日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

09 < 2017/10 > 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


庭猫ウシの最期

2017-08-04 (Fri) 13:58[ 編集 ]
2歳位に見えるホルスタイン模様の野良猫がやって来たのは、今から7年程前のことだ。呼び名はその模様からウシと付けた。最初は、先住2匹の猫のエサを横取りしに顔を見せていた。それに慣れるに従って、オス猫が自分だけと分かったのだろう、我がもの顔で仕切るようになり、とうとう居ついてしまった。

そして翌年には、先住の三毛猫のニャーに強引に迫り、自分と同じ模様のオス猫を産ませた。ウシの子だからウシコと名付けたこの子が、自分の子と知ってか知らずか、食事の時も昼寝の時も一緒に過ごす事が多かった。
可愛がっていたウシコが2歳を前にして交通事故で亡くなった時には、幾日か昼に夜に探し回り涙を誘った。庭にお墓を作るとその周りにずっと座っていたりもした。

野良猫の寿命は、完全室内飼いの約15年に比べ三分の一の5年とも言われる。ウシの場合は、軒下のダンボール小屋が住まいの庭猫で、朝晩の餌は結構上等なものを食べさせたので、栄養満点で毛艶も良かった。アレルギーを持っていて、年中 目の周りがクシャクシャになり、鼻水を垂らしていたが、動物病院には去勢手術以外に掛かることは無かった。
家の脇の通りを通る子供達にはウシのファンが多く、姿を見えないと「ウシはいないの?」などと気に掛けてくれようになっていた。

そんなウシが今から一年半前に餌を飲み込み辛くなり、病院に連れて行った。歯周病と分かり、小さい前歯を残して12本も抜歯し、歯肉炎の手術も受けた。この後、柔らかい餌に替えて食欲も元に戻り、近頃では他の猫用の固い餌にまで首を突っ込み横取りするまでになっていた。

7月10日ころ2日間全く姿が見えず、置いておいた餌も食べ形跡がなく心配していた。三日目の夕方、痩せ細り右脚を引き摺りながら姿をみせた。スープを少し飲んだものの缶詰には口も付けず、水を沢山飲んで、涼しいコンクリートデッキの下にヨロヨロと入っていった。
ねぐらの床は土で、出て来て水を飲むと容器に汚れが残り、飲んだと分かる。それも毎日が一日置きにとなり不定期になった。2週間は餌を食べずに水分補給だけの日が続いたと思われる。
推定9歳になることから、家人とは無理やり捕まえて病院に連れて行くことは止めて、最期はウシの思い通りにしてあげようと決めていた。

もう逝ってしまったかと思っていた7月31日、三日ぶりに姿を見せた。しかし、一層痩せて震えながら水を飲み、口を開けても声にならない。暫く草の上に横になったあと、休み休みいつもの場所に戻っていった。

その日以来、水を飲んだ後もなく、思い起こせば31日はきっと最後の姿を見せ、別れを言いに来たのだと思う。
7年近く日々庭で生活し、面倒を見た猫がいなくなると、悲しいし、寂しい。
8月1日を命日と決めて、今日遺影を紙焼きにして、リビングのウシコやニャーの写真の横に並べた。遺骨も遺毛もないが、去年抜歯時に取っておいた歯をウシコと一緒の墓に入れ、仲の良かった親子の墓とするつもりだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/570-838c417c

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.