FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

04 < 2019/05 > 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


神田祭と三社祭

2019-05-20 (Mon) 13:56[ 編集 ]
桜の季節が終わった5月の東京は、日本を代表する二つの祭が開催される。江戸三大鎮守の一つの神田明神の「神田祭」が第2~3週にかけて一週間、三日間で150万人の人出という浅草神社の「三社祭」が第3週に行われる。

神田祭の本祭は隔年毎で、今年は令和になって初めて、文化交流館完成後初めての本祭だ。
11日の土曜日に、御神輿は少しでも仕方がないと腹をくくって、10時前に出かけ、1時間で新お茶の水に着いた。2020年完成予定の新しい駅舎の建設工事中だが、神田川に架かる聖橋も工事をするらしく欄干側に囲いがあり、神田川や丸ノ内線などは見ることが出来ない。
明神様の大鳥居をくぐってもそれほど人出ではなく、本殿へのお参りも10分ほど並んで出来た。平将門像の展示があるというので15分ほど並んだが、見終って出てくると、参拝の列は随神門まで長く伸びていた。(神田明神とは平将門のことで、将門を祀っている)
肝心の御神輿は、一向に境内に入ってくる気配がない。待機中の消防署員に聞くと、宮入は夕方からで、それまでは町を練り歩いていると言う。完全に自分の勘違いだ。仕方なく明神様を出て、秋葉原方面に御神輿を探しに行くことに。明神下の交差点までいったところで、先週来の腰痛が酷くなり、引き返して帰路に着いた。

神田祭や三社祭の見物は、写真を撮ると言う目的に加え、自分の体力のバロメーターとして位置付けている。腰痛は、ギックリ腰のようないやな痛さで、日を追う毎に酷くなり。整形外科に掛かり、鎮痛剤と湿布で手当をした。

翌週18日土曜日に予定していた三社祭行きは翌19日に延期。当日は、コルセットを付け、滞在時間も1時間以内の見物に変更にした。宮入は2時以降の予定と分かっているが、浅草の場合、各町会の御神輿は色んな場所で見られることから午前中とした。
11時に銀座線で浅草に着き、雷門脇の出口から地上に出た。広い雷門通りが車両通行止めとなり、御神輿が練っている。雷門の真ん前では、外国からの観光客が多く、大声の中国語が飛びかっている。
雷門を入ると、仲見世通りは人の波で動きが遅く、平行している店裏の通りを宝蔵門方向に行き、伝法院通りを右折した。二階や屋根に乗っている白波五人衆を撮る為だ。「弁天小僧菊之助」「忠信利平」「赤星十三郎」「南郷力丸」は見付けたが、道路に設置してある筈の首領「日本駄右衛門」だけが、御神輿の為に一時的に移動したのか見当たらなかった。
宝蔵門から本堂(観音堂)の間は、立錐の余地もないほどの人の波。本堂前の御神輿を撮ろうと、かき分けて前に進む。何とか位置をキープしても、撮る段階になるとかざしたカメラや携帯電話ばかりが目立つ。それでも10回はシャッターを切って離れた。
そろそろ予定の1時間になるので、遠回りになるが混雑の少ない花屋敷通りに抜け、ホッピー通りを通って浅草公会堂に向かった。オレンジ通りに出て、空いた小腹の足しに焼き立ての鯛焼きを頬ばり、舟和で人形焼きを土産に買って雷門通りに出た。御神輿が練り歩いていることもあって人出が多く、地下鉄への入り口までやっと辿り着いた。
地上の混雑とは反対に、地下鉄渋谷行きは空席が沢山のまま発車した。
スポンサーサイト



 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

(C) お~さま All Rights Reserved.