FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

10 < 2019/11 > 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


年に一度の集い

2012-11-23 (Fri) 09:53[ 編集 ]
高校は、故郷の近くの長野県松本市の県立校に通った。ベビーブーム、今で言う団塊世代の末期で一学年444名以上、クラスも10もあった。各クラスに女子は3名で、旧制中学からの歴史ある学校で、校訓に「質実剛健」や「大道闊歩」などを謳っていてハイカラに対するアンチテーゼである「バンカラ」の名残があった。各人が選択した65分授業2週間毎の時間割で、ホームルームは2週に一度30分だけなので、クラスメイトという感じの者は居なく、仲間と言えば、第何回卒という大括りになる。
その仲間達の首都圏在住の者の集まりが年に一回あり、昨年からは勤労感謝の日の前日夜と決まっていて、今年も永久幹事の呼びかけで集まった。場所は、同窓生の女性が開いている信州料理の店だ。この女性は所属していた演劇部の3つ下の後輩に当たり、同窓演劇部の集まりで数度来たことがある店で、四谷三丁目の駅の直ぐ傍という場所もあって、それなりに繁盛している。

6時の集合時間に間に合うよう着き、店の扉を開けると窓際の席に7・8人がいるだけでやけに少ない。80人ほどは首都圏に居を構えている筈で、以前は25人ほど集まったこともあり、今日の参加者が11人と聞くとなんとも寂しい。
定年で引退した者、引き続き現役で働いている者、会社を経営している者、上場会社の役員をやっている者など、今は様々だが、話題が四十数年前に遡るとその違いも消えるようだ。
しかし、400人以上の同学年とはいえ、個人別時間割の影響で11人のうちの半分位は高校時代に一緒に学んでいなく、学んでいたとしてもよく覚えていない。みんなも同じで、やはり自己紹介をということになり、一人ひとりが高校卒業後の変遷と現在を語ることになった。
そんな一人ひとりを見ていると、それなりに歳を重ね、だいぶ老けてきていると感ずる。そして自分もだが持病持ちで病院通いの者も多い。そのうえ雑談の中で「○○が亡くなった」などと聞くと、日ごろ若いつもりでいるが、年齢を感ぜざるを得ない。
11人がワイワイガヤガヤ、3時間が過ぎて、この会から出す卒業生全体の東京同窓会の幹事を欠席裁判で決め、来年の11月22日に会うことを誓ってお開きとした。

帰りの電車の中で、ずっと懇意にしていた松本に住む仲間のことを思い出し、年賀状だけでなく、何年かぶりで電話をしてみようと思った。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/383-30ea46b3

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

(C) お~さま All Rights Reserved.