FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

09 < 2018/10 > 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


二つの訃報

2015-09-08 (Tue) 17:51[ 編集 ]
朝起きて、いつものようにパソコンのYahooニュースを見て驚いた。「小林陽太郎氏死去 元同友会代表幹事、富士ゼロックス元会長 82歳」とある。既に8年も前にもなるが、富士ゼロックス関連の会社に27年も勤めたことがあり、その会社の取締役をやられていたからだ。小林氏は、企業市民としての責任を進めるとともに、個々人の働き方を重視した新しい働き方をグループに浸透させた。またTQC全社的品質管などの経営手法も展開し、グループ社員にとってはカリスマ的存在だっただけに経営から引退したといっても、衝撃的だったに違いない。
小生にとっては、四半期に一度の取締役会で業績報告をする立場だったが、100%出資といえども独立した会社としての独自な活動の良き理解者であった。
仕事に直接関係ない話だが・・・
この関連会社の創立20周年事業のニュージーランド旅行にも夫妻で参加してくれたが、帰りの飛行機で小林氏夫妻の席が小生と会長(富士ゼロックスの元専務)が並ぶ直ぐ後ろの席となった。小生と横の会長に『やぁ』と声を掛けて後ろの席に着き、すぐに読書に入ったが、近寄りがたい存在の小林氏が背中の後ろにいると思うと落ち着いた気分にはなれない。『未だ読書中です』『お休みになりました』などと会長と小声で話したことがあり、これを書いていて思い出した。
小生の40代後半から50代前半に、稀有なリーダーの下で関連会社の経営にタッチできたことを感謝するとともに、冥福を祈った。

小林氏の訃報報道を新聞で確認しようと新聞を広げ読んでいたが、すぐ横の著名人の訃報欄に知っている人の名前を見つけた。『百瀬信一郎さん(宮地エンジニアリンググループ監査役)8月28日心不全で死去』とある。高校の同学年の首都圏在住者の集まりが毎年ひらかれるが、3年前には20人ほどが集まった。百瀬君は久しぶりに顔を見せ、この時には宮地鉄工に居るといっていたのを思い出し、会の幹事をお願いしている友人に訊ねるとやはり本人に間違いなく、心筋梗塞だったらしいとのことであった。その後名刺を探したが、そこには宮地エンジニアリング 橋梁本部長の肩書きがあった。そういえば集まりで『橋を作っている』と言っていた。『偉くなると、心身ともに大変だから気をつけないと』と皆から言葉を掛けられていたが、やはり心労が響いたのだろうか、冥福を祈った。

高校を卒業して50年近くになるが、未だ亡くなった人は多くない。5年前の同窓会名簿では同学年普通科の卒業生401人中24人に鬼籍に入った印の黒丸がついている。5年前で6%だから、現在では10%を上回っているかも知れない。
この集まりは、毎年勤労感謝の日に開催されることが決まっているが、今年の会ではお互いの体調の話題とともに百瀬君ら亡くなった方々に話が及ぶに違いない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/501-fb6977e8

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.