日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

04 < 2018/05 > 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


黄色いスダチも旬

2016-11-12 (Sat) 17:23[ 編集 ]
毎年9月に入ると庭のスダチ実る。今年は例年並みの実りで、柑橘の爽やかな匂いとツンとした酸味を近所や知り合いに届けた。

スダチは他の柑橘類同様にトゲがあり、それも緑の葉っぱに隠れて、取った後には、腕と言わず脚と言わず、方々に傷が残り、厄介なものだ。
その上、高所の枝は陽の当たりがよく大粒のものが沢山成るが、これを取るには高枝鋏を使い、幾度となく上げ下ろしをするので、筋肉痛が待っている。
そんなだから、青い実を全て取れるわけではなく、今年は9月に3~400個ほど取った。

西高東低の気圧配置の報を聞く頃になると、スダチ葉が次第に落ち始め、それとともに実が黄緑から黄色にと色づく。これにより隠れていた実も姿を現すのだが、9月には残り100個ほどと見えたが、10月末にみると300個以上ありそうだった。
家人はこの頃の実の方が、柔らかくて搾り易く、味もまろやかさがある酸っぱさで、使い勝手が良いという。一般には、店先に並ぶ9月が旬だが、わが家では晩秋が旬だ。

柑橘好きの姉に追加要望を聞くと「是非に」というので、小箱一杯80個を送ったが、黄色い実は未だ沢山枝に残っている。
豊作の年には、庭猫のことで迷惑も掛けているし、お金も掛からないのだからと、道を通る人向けに「ご自由にどうぞ」と置いている。いつもは固い青い実、今年は黄色に変わるがやることにした。
そうと決めたからにはせっかちに翌朝置こうと、剪定鋏と高枝鋏で小一時間かけ陽は傾くころには150個ほどを取った。それでも木の天辺付近を中心に、半分ほど残っているのだが、これは家用にということにした(写真)。

翌日は一日中雨で延期、そして次の朝、ダンボール箱に入れ、「自宅で取れたもの」「味はまろやか・香りはそのまま」「ご自由に」の紙を付けて、門の脇に置いた。
直ぐに、2匹の犬を連れたカップルから「貰って良いか」と声が掛かり、「どうぞ、好きなだけ」と返すと、備えたビニール袋に6・7個入れて持って行った。
その後、久々に知人と昼食を共にするために出掛け、夕方帰りがけに見ると箱の底に30個程残っていた。勿体ないので、明朝置くことにした。

去年のスダチは不作、今年は豊作、来年はこうして置くことが出来るほどたわわに実るだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/548-fd5533a5

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.