FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

10 < 2019/11 > 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


夏の風物詩還燈会

2012-08-26 (Sun) 14:08[ 編集 ]
自宅と谷間を挟んだ向こう側に公園墓地「春秋苑」があり、丘陵全て墓地となっている。宗教・宗派問わずという墓地だが、運営母体は浄土真宗の名刹信行寺だ。
この寺の夏の行事として、生田の送り火「還燈会」があり、数千の灯明が飾られ、大法要が行われる。第24回とポスターにあり、今ではこの近辺の夏の風物詩となっている。今年はイベントとして、ロック歌手宇崎竜童のライブ、被災地気仙沼の子供達による「美和太鼓」の演奏、花火の打ち上げがその内容だ
昨年は、夏川りみのライブだったが、今年もライブをと6時半に間に合うように家をでた。

本堂前の駐車場が宇崎竜童ライブの会場だが、既にびっしりの人で、舞台は人の頭の間に見える程度。昼間の猛暑の影響と人いきれで汗が垂れるほど暑い中、予定時刻ぴったりにロックライブが始まった。
「サクセス」「ロックンロール・ウィドウ」などヒット曲が続き、観客も一緒になって歌うなど盛り上げも上手く、あっという間に予定の1時間が過ぎた。曲は、山口百恵のものが多いが、それもその筈で百恵ちゃんが17歳から21歳の引退までの間に、彼が68曲を提供したという。そしてライブの最後も、百恵ちゃんが日本武道館でのファイナルコンサートの締括りに歌った「さよならの向う側」だった。
宇崎竜童は1946年生まれというから、今年66歳の筈。熱唱やアクションはその年をまったく感じさせないもので、自分がその年になった時どうだろうと考えさせられた。

家に帰ってから暫くすると、10分ほどと短いものの墓地の夜空に大輪の花火がお腹に響く音とともに上がった。
毎年、これが過ぎると秋が近づく。
スポンサーサイト



コメント

宇崎竜童さんは根強い人気がありますね。
先日家の近くで「宇崎竜童」と描かれた車を発見したばかりでした。
曲はたぶんいろいろ知っていると思うんですが、
なんとなく~ほら。ちょっと怖いイメージがあって、
近づかなかった私でした(笑)
でも、きっと今なら すっと受け入れられるのかも…って思ったりしてます。
「さよならの向う側」は大好きな曲でした。
百恵ちゃんは同年代ということもあって そうそう。パッチワーク展も見に行ったことありました。
懐かしいわ~♪
今66歳といえども みんな元気!元気!!
心も体も若いですよね~
私たちも 負けないように ハツラツとしていましょうね。
\(^∀^)メ(^∀^)ノ

真夏の暑さとはちょっと違う 粘り気のある暑さ?(笑)
夏の疲れがでませんように…
ファイトです!!←ww 私は元気じゃないときはめったにないので、今日も全開です。
パワーを置いていきますね。(≧▽≦)))♪♪ 



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/368-c18c3f0a

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

(C) お~さま All Rights Reserved.