FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

09 < 2018/10 > 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


三社祭・半日

2017-05-20 (Sat) 21:02[ 編集 ]
先週末は雨に祟られて、二年に一度の神田祭は撮りに行けかった。
今週はと心待ちにしていた浅草神社の三社祭は、朝から快晴だ。真夏日の予報で、長時間はきついので、午前中だけの予定で9時前には家を出て10時過ぎに雷門に立った。
さすが観光地、既に混雑していて、ヒジャブに派手な花柄の着物姿や短パン姿の大男など外国人が目立ち、記念撮影をしている。仲見世通りは混雑だし、神輿はまだこの通りには来ないので、既に神輿が動き出したと思われる浅草公会堂の通りに向かって、空いている裏通りに入った。

公会堂が近づくと、予想通り太鼓や笛の音に混じってピッピッのホイッスルが聞こえる。公会堂通りに出ると、神輿が伝法院通りに向かっていて、その後ろからも続々と神輿が連なってくる。担ぎ手の「オイサッ オイサッ」の声と周りの手拍子を見聞きするだけで、体にパワーが入り込む。
見物の人の波を掻き分け、神輿の全体が入る位置につく。そこでカメラを頭の上に掲げて、他のカメラや携帯が入らないようにしながらシャッターを幾度も押した。
外国人が神輿で携帯を向け撮ろうとし、法被姿のオニイさんに叱られていて、少しは祭のマナーを調べてくれば良いのにと思ったりする。

直射日光は、真夏のように強く、担ぎ手も汗びっしょり。こちらは帽子にTシャツ姿だが、それでも汗ばむ程だ。屋根の上に乗った鼠小僧を右折して神輿と一緒に伝法院通りをゆっくり進んだ。

この浅草公会堂向かいの呉服屋の屋根に立つ鼠小僧の像は、以前からあったものを、平成中村座で歌舞伎「野田版鼠小僧」を演じた故中村勘三郎(2012年没)を偲んで、勘三郎バージョンにリニューアルしたそうだ。

神輿はやがて仲見世通りを左折して浅草寺本殿に向かうが、ここには見物人が山となっていて、法被姿の整理係が声を張り上げている。宝蔵門をくぐる神輿を撮る為に仲見世の裏通りを先回りしたいが、狭い通りでもなかなか渡れない。それでも「スミマセン」の連発で渡り、宝蔵門に行くと意外と隙間があり、柱に張り付く形で陣取った。数本の動画を撮ったが、中には荒れた神輿があって、見物客に向かい危ないのであわてて避けた。

本殿前で暫く撮ってから本殿に入り、見下ろす人の群れがびっしりで改めて驚いたが、既に正午を廻っていてそろそろ帰ろうかという頃でゆっくりも出来ない。また人垣を分けてようやく花やしき方面の道に出た。

軽く腹ごしらえをと焼き鳥を頬張り、甘味もと舟和で「芋ようかんソフトクリーム」なるものを試した。仲見世通りに戻って、土産の人形焼と揚げ饅頭を買って、銀座線浅草駅への階段を下りた。
家に帰り、シャワーを浴びたが、顔と腕に日焼けがやけに目立った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/565-785d4ce8

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.