日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

04 < 2018/05 > 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


今年のスダチ

2016-09-15 (Thu) 18:59[ 編集 ]
今年のスダチ

毎年9月になると、庭のスダチが収穫期を迎える。
今年は初夏に今までとは違い、木が白く見えるほど多くの花をつけた。この分ならば、秋には今までの何倍もの実が収穫できるとほくそ笑んだほどだ。
ところが、花が散って後に出来た小さな実は、ポロポロと落ちて去年のように不作に終わるのではと心配した。
夏を過ぎて秋口にかかると、夏の天候不順で実は小さく固いものの、意外と沢山が残った。実が大きくなるのを待つため、収穫を去年より1週間以上遅くして、雨天の合間をみて採ることにした。

日差しと籔蚊対策で帽子に、サングラス、長ズボンの格好、手には刺対策の軍手をはめ、高枝鋏に剪定鋏を持っていざ。
高枝鋏で複数の実の付いた枝ごと切って、一ヶ所に置く。これを繰り返すこと3・40分、大分集まったので、実はバケツに枝は地べたにと分ける。バケツに入った実は、山になり崩れてこぼれそうになった。
次は、人に上げる形の良いものと、そうでない家使いのものとに分けた。

兄弟、親戚、知り合い、ご近所と毎年10軒以上にあげるのだが、これには全部で250個以上が必要、いま採った分で何とか足りそうだ。家使いのものが30個ほどだから、今日は300個程を採ったことになる。木を見るとまだ100個以上残っているので、豊作とまでは言えないものの、水やりだけで肥料も与えず、剪定も周りの雑草取りもしないにしては上出来だ。

手渡しできない遠くの5軒には、25~30個づつ送るのに小箱が要るのだが、その手持ちは少なく、郵便局でゆうパック用の小箱とレターパックを買い発送した。
昨年はスポーツジムのスタッフに持って行ったと思い出し、残った20個程に低い枝のものを追加で採り、持って行くことにした。

庭の農作物を「秋の味覚をどうぞ」と必要かどうかも聞かずに送り届けている。果汁の酸っぱさと爽やかな香りで旬の食材の味を引き立て、食欲の秋を一層楽しんで貰えていればいいのだが・・。

スダチとカボスは良く間違えられるが、外観は、カボスの方がスダチの2倍~3倍ほど大きい。
味は、あるサイト(注*)の表現を借りれば、
スダチはピリッと酸味が立っている感じで、例えるなら白い割烹着できりっとしたたたずまいの板前さん。
カボスは、酸味が抑えられているような感じで、なんでも受け入れてくれる肝っ玉母さんのようのことだ。

(注*)「マダムエムの気になる話題」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/543-fdf3d058

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.