FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

06 < 2019/07 > 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


今年のPHOTO IS

2019-07-13 (Sat) 09:34[ 編集 ]
小雨の降る中、富士フイルム主催の「PHOTO IS 50000人の写真展」初日に行ってきた。
この写真展は、誰もが応募出来、その全部が展示されるとあって、写真好きの心をくすぐる写真展だ。2006年に10000人・・で始まり、30000人・・になり、今では50000人・・になっている。これが全国33カ所会場で順次開催されるから、日本最大級と標榜しても不思議はない。
全作品が展示とは言ってもセレクションは行われ、写真家・著名人10人が「心に響いた作品」を各10点ずつ合計100点がセレクトされ入選の扱いとなる。

ただの写真好きの自分も、デジタル一眼レフを持った2009年から毎年応募しているが、入選にはかすりもしない。
2009年冬の新宿御苑、2010年三社祭、2011年・2012年は昭和記念公園のチューリップ、2013年昼寝の庭猫、2014年の昭和記念公園の風景を挟んで、2015年・2016年日向ぼっこする庭猫、2017年古木の枝垂れ桜、2018年寝入る孫娘。

今年は撮りためた中のどれにしようかと迷ったが、砧公園の満開の桜をベースに ①見に来た子連れの家族(許可を取って撮影) ②ランニングに励む若者たち の二点に絞り、家人の勧めもあって①に決めて応募した。
自分では、かなり気に入っている作品だが、ありきたりのテーマすぎる。入選は応募した「一般展示部門」と「平成の一枚部門」が対象でこれが全体の8割とすると0.25%の超狭き門。このテーマでは「心には響く」ことは難しく、今年も無いと決めての応募で、案の定選外だった。

選外でも、自分の撮った写真が大きな会場にきちんと展示されるのは、気分が良いもので、乃木坂の会場に足を運んでいる。入院した時には、代わりに長男に会場の写真を撮ってきて貰った。

今日は初日だったが、シトシトの雨降りで、午後の会場での人出は少なかった。一般展示部門の自分の写真は、いつも通り第一会場フジフイルムスクエアの二階に展示されていて、直ぐに見つかった。周りの作品をぐるりと見ると、他の写真に比べ、自分の作はインパクトが足りないように思える。美しく撮ろうとするあまり、よく言えば絵ハガキのようにありふれていると反省した。それでも思い入れのある一枚で、返却後はパネルにして自室に飾ることにした。

更に去年から、スマホから「お気に入りの1枚」に送った写真が2L版ほどの大きさで展示されている。家には、そのコピーが送られて来ていて(有料)、去年の孫娘の写真と、今年のジイジの帽子を被った孫息子の写真とが本棚の上に並べて飾ってある。この展示会場は、地下一階のミッドタウンガレリアで、それほど大きな会場ではない。あいうえお順の展示で、孫の写真を一分もしないうちに見つけた。展示の多くが、「どうだ!」としゃちほこ張ることもない写真で、肩が凝らず楽しめた。

50000人の募集は毎年3月頃から始まるが、来年の応募に向けて、見るからにインパクトが強く、印象に残る一枚を意識して撮りたいものだ。
スポンサーサイト

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

(C) お~さま All Rights Reserved.