FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

10 < 2019/11 > 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


つみきのいえ

2009-03-29 (Sun) 14:54[ 編集 ]
一ヶ月前の誕生日から半月ほど後に、ネットの友人が「今年は、遅れました」と好物のラスクとともに絵本2冊を贈ってくれた。絵本は「ちいさなあなたへ」と「つみきのいえ」。「つみきの・・」はあの短編アニメーション部門のアカデミー賞を受賞した加藤久仁生監督の映画の絵本版で、自分で買おうと思っていたものだ。映画はオスカーの前に6月にフランスの世界最高峰のアニメフェスティバルでグランプリにあたるアヌシー・クリスタル賞を受賞している。

絵本は、昨年の10月に上梓というからこのアヌシー賞の受賞直後の発刊で、加藤久仁生が絵を、同じ株式会社ロボットで映画では脚本の平田研也が文を担当して絵本用にリメイク・描きおろしたものだ。

映画は見ていないが、ストーリーは巷間伝えられる映画と同じく、水に沈みゆく街で暮らす老人が、積木のような家で暮らしていて、積み木を積み上げる過程を回想のシーンとして家族の生活を描いたものだ。
絵は40ページほどと絵本にしては少し多く、映画と同じように色鉛筆で描かれているが、絵本としての親しみやすさを出すためか色は映画より濃淡がないように思われる。

貰ってから三度読んだが、映画を見いてるようにシーンが展開して、読み応えがある。絵と絵の間にもこの老人が歩んだ人生のつながりを想像でき、小説を読んだ後のような感じが残った。
大人にお勧めの一冊だ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/168-165f2bef

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

(C) お~さま All Rights Reserved.