日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

04 < 2018/05 > 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


フキノトウを撮る・採る

2017-01-27 (Fri) 15:39[ 編集 ]
週に4日行くスポーツジムの階段の踊り場から、大通り沿いの梅の大木が見える。この梅は一月中旬には花をつける。今年は更に早く大寒の20日には満開で、大木が白く包まれて見えるほどになった。

毎年この近くの梅林の土手にはフキノトウが出て、春を撮りにそして春の味覚を採りに行く。去年の日記を見ると27日に行って未だ早かったとあった。しかし、今年は梅の大木の開花が早かったことから丁度良い時期ではないかと、去年と同じ日のジム帰りに寄ってきた。

梅林は数年前に殆どが伐採され、数えるほどしか残っていないが、丁度見頃に咲いていた。
土手に回り、花の蕾のフキノトウを探すが、小さなものだけしか見当たらず、数も多くない。レンズを向けるにも落ち葉の影に小さいものしかなく、なかなか春を撮りきれない。また、小振りで固く、根元を手で千切ってもきれいには取れない。

土手に上って残った梅ノ木の下を見て驚いた。既にフキの葉が地面いっぱいになっている。しかも、例年はまばらにある葉の傍で花になっているフキノトウもあるのだが、それが全く見当たらない。葉の下に隠れているかと言うとそれも見えない。
例年と様子が違うのは分かっても、早いのか遅いのかは分からない。

梅の木の辺りは諦めて、土手の斜面に戻り、落ち葉を突き破って顔を出しているフキノトウを見付けてはもいだ。ビニール袋の中に30個ほど溜まったので、春のほろ苦さを味わうにはこれで充分だろうと帰ることにした。
晩ご飯の時には、味噌炒めになって出てくることだろう。

蕗の薹の 舌を逃げゆく にがさかな  (高浜虚子)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/557-d7d0dada

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.