日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

09 < 2017/10 > 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


三日連続の麺類の昼食

2012-03-23 (Fri) 17:59[ 編集 ]
普段の昼食は、オフィス近くの店先弁当やコンビニおにぎり、時折玉子屋の配達弁当の世話になっている。
今週は珍しく、三日間お店での麺類だった。麺と言っても、二日間は丼物も付いてはいたか・・。

水曜日は、新橋の「美々卯」で、「季節の野菜天丼とうどんのセット」をご馳走になった。「うどんすき」で名の通った店だけあって、素材にこだわった天婦羅も美味いが、のど越しのよい麺、生麩、ワカメ、薄味の汁のそれぞれに老舗の看板に偽りがない。
その看板だが、「美々卯」のもとは、大阪・堺で200年続いた老舗料亭「耳卯楼」で、大正末期に麺類専門店として「美々卯」と改め、関西だけでなく東京にも6店もあるらしい。それだけに、老舗のこだわりもあって、例えば麺類の出汁は、各店で毎朝かつお節を2時間かけて引いているのだそうだ。

木曜日は虎ノ門にある「砂場」。砂場は、更科・藪と並べ称される老舗蕎麦屋だが、大阪を起源としていて、江戸時代に江戸に進出したらしい(神田多町の「砂場」は大正末期に出来たもので別系統)。
ということで、風情のある古い建物のこの店の正式名は「大坂屋 砂場 本店」という。11時半過ぎというのに人が並んでいる。10分ほど待って趣のある店内に入り、注文したのは、冷たい蕎麦とシラスご飯のセット(1000円)。
出てきた細切りの蕎麦を、濃い目の汁にネギとわさびの薬味でいただく。麺はしっかりと打たれていて、かなりシコシコだが喉越しは滑らかで、5分ほど離れた同系列の砂場西新橋店のものとは違う。この蕎麦は薬味・汁・麺のバランスが絶妙で、完成された味で列ができるのも分かる。炭水化物ばかりだが、しらすご飯もシソと生姜が入り、あっという間に完食した。

金曜日は、小田急沿線の駅ソバとして知られる小田急レストランシステム経営のスタンドそば「箱根そば」で、「海鮮かき揚そば」430円をいただいた。
サッと湯通しした蕎麦の上に天婦羅を乗せ、薬味のワカメ・ネギを入れて汁をかける・・30秒も経たずに出てくる。自慢の「海鮮かき揚げ天」は季節限定で、海老、あさり、小柱などがたっぷりと入り、サクサクした歯触りも良い。生麺を茹で上げたそば、だしの効いた汁と庶民にはぴったりの味だ。
ここの蕎麦は、立ち食いと馬鹿に出来ない美味さで、年に何回かは食べたくなって立ち寄る。
スポンサーサイト

コメント

お蕎麦はカロリーが少ないので 最近よく食べるようになりましたが やはり丼がついてるのがいいです~笑
しらす丼は前に熱海で食べたことがあるけど ごはんが進むくん♪♪ おいしいですよね。 
駅の立ち食いそば~( ̄¬ ̄*)じゅる
ホームに漂う 食欲をそそるあの匂い!!
OL時代、何度も何度も食べたいと思ったものです。
当時女性は入りづらいとこでしたが 今はどうなのかしら?
あっ! この年なら 大丈夫かも?^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/333-db4ab27e

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.