FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

07 < 2018/08 > 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


中秋、山茶花/酢橘/ネコ草

2017-10-01 (Sun) 14:36[ 編集 ]
月初めは、谷になった道路を挟み反対側の丘にある公園墓地に親友の墓参に行くことにしている。三年前までは毎週土曜日に行っていたが、十年も経てば友も煩いと思うに違いないと、それ以降は月初めと盆・正月にした。
今日は10月1日、遅い朝食前に散歩がてら墓参をして戻ったが、駐車場の脇の山茶花が青空を背景に白い花を付けている。そういえば、例年の山茶花も秋彼岸も過ぎたこの頃に咲き出す。

山茶花の隣に酢橘の木があり、いつもなら数百個の実を採って親戚や知人に送る時期を迎える。しかし今年は、台風の影響があった一昨年の百個という不作とは比べられないほどの凶作。実の数は十数個しか見当たらず、その上小ぶりだ。それでも、初物をと、大き目のものを探して5個採り、夕食の鍋に添えた。
今年の不作の原因は良く分からないが、花の数が驚くほど少なかったことから、恐らくは春先から初夏の天気が関係している。酢橘も気候変動の影響を受ける時代になったかもしれないが、来年はそれに負けずにたわわに実って欲しい。

こんな中秋間近だが、季節を問わず育てている植物がある。
それはネコ草で、家猫2匹のうちの一匹専用で好んで食べる。食べても、暫くすると何処かまわず吐いてしまい、家人が後始末をするのが日常だ。一説のよると、毛玉を吐き出す為に、草で胃を刺激しているというのだが、家の猫に限っては定かではない。
このネコ草は花屋でも一鉢2~300円で売っているのだが、近所の2軒の花屋には無いことが多い。そのため、専用の土と種(恐らく麦の一種)を買い、プラスチックの鉢を使って家で育てている。育つ速さは、季節によって違っていて、気温の高い夏は5日ほどで草丈7cmほどの食べ頃に育つ。この頃には、部屋に置いてある草が15cm程にもなって、不味いのか家猫も食指を動かさなくなり、新しい鉢との入れ替えのタイミングと重なる。
夏を過ぎて気温が低くなるにつれて、草の育つ早さは遅くなり、秋は一週間弱、冬は暖かい部屋でも1週間強と長くなる。
今日も、先週月曜日に種を蒔いた草が少し短めだが食べられる長さになり、伸びきって色が悪くなった書斎に置いた鉢と入れ替えた。
青い草を見せると、それが好物の家猫は鳴きながら走ってきた。その後暫くして、リビングから「クーちゃんが吐いたわ」の声が聞こえた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/572-8e749e07

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.