FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

10 < 2019/11 > 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


 朋 遠方より・・ではないが

2019-11-28 (Thu) 16:19[ 編集 ]
「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」は論語の一節だが、自分の場合は旧友が近場であってもなかなか会う機会が少ない。それが、珍しいことに今月二度もあった。

45年以上前の大学生活からそれぞれが家庭を持つまでの間、三人の仲間がいた。決まった喫茶店で会い、四人で旅行も一緒にすることもあった。それぞれが家庭を持ち、仕事上でも中堅となるに従って会う機会がなくなった。最後に会ったのは、この仲間の一人が四十歳を前にして他界した頃だったから三十数年前になる。三人の間では、年賀状で互いに「今年こそは会おう」が続いたが、誰もが腰を上げなかった。
11月の声を聞いたある日、その一人から電話があり、「同じ私鉄沿線だから会おう」と言ってきた。65歳でリタイヤした自分と違って、三つ年上で七十過ぎても未だ現役の社長だ。土曜日だが会社に半日出るのでその帰りにどうか?・・一も二もなく賛成した。
待ち合わせの駅の改札で、聞き覚えのある声に振り返ると、歳を重ねた友人の顔があった。こちらも白髪頭になり、顔にシミも出ていて、年月を感じさせたに違いない。
そば屋で遅い昼食をとり、コーヒーショップのテラス席に座った。家庭や仕事のこと、この歳には付きものの健康のこと、ブランクが長かった為か、掘り下げた話は出ない。もう一人の友人にその場でコンタクトをして「今度は三人で会おう」と誓って分かれた。

丁度その頃、松本にある高校の首都圏同期会の案内が届いた。首都圏に済む同年卒の80名ほどが対象で、毎年勤労感謝の日の前日に開催と決めてある。参加者は毎年10~15名程度の集まりだ。以前は同期女性10名のうち数名が顔を出したが、ここ10年近く男性だけの会になっている。それも、出席者はほぼ固定化してきていて、数年前に2名が亡くなり、体調がすぐれない者もいたりで、昨年も今年も10名、毎度の顔の会となった。
最初は、近い席の者と健康や家庭の話で幕開ける。今年は「XXが亡くなった」の話はあまりなく、「あいつはどうしている」「こいつは、偉くなった」「あの先生はこんなだった」の話題が全体に広がっていく。半世紀も前の僅か3年間のバンカラ校での生活だが、同期は気が置けなくて肩がこらない。適当に酒も回った午後8時過ぎに「来年また元気で会おう!」でお開きとなり、冷たい雨の池袋に三々五々散っていった。

人生最後のステージには、昔の友人や知人に会いたくなる と聞いたことがある。[むべなる]かどうかは別として、友人達の顔を見てそれも頷ける機会だった。
スポンサーサイト



秋の庭木それぞれ

2019-11-04 (Mon) 15:59[ 編集 ]
東日本は、9月初旬から10月に掛けて、二つの台風の強風・豪雨と、その後の低気圧の大雨で、甚大な被害をもたらした。わが家は風の通り道で、その都度南西方向からの強い風雨に晒されたが、幸い被害はなかった。

11月に入り晴天が続き散歩の陰も細長くなった。庭の木々もだいぶ秋の装いになって趣がある。
隣家との境に植わるトウネズミモチは、ベランダの屋根の高さを凌ぐ5mほどにもなった。全面に小さな蒼い実をたわわに付け、黒く熟すのを待っている。待ち兼ねているのはむしろ種々の鳥たちで、例年月末頃からは集まってピーピー鳴き声がうるさくなる。
その傍のモミジの葉は黄色く色づいたが、未だ紅くはならないでいる。
スダチは昨年ほどではないが700個強の実をとった。木に未だ100個も残っているが、大きく育ち深緑色から黄色になりつつある。今の実はまろやかな酸っぱさで果汁も多く、家人は旬の頃の固く蒼いものより喜んで使っている。
サルスベリは紅白2本あるが、先月末に花が終わった。この機に来年の花の為に剪定をしたので、今は寂しく太い幹だけだ。

一方、裏庭の夏ミカンは、若い枝が今頃伸びて、先週高枝鋏で切り落として綺麗にした。
木ではないが、紫陽花はどれも未だ緑の葉ふさふさ。墨田の花火が一輪の花を付けていて、これも季節を勘違いしていて秋の風情を邪魔している。

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

(C) お~さま All Rights Reserved.