日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

11 < 2016/12 > 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-12-13 (Tue) 17:47[ 編集 ]
今月初め、2003年の年初からホームページ用に使っていたCsideというレンタルサーバーに解約連絡をした。
2003年は、新幹線品川駅が開業した年、SMAPの「世界にひとつだけの花」がヒットした年で、それから14年間にもなるから、長い間トラブルもなく世話になった。

既にサイトは今年5月にSAKURA Internetのサーバーに引っ越しを完了している。
引っ越しの理由は一つ、費用だ。

Csideは、契約当時は年間8400円だったがそれがずっと据え置かれ、現在は消費税の増税で9000円(契約800MB)になっている。この間、他のレンタルサーバーの価格は、新規参入も会って下がり続け、単にホムペを運営していくのには高過ぎるようになった。
その為、今年前半にサービスの質も含めて探したところ、SAKURAが価格は月額129円と群を抜いて安く、セキュリティ面などでもしっかりしているようだ。ある比較サイトでは「人気、実力ナンバー1。どこを選べばいいか分からないなら、SAKURAにしておけば問題ない」とされている。
使用料は年間1543円と1/6になるし、最少容量のライトプランで10GB、従来の12.5倍もある。まさに「懐に優しい」サーバーでここに決めた。

既に移転は終えているのだが、念の為Csideのサーバーから全てのデータを昨日ダウンロードして保存した。
その折に、改めて使用状況を見てみると、420MB(契約800MB)と意外に少ない。
2006年からの10年分のデータしか残っていなかったが、総ディレクトリー数は210で総リクエスト数は510万回、年間平均51万回だから、多くの人がよく訪問してくれたと感謝だ。

近頃は、写真や映画寸評はサボり気味で、この雑記帳の更新が多い。訪問者もめっきり減ってきていて、そろそろコンテンツの修正時かと考えている。
スポンサーサイト

女の園で紅葉狩り

2016-12-10 (Sat) 21:06[ 編集 ]
家から徒歩で15分、小田急線読売ランド駅から徒歩5分ほどの場所に日本女子大学西生田キャンパスの正門がある。門から内は女の園で、ここに住んで30年間入ったことはないが、ずっと以前から中学・高校があり、25年前に大学が出来た。現在の大学は社会学系の大学と大学院の2000名が学んでいるという。敷地は本校目白の4倍の30万㎡というから東京ドーム6個もの広さだ。

区民報でこの学部で「紅葉狩りを開催する」と載っていて、物見遊山で応募をした。師走になってから、応募が80名あったので抽選で40名にし、それを厳正な抽選をし、「貴殿が当選した」とのメールがあった。

徒歩で、案内の正門前に行って受付を済まし、首掛けタグと、4つに分けた内の一つ「SNOWグループ」と記した貼り付けシールを渡された。
時間になって、4人の女学生の案内でSNOWグループの10名は、敷地内に歩を進めた。

建物は、敷地の1/6の5万㎡というから、殆どが林や森で自然が残っている。そんな木々の中で、モミジが赤や黄色に色づいている。うちの隣家のモミジは殆ど散ってしまったが、ここは山が北風をさえぎっているようで、散り始めといったところだ。
モミジが道の脇に数多くあるのは、正門から200mほどの中・高の校舎まで、大学のある辺りになるとモミジは点在になった。
モミジの木がそれほど多くなく、その上街頭や電線も邪魔をしている、また日向と日陰の差が大きいため、写真を撮るには難しく、30枚ほど撮れただけだ。

案内の女学生が建物や学部などの説明をしてくれるが、皆一年生で初々しい。大学の会議室に入ると、女学生の「地域活動グループの活動成果発表」と、米粉を使った「選べる米(マイ)バーガー」の試食があった。試食は、地域と一緒になってのランチボックス開発の為で、各々がバンスパン3種とバーガーの中身5種から一つを選ぶ。自分は、ゴマ入りパンと桜エビコロッケを選んで席に着いた。
学生の活動発表はまだプレゼンに慣れていなく、初々しい。それを聞きながら試食し、アンケートに記入したが、味はパンは「ふつう」、コロッケは「美味しい」とした。

今回の参加での収穫は、近くにこれほど広い林や森に覆うわれた場所があることが分かったことで、次は女の園に学ぶ学生の活動に触れられたことだ。残念ながら本来の目的のモミジはその次になった。
アンケートの最後の問に、「また参加したい」に迷うことなく○を付けた。

北風の仕業

2016-12-09 (Fri) 21:25[ 編集 ]
隣の敷地内に、大きなモミジの木があるが、高さが10m程にも育ち、大きな枝がわが家のベランダに届きそうに張り出している。
隣は親戚の家だったが、ご夫婦が亡くなると子供が土地・家屋をどこかの企業に売って、越して行った。その後そこは整地されワンルームの二階建アパートになった。しかし、傾斜地で建物の石垣の一段下に植わるその木は、買主が自身の敷地のものとは知らなかったとみえ、整地の対象にはならなかった。

