日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

04 < 2018/05 > 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


初詣、変わっていく街・電車・明神様

2018-01-06 (Sat) 15:42[ 編集 ]
「正月は如何でしたか」と聞かれる。元日に長男と次男の夫々の一家が年始で集まったが、それを過ぎれば神田明神への初詣以外は極不通の日常に戻っている。
元日の集まりでは、長男の1歳8カ月になる孫娘がはしゃいで駆け回ったりして賑やかだったので、以降の静かな生活とのギャップは大きい。

初詣は、毎年判で押したように、元旦に近くの神社に車で行く。境内も社殿も初詣を始めてから40年来変わりなく、正月と祭のときだけ氏子が出てテントの仮社務所や屋台を出している。今年も家族の無病息災を祈願してから仮社務所でお札を頂き、甘酒と焚き火で暖をとった。

そして、これも恒例でお茶の水まで出向き、神田明神にもお参りをして来た。商売繁盛では霊験あらたかとあって、企業の初出勤日には企業トップの祈祷は拝殿に上がってだが、本殿前では職場仲間と連れ立っての人達の参拝で長い行列が出来る。今年はその混雑を避けて5日に行くことにしていたが、天気予報が雪の可能性もと言っていたことから、行列覚悟で4日に行くことにした。

地下鉄を降りて地上に出て眼前が開けると聖橋だ。この橋は、完成後90年も経って老朽化から超寿命化工事が進められ、今年の3月にはそれも完了するという。
30年弱 御茶ノ水駅近辺に勤めたが、この橋から観る景色が好きで、一番印象にも残っている。渡っている橋が工事でどのように変わっているかは足の下で見えないが、神田川の上流の水道橋方面を見ると巨大クレーンが高く伸び、御茶ノ水駅のリニューアル化工事が進められているのが分かる。その奥には、退職後10年の間に建ったビルが沢山見えた。下流の方面を眺めると秋葉原周辺に高層のオフィスビルがいくつも出来ている。

眼下に目を移すと、運よく中央線・総武線・地下鉄丸の内線の3路線同時に電車が見られた。中央線の車体は銀のベースにオレンジ色の帯、総武線は黄色い帯、丸の内線は赤い帯だ。少し前まで、電車の色は帯の色ではなく全体が今の帯の色に塗装されていたのだが、街が変わっていくように電車の姿も変わりつつある。

聖橋は、湯島聖堂とニコライ堂という両岸に位置する二つの聖堂から命名されたと聞くが、その湯島聖堂に入って手を合わせ、次の明神様に向かった。
交差点に差し掛かると、本郷通りが通行止めされ、参道までの数十メートルにびっしりの人の列が見えた。案の定だが、覚悟してきたことで仕方なく並ぶことに。飽きるほど待たされ、随神門をくぐって境内に入ったが、ここも人で満杯。そこから30分ほどでようやく賽銭箱の端に着き、家族の無常息災と長男宅の安産を祈願することが出来た。並んだ列の横の神札授与所に混雑はなく、目的の天照大神のお札、交通安全と安産のお守りを頂いた。
帰りの通路を行くと、昨年まで駐車場だった場所が建設中のシートで覆われていた。脇の案内板では、神社創建1300年記念事業として文化交流館が建つらしい。ここもまた大きな建物に囲まれるようだ。

隋神門前の参道まで戻り、待ちくたびれた顔の人たちの列を横目に、三河屋に寄り、店先で350円の延寿甘酒で体を温めた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/576-1b48d9e3

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.