日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

01 < 2017/02 > 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


父が遺したもの

2017-02-15 (Wed) 21:34[ 編集 ]
和室の床の間用の掛け軸で家にあるものはお経の書しかなく、日本画など絵物はないので、代わりに色紙を飾っている。
19年前に91歳で他界した父が晩年趣味として日本画を習っていて、色紙にも描いていた。

亡くなった時に、その色紙を何枚か貰ってきたが、飾ることなく屋根裏に置いてあり、リフォーム後にいざ飾ろうと出してみると、雑な保管と経年変化で飾れるものは3枚しか無かった。
達磨が2枚と桜が1枚、達磨の一枚は孫(家の長男)の誕生祝いの言葉とともに達磨を描いたものだ。数少ないので、これも交代で飾る中に入れたが、マンネリは否めない。

長男が、安曇野近辺に家族で旅行し、実家にも寄るというので、父の色紙を何枚か貰って来るように頼んだ。長兄は「もう良いのは無い」と言っていたが、持ち帰った3枚の中の2枚は花、1枚は山を描いたものだ。梅の絵は、満開の花が枝いっぱいに咲き誇っているもの、鉄線は細い幹・枝に薄紫の花が開き数匹の蜂が飛んでいるもの。山の墨絵は暗いので、飾っても見られる出来の花の2枚を選び、先ずは季節的に梅の色紙に替えた。

晩年の父は、このほかに家系を調べていた。
先祖は木曾二郎 源義仲とした大本家に伝わる書類、古くて文字も消えかかっている同姓墓地の墓石、寺の過去帳そして書籍などを長い時間かけて辿ったようだ。それを手作りの冊子にまとめ、その一冊をわが家にも貰った。
毎週の「Family History」を見て、わが家もルーツを確認しようとこの冊子を探したが、見つからない。実家に寄る長男に借りて来るよう頼んだが、持ち帰ったのは、家系をまとめた一枚の紙だけだった。実家でも冊子見当たらないとのことだ。
まとめの一枚には義仲の8代前の40数代前から長兄まで書かれていたが、生前の父はどうしても数代合わないと話していた。
これを解明し、家系図を完成するには冊子が必要で、もう一度家探ししてみようと思う。
スポンサーサイト

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.