の味を引き立て、食欲の秋を一層楽しんで貰えていればいいのだが・・。

スダチとカボスは良く間違えられるが、外観は、カボスの方がスダチの2倍~3倍ほど大きい。
味は、あるサイト(注*)の表現を借りれば、
スダチはピリッと酸味が立っている感じで、例えるなら白い割烹着できりっとしたたたずまいの板前さん。
カボスは、酸味が抑えられているような感じで、なんでも受け入れてくれる肝っ玉母さんのようのことだ。

(注*)「マダムエムの気になる話題」

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.