FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

07 < 2018/08 > 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


新盆を迎える

2018-08-14 (Tue) 13:47[ 編集 ]
仏が住むのが清らかな「浄土」で、お盆の期間には先祖や亡くなった人がそこから地上に戻ってくるとされている。日本古来の信仰と仏教が融合した行事で、夏のこの時期に先祖の精霊を迎えて供養をするのがお盆の位置付けだそうだ。

3月に同居の義母が他界したので、今年のお盆は新盆だ。長崎の「精霊流し」、京都の「五山の送り火」、富山の「おわら風の盆」などのお盆の行事は全国各地にある。わが家では、これまでは毎朝夕・仏壇に手を合わせることで済ませ、お盆にとりたてて行事をということではなかった。

義母の菩提寺が信州と遠く、4月の納骨・四十九日法要の折に、住職には新盆は親族だけのお坊さんなしで行いたい旨で了承を得ておいた。
そんなことで、新盆といっても自分たち夫婦と息子達家族の親族で、月遅れのお盆に供養をすることにした。
お盆の飾り付けと言っても、50年ほど前の故郷安曇野の実家での経験しか無く、お盆提灯とお盆飾りのセットをホームセンターで買い求め、別に果物や好物だった菓子のお供え物、生花も用意した。
セットの中身やインターネットによるお盆の飾り付け解説では、宗派や地方により違いはあるらしいが標準的なものと故郷の信州中信地区でのそれとはやはり違う点がある。故郷では、例えば盆提灯は親戚が贈りまた新盆用の白い提灯はない、張った真菰縄(マコモナワ)に鬼灯(ホウズキ)等を吊り下げることもしない、迎え火・送り火で焚くのは麻幹(オガラ)ではなく白樺の樹皮など。家人にもお盆の知識はなく、都合良く解釈して飾り付けを行った。

息子達に連絡をすると次男がお盆休みを取れないというので、一日早いが『仕方が無い』とお盆の前日の日曜日に集まり、夫々が仏壇の中央に置いた義母位牌と写真に線香を手向け、手を合わせた。お坊さんの読経がないので、これでお参りは終り。
その後は会食、法事メニューのあるファミレスに場を移した。畳敷きにテーブルと椅子の個室に、持参した遺影には陰膳が運ばれ、大人には法事向けのコース料理、子供向けにもそれなりのお善が用意されている。精進料理ではなく、肉や刺身もあり、特に陰膳には鉄製パンで焼くステーキも付いている。お客本位にめを向けた今時のファミレスのメニューの充実ぶりには感心させられる。
食事中の話の中心は、義母の話よりもそのひ孫の二人だ。陰膳も若い人達で平らげ、別腹でデザートの白玉も頂いたところでお開きにした。

翌日8月13日からが本来のお盆。夕方雷雨に見舞われる中、玄関先の軒下で迎え火のオガラを焚いた。
スポンサーサイト

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.