FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

06 < 2020/07 > 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


入院、手術、、、

2014-07-15 (Tue) 16:22[ 編集 ]
人生三度目の入院、二度目の手術だ。手術は小学6年生の時に姉の虫垂炎の見舞いに行って、こちらまで虫垂炎になり、ベッドを並べて以来。それに25年前の尿管結石での4日間の入院を加え、三度目の入院だ。

前にも書いたが、今回のは少し厄介で、頸椎を4本夫々1/4程切り取り、別の支えを入れ固定するというものだ。

入院初日は、朝8時半の到着から入院そのものの手続き、様々な同意へのサイン、手術前検査で慌ただしく過ぎた。

翌日は手術前日。午前中、医師から首上の髪カット=剃り上げ指示書を片手に院内の床屋に行った。高校1年以来のショートカットにする。行きつけの床屋に以前から、ユニクロの柳井社長のような髪型を勧められていたこともあって、予め社長の写真を用意してご主人に「こんな風に」と注文した。「あの形ね」と言うと、バリカンと鋏、カミソリで瞬く間に仕上げ、床にはこんもりと白髪混じりの髪の山が残った。この日の為に1ヶ月白髪染めを止めていたこともあり、刈り上げた両側面が真っ白なオジイに変身した顔が鏡に映った。洗髪の後、ご主人か「記念写真を撮りましょう」と、iPhoneで写してくれた。「剃った境は4・5日で分からなくなりますからね」の声を後に床屋を後にした。その後、清潔にする為、シャワーを浴び、髭剃りをして明日に備えた。
夕刻に、麻酔科の医師から明日の詳しい説明を受け諸同意を取られた。

金曜日朝9時からの手術開始。家族は終了後の医師説明まで院内で待機だ。5分前に車椅子で出発、エレベータ前で家族とは分かれ、いざ出陣の心境になる。
9時はラッシュ時で8つある手術室もいっぱいだという。予備室前で順番待ちの後、氏名などの確認をし、隣接の手術室に入った。手術台横のベッドで、種々の計測チューブを繋がれる。「薬を入れて行きます」の声が聞こえ、主治医で執刀医の助教授が、見学学生に何やら注意を与えたところまで記憶がある。

「分かりますか?」の声で麻酔から覚めた。ぼんやりした視界に家族が入ってきた。酸素マスクと両腕にチューブが繋がれて居るのが徐々に分かってくる。尿導管もつながれているようだ。場所はナースステーション横の処置室だという。

時刻は1時半頃という。あれから4時間半経ったことになる。9時からの手術は予定通り2時間で終わり、家族への説明では上手く行ったとのこと。切ったのは10センチ強らしい。点滴で痛み止めは入れている筈だが、傷口辺りに鈍い痛みがある。

それから3日が過ぎた。チューブも点滴も取れて、トイレにも付き添い無しで行けるまでになった。手の痺れや脚のモヤモヤ感は残っているものの、リハビリも開始して回復は順調のようだ。
夕方、主治医が若い医師を数名連れて診察に来てくれた。話しをしているうちに「今週末にも退院出来そうだ」と言うので、「術後一週間では自信がないので、せめて抜糸の来週末まで居させて下さい」とお願いしOKを貰った。

病室から青空見える。外は真夏日に熱帯夜らしい。もう10日ばかり避暑地滞在を決め込もう。

珍しい事があった。小生の苗字は多いほうではなく、若い頃に東京の電話帳で調べたら88軒だけだった。その同姓の女性が、同じ整形外科に入院し、手術開始も9日の9時と同時刻だったらしい。看護師が「向こうの方も気にしてるようですよ」と言うので、昨日二つ横の部屋に居るかの女性に挨拶に行ったてきた。ご主人の父上と小生が同郷のようだ。安曇野でこの姓を名乗る家は、何らかの親戚関係があると聞いて居る。とすると遠い親戚ということか。何とも珍しい出会いだ。
その女性か笑いながら話すには、小生の手術後に家族を呼ぶのに彼女の家族が行ってしまったらしい。
スポンサーサイト



コメント

>倖さん ありがとうございます。手術にはそれそ度不安とか恐怖はなく
臨めました。
終わってみて、事前に残ると言われたとはいえ指先に痺れがあり、逆に「これで症状良くなってくれるか」が心配になってきました。
今は、一所懸命リハビリをするだけかなと思っています。
同姓の人のご主人が、小生の田舎の本家の親戚と分かりました。だから、7・8代まで遡ると根っこに繋がりますね。奇縁です!

無事に手術が終わってほっとしました。

痛々しいです(/へ\*)))


今は手術後の痛みはほとんどないみたいなんですけど、どうですか?

失敗はないと言われていても、不安でしたよね。

成功でほんとによかったです。
お疲れ様でした。
しばらくのんびりしてくださいね。

看護師さん、男性でよかったですね?(笑´∀`)ヶラヶラ

同郷の方が同じ時間に・・・すごい!偶然ってあるんですね~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/456-7d0601e7

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

(C) お~さま All Rights Reserved.