FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

07 < 2018/08 > 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


春一番、池袋に出掛けた

2016-02-15 (Mon) 14:47[ 編集 ]
昨日14日の日曜日、いささか荒れ気味の風雨の中、久しぶりに都会に出た。
知人から紹介された池袋での出版セミナーに出る為だ。強風で電車が遅れることを避けるため、最寄りの東池袋までは出来るだけ地下鉄を利用し、受付開始の30分前に到着し、コーヒーショップに入った。

講演では、2人の著名講師が一時間づつ、執筆の極意や電子出版について話してくれた。前半は140冊もの本を出している講師が、とうしたら本を書けるか = 執筆の秘法について講演。立て板に水の話に為る程と感心はしたが、自分は残念ながらHowtoにチャレンジするほどの経験は持ってはいない。関心があったのは、後半の電子出版についてのほうで、著者120人書籍150冊の編集を担当したという講師が担当。1時間の制約の中で具体的な話は少ないものの、Amazonなどでの出版の中身について聞け、頭の中が大分整理された。

毎日曜日午前は養護施設の義母の所に行くのだが、それを前日に済ませての池袋行きだった。朝の電車に家人からメールが入り、次男夫婦が午後来たいと言っているということで、講演会後直ぐに会場を後にした。
雨上がり、春一番の風の中、帰りの池袋駅までは人混みの中徒歩で10分強。早足でしかもこの時期には異常な23度もの中、予め春物を着ていたが汗がにじんだ。東武デパートで、ケーキでも買おうと食品売り場に入ると、バレンタインデーのためか人でごった返していた。今日らしくとカップ入りのティラミスを4個買い、久しぶりに山の手線に乗った。

山の手線に揺られながら、45年ほど前の電電公社に勤めていた時に、この線を使って池袋にあった教育施設に通ったことを思い出した。近代化され風景は様変わりしている筈なのに、記憶が甦ってくるのは不思議なことだ。二十歳になるかならないかのあの時期には、白髪頭になる自分を想像しようもなく、毎日を何がしらの悩み抱えながら過ごしていたと思うのだが、それが仕事なのか、大学のことなのか、恋愛なのか・・・。先日テレビの番組で「去年の今頃、何を悩んでいたのかはみんな忘れている」と聞いたが、これだけの年月それを思い出せないのは当たり前だ。

次男夫婦は、チョコレートと寒がりの親父にとジャケットを誕生日前に届けてくれた。
春一番から一転、今日からまた西高東低の寒さが戻ってきて、朝の散歩も息子の読みどおりジャケットが役立った。今年の花は終わったかに見えた裏庭の椿は再び蕾を開き、二つの色が半々のものを見つけて玄関に一輪挿しした。梅も満開までにはもう少し、スギ花粉は未だ飛び始め。三寒四温ならぬ四寒二温の日々だ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/523-7a560b41

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.