FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

08 < 2019/09 > 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


山茶花が満開

2011-11-12 (Sat) 20:55[ 編集 ]
庭の井戸端に植わる山茶花が満開だ。花の少ない時期に咲く貴重な花で、蜂たちが冬支度の蜜集めに飛び交っている。スズメ蜂や足長蜂も多く、刺されないよう、近くには寄らないことにしている。花は直ぐに散るので、庭や横の駐車場には大きめの白い花びらがいっぱいで、今朝も他の落ち葉とともに掃き掃除をしてきた。

唱歌の「たき火」の二番にも、

さざんか さざんか さいたみち
たきびだ たきびだ おちばたき
あたろうか あたろうよ
しもやけおててが もうかゆい

と、山茶花はたき火と一緒に出てくる。
この歌の作詞は巽聖歌、作曲は渡辺茂で、昭和16年(1941年)12月のNHKの「幼児の時間」で流されたという。咲く時期は、この歌詞のように秋の終わりから、冬にかけての寒い時期とされるが、今満開のうちの花は早咲きなのかもしれない。
たき火と言えば、子供たちが小さい頃の20年ほど前には、庭の真ん中に掃き集めた落ち葉を集めて、たき火をしたものだ。濡れ新聞紙にくるんだ薩摩芋を焼き、フゥフゥいって食べたが、今は消防法などで規制されていてたき火が出来ず、今の子供はこの晩秋の風物詩を知らない。

山茶花の原産地は日本で、江戸時代に長崎出島の来ていたオランダの医師がヨーロッパに持ち帰り、西欧でも広まったという。ということで、 学名も英名も「Sasanqua」(サザンカ)。サザンカの名は山茶花(中国語でツバキ類一般を指す山茶に由来)の本来の読みの「サンサカ」が訛ったものといわれる。
スポンサーサイト



コメント

倖さん> たき火は消防法のほか廃棄物処理の関係で規制されているのではないでしょうか?
ちゃんとすれば、目くじらを立てるほどのことはないと思いますが。

懐かしいです。

焚火しましたぁ(〃∇〃v)
さざんか さざんか さいたみち~♪
焼き芋が楽しみでしたよぉ(笑)
え? 今はたき火は 禁止されているのですか??
住宅が密集してきたからでしょうね。
お芋がやけるのを わくわくしながら待つことが 今の子は経験できないのね。 かわいそうに~~

今年は暑くなったり寒くなったり またすぐ暑くなったり・・・
花が季節をわからなくなってるのかもしれませんね。
いつも コメントありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/310-49df4a28

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

(C) お~さま All Rights Reserved.