FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

07 < 2018/08 > 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ハットと写真展

2016-07-17 (Sun) 21:06[ 編集 ]
昨日食料品を買いに出かけた折に、早くも夏衣料のバーゲンセールかあり、夏仕様の帽子も並んでいるので、覗いてみた。
これまではといえば、ベースボールキャップか冬用ニット帽しか被ったことがない。夏になって暑さ対策もあってか、色々な形の帽子が目に付くようになり、自分のような年配者にも中折れ帽(ソフトハット)が多いようで品揃えも豊富だ。つばの短いものをいくつも試着してみたのだが、形は気に入っても小さい。頭の大きさは気にしたことはなかったが、Mサイズでは小さくてきつく、58cm以上のLサイズは品揃えが少ない。
家人が食料品の売り場に行くというので、その間に他の売り場に行ってみると、つばの短い中折れ帽の品揃えもあり、Lサイズの用意もある。同じLでもきついものが多く、ようやくピッタリ来るものを見つけ、サイズ優先で買い求めた。

日曜日の朝、その中折れ帽を被って、富士フイルムスクエアで開催されている「30,000人の写真展」に出掛けた。陽射しはないが蒸し暑くて、乗った弱冷房車の中でも帽子も脱ぎたい。従来愛用のAdidasのキャプならバッグに入るが、この帽子はそうにもいかない。意外に暑いものだと思いつつも被り続けた。
東京ミッドタウンは前々職では仕事でよく行った場所だが、今はこの写真展に年に一回訪れるだけだ。
今年の出展作品は、花にするか猫にするか大いに迷いそれでも決まらずに、外に出て庭猫があくびをする姿を撮りそれを出すことにした。夕方で露出が足りず暗い写真になったが、写真の店で明るく焼いてもらった。そして、その店の机で応募用紙に張り、店に事務局送りも頼んだ。
そんなバタバタだから、入選にあたる「心に響いた100選」への期待もしていなかったが、見るだけは見ておこうと足を運んだわけだ。

東京だけで会場は3箇所に分かれるが、応募の「一般の部」はスクエアの1階・2階で、自分の作品のある神奈川県は毎年2階になっている。開場の10時直後で人も少なく、係の女性に「あくびの猫」の凡その場所まで案内してもらい、最上段の猫を背景にスマホのシャッターも押してもらった。
他の出展者へのメッセージカードを数枚「絆ポスト」に投函し、知り合いの作品探しに移った。馬と厩舎員を写した作品も直ぐに見つかり、感想をカードに記してポストに入れた。

最後にアンケートを記入したが・・・
100選の選び方に付いて、10人の審査員のうち半分(なぎら健壱、広瀬すずなど)が写真家以外のいわば素人。出展者は悩んだ末にこの一枚と思って出すのに、半数は素人審査員の好き嫌いが選ぶ基準によるものになっていないかと。

帰りの電車はクーラーが効いて快適だったが、駅から家までの上り坂でびっしょり汗をかき、帽子を被り通した頭の中もしかりだった。シャワーに直行したのは言うまでもない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/539-b39435f8

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.