このミモジが若葉を付ける頃からそれが紅葉して散るまでの間、わが家のベランダから見える筈の新宿方面が隠れてしまい、目印のdocomoの尖ったビルも見ることが出来なくなる。
その景観への影響よりも困っているのは、枯れ葉の処理だ。

この数日吹いた北風が、モミジの葉を大量に落とした。わが家に入っている枝のものだけではなく、回り込む風が太い幹の上の葉も裏庭に運んだ。敷地境にある椿の葉の上にはこんもりと溜まり、お地蔵様の周りは紅い絨緞のようになっていた。
家人が「全部落ちてからのほうが良い」というので、熊手でざっと集めて隣の敷地の中に置いた。

昨夜の風で大分落ちて、葉の隙間から新宿方面が見えるようになった。案の定、家の裏庭には再び落ち葉が敷き詰められていたが、幹の周りも紅い葉がふぁふぁ状態に敷き詰められているのがベランダから見えた。

去年も一昨年もそうだったが、師走に入り西高東低の気圧配置になって北風が強い日は、枯れ葉の一団が一気に裏庭を襲うことになる。
景観や落ち葉のために、枝を切るようにと管理会社に苦情を入れれば良いのだが、そうすると持ち主は恐らく木の根元から伐採してしまうに違いない。ここまで成長したモミジの木をバッサリとは忍びなく、連絡出来ないでいる。

庭木の枝落とし

2016-12-05 (Mon) 22:13[ 編集 ]
家の庭の南側、隣との境壁の所に、常緑の大きな木がある。メジロ、ムクドリ、シジュウカラなどの野鳥が集まり、秋・冬には黒い実が美味しいのか、食べにやってくる。

家人の若い頃からだから4・50年あるようだが、木の名前は知らないという。インターネットで調べるとトウネズミモチ(唐鼠黐)という木に違いない。明治初期に中国から渡来して、在来種のネズミモチの同類であることから、その名になったとのこと。
排気ガスなどの公害に耐え、また繁殖力が強いことから、手軽に緑化できる便利な樹木として戦後になって多用されて来たと言う。しかし、在来種のネズミモチとの競合や交雑、鳥類の餌資源のアンバランス化、また糞の被害も拡大していることから、外来生物法の要注意外来生物に指定されたらしい。

わが家のトウネズミモチも根元は30cmにもなり、背丈は屋根に届くほどで、横にも伸びて、枝の半分は境界を超えて隣の敷地内にある。
その枝にびっしりと付けた葉っぱは、ベランダからの眺めを狭め、日当たりにも影響する為、高枝鋏で天辺を切るようにしている。

毎年、本格的に枝落としをしなくてはと思うのだが、なかなか思い腰が上がらなかった。しかし、昨年隣家のシュロの木が大きくなり過ぎて日当たりが悪くなったので、切って貰ったこともあり、今度はわが家の番で今年こそはと思っていた。
今年もズルズルとなってしまい、このままでは年越しになるので、12月中に枝落しをすることにした。

そして一人では大変と近くに住む長男に応援を12月の最初の日曜日に頼んだ。
電動チェーンソー、ノコギリ、枝切り鋏、脚立などの道具を用意し、午後一時にいよいよスタート。
先ずは一番隣に張り出している枝を切ることにし、自分が直径10cm程の枝の根元に上からチェーンソーを当てる。4m下の隣の敷地に落ちないように長男が枝をしっかり持つ。生木なので途中まで切ると、唸る音は大きいもののなかなか進まない。反対側から切れ目を入れてから、再び上から刃を当てて切り落とした。ズズズッと言う音とともに茂った葉と黒い実を付けた枝が、隣の敷地に落ちていくと同時に長男が引っ張る。それを切った枝の置き場に引き摺っていく。
大きい枝から小さい枝にと進め、ほぼ終わったのは一時間後だった。
下から見上げると青い空が広かった。トウネズミモチは、長髪を刈り上げ頭にしたかのようにスッキリとしていた。

ここからは、切った枝の処理。太いところはゴミとして出すが、50cmより短く、縛って出すというルールがある。チェーンソーで細かく切っていると、突然チェーンが外れた。生木で力が掛かりすぎて、締めてあるナットが緩んだためで、チェーンを掛け直して作業に戻った。
切った太い枝はまとめてビニール紐で縛る、細かい枝は、庭の一角の枝置き場に積み上げる。長男夫婦がこれに当たり、作業を完了したのは3時になり、取り掛かってから2時間も過ぎていた。

11月末日にスダチに黄色く残った160個の実を採って汁を絞り、500mℓのペットボトル2本に詰めて保存した。
そして、トウネズミモチの午前中に、来年もサルスベリの花が綺麗に咲くようにと枝切りもしていた。
これで、庭木の今年の手入れは終わった。

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。