日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

04 < 2017/05 > 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


一歳と一升餅

2017-05-08 (Mon) 16:38[ 編集 ]
去年の5月7日深夜、近くに住む長男のお嫁さんが出産間近というので、成城の病院まで車を出した。まだ早いというので返された。早朝5時過ぎに陣痛の間隔が狭まったので、再度病院に連れて行き、その6時間後に女の子が産まれた。

そんなバタバタ騒ぎから早くも一年が経ち、孫娘は大した病気もせずに成長している。
誕生日のお祝いをすると言うので、昼に合わせて長男宅に向かった。そして、息子の1歳時には考えもしなかったような、今どきの演出が準備万端で待っていた。

長男の家に入って直ぐに、お揃いのオリジナルTシャツに着替えた。食卓の壁には、Happy Birthdayのデコレーション。お昼時で孫用に出てきたのは、野菜とマッシュポテトで作ったミッフィーだ。Happy birthday to youの歌とともにママが出したのは、好きなイチゴが沢山のこれもお手製のケーキだ。これらを手で半分は落としながら口に運び、時折ストローボトルのお茶飲む。食欲旺盛で頼もしい。

食事が終わって一息つけると、いよいよメインイベントの「一升餅」の儀式だ。名前が朱で書いてある丸い背負い餅と、4つに小分けした紅白の餅が用意してあった。一升の餅は2kgほどになるから、背負い餅もそれに近い筈。それをうちからのプレゼントの小さなリュックに入れる。が、入り口が狭く入らない。それではと、代わりに同じ重さの小分けの4個を入れた。最初のうちは、なかなか立てなかったが、一旦立つとトコトコと嬉しそうに歩き回った。そして次はそのまま6枚ほどの選びカードで、どれを取るかでの将来占い。お金とマイクの二枚を取って口に持っていった。これは芸能界でお金持ちになると大笑いの大人をみて、孫も声を出して笑った。

一升の儀式は、一生食べ物に困らず、健やかなようにと願うものだが、長男も自分の信州安曇野の実家で今は亡き父がやってくれた。その時には、信州独特の風習だと思っていたが、長男が孫にこれをすると聞いて調べると、呼び方は違っても全国にあるようだ。
父が長男にしてくれたのは、風呂敷に包んだ餅を背負わせ、更に子供ごと穀物の選別に使う“箕”(みの)」に乗せるものだった。調べるとこれは信州それも中信地域だけの慣わしのようだ。10kg以上も乗せた箕を揺っている最中に、父が大きい声で何かを言っていた。後で分かったことだが『秕(しいな=中身のないもみ殻部分)は出て行け、実は残れ』だったようだ。節分の『お庭外、福は内』に似て、もみ殻のような悪い部分は出て行き、良いところだけ残って欲しいとの願いのようだ。長男の今がそうなっているかどうかは別として、
この時の写真を袋戸の奥からアルバムを出して探し出し、紙焼きにして長男に渡した。

これが終わる頃になると、大人は疲れ、元気なのは孫だけとなった。スマホでの記念撮影の後、お茶とアイスクリームで〆とした。

自分達が子供を育てた時は、初めての経験の日々というのも手伝って、分身としての可愛さだった。これが孫となると一世代離れて直接育てているわけではなく、自分の血をつないだ存在としての愛らしさに、変わっているように思う。
スポンサーサイト

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.