FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

10 < 2019/11 > 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


近藤愛選手、残念

2012-08-09 (Thu) 21:20[ 編集 ]
ロンドンオリンピック、セーリング女子470級で近藤愛・田畑和歌子組がメダル獲得を逸した。直前の世界ランキングが1位だっただけに、第10レースまで終えて14位にとどまり、上位10艇による最終レースに進出できなかったのは何とも残念だ。

2008年北京オリンピックでも、近藤・鎌田組は世界ランキング1位で臨んだが、全19チーム中14位の成績だった。
鎌田の引退後、近藤は田畑という世界トップレベルの選手と組み、「ドリームチーム」としてメダル確実と言われロンドンに入った。ロンドンはそれまでと違い、何名かのサポートスタッフとともに現地で準備を整えていて、周囲は大きな期待をしていた。
この結果に、一番残念・無念に思っているのは選手であり、サポートスタッフであり、家族であるのだが、自分も秘かに応援していたので、少し気落ちをした。

スキッパー(艇長)の近藤愛選手は31歳になるが、彼女が高校生のころに会っている。それは彼女の父親の葬儀の時で、自分は参列者の一人、勿論彼女の記憶に残っている筈もない。
15・6年前にもなるだろうか、前職で販売推進部を担当していた時のメンバーに、いつも笑顔を絶やさない「近ちゃん」が居た。担当して半年ほどたった時に彼が突然入院をした。八王子の病院に数度見舞いに行ったが、大病を患いながらも笑顔で迎えてくれたのが忘れられない。彼は/不治の病を克服できず、仕事に復帰することなく40代で逝ってしまった。そして、通夜・葬儀の親族席にお母さんと妹さんとともに、高校生の愛さんが居た。

愛さんは、父親の他界後も小学生から入っていた横浜のクラブで練習を積んでいたようで、アジア大会への出場が決まった折には、お母さんから喜びのメールを頂いた。

そんな縁から応援をしているのだが、セーリングのテレビ中継はなく、インターネットでレース結果の確認をする日々だった。
ネット情報によると、メインセールのロープが突然解けてしまいセールが落下するというトラブルや、ブラジル艇の進路を妨害したと認定されての失格などで、実力が発揮できないまま競技終了を迎えてしまったようだ。

オリンピックに2度も出場。いずれもメダルへの期待は裏切ってしまったが、二十数年間の努力に、惜しみない拍手を送りたい。
オリンピック前の紹介映像にあった愛さんの笑顔が、驚くほど近ちゃんのそれに似ていた。天国の近ちゃんもあの笑顔で拍手をしているに違いない。
スポンサーサイト



コメント

想いが伝わってきました。

ちょっと 涙でちゃいました。
40歳で他界していった近藤さんの想いを
お~さんも 一緒に背負っているような気がしました。
テレビ放送がなかったのは残念でしたね。

メダルに届かなくても、頑張った選手にエールを送りたいです!
頑張ってる人 大好き!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/365-7058566e

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

(C) お~さま All Rights Reserved.