日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

04 < 2018/05 > 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


四年ぶりの大雪に汗を流す

2018-01-23 (Tue) 23:00[ 編集 ]
東京都心で23cm、四年ぶりの大雪だそうだ。ニュースでは交通機関に影響が出て、利用客に大分混乱が出たようが、大雪は家中心の生活者にとっても厄介者だ。
スーパーでの週一の買い物を天気予報を聞いて一日早め、しかも本降りの前にと午前中で済ました。パラパラ雪が正午前には雪が激しい降りになった。午後から降り始める予報を信じずにラッキーだった。
前日までの予報の積雪5~6cmは外れ、その強い降りは夜まで続いて夕方には一面を銀世界にした。
家の前の急坂で通行人が転倒してはと、暗くなる前に新しい雪かき専用スコップを持ち出した。既に10cmを超えて積もっているが、幸い新雪でスコップは入り易い。道路の右端から1m程のところに60cm程の幅で雪をすくい、道路の端に放る。30分で30mを搔き終えた。

朝起きてみると、屋根のあるベランダにも吹き込んだ雪が10cmほど積もっている。その向こうのには音の無い世界に雪国のような景色があった。一階に下りてみるとニュースの20cmはゆうに超え、塀の雪を手で測ると25cmは積もっている。車の屋根にも同じように積もっている。ふらついている庭猫を昨夜ダンボールの小屋に入れてあげたが、小屋の中で丸まっていた。
わが家は4mほどの市道に沿っているが、急坂の市道には昨日の雪掻きの跡は既になく、二輪車らしき轍跡が着いていて、郵便受けにはビニール袋の新聞が入っていた。この大雪に律儀にも配達してくれるとは、頭が下がる。
車が通れるようにするには本格的な雪掻きを無くてはならず、朝食後にすることにした。

朝食後に、腰痛ベルトを付け、軍手をはめ、長靴を履いていざと出ると、隣の奥さんが道路の中央付近に歩行用の道を作ってあった。それに沿ってスコップで雪をすくい、右に左にと道路端に放り投げる。昨日より倍積もっていて重く、結構な重労働で10分もすると汗がにじみ、休み休みの作業だ。一時間半をかけて陽で融けだしているところを除いてようやく市道に車の通り道を作り終えた。わが家から下の方は、夜中にずっと水を流していたり、何軒かの人が出て一緒に雪をどけたりで道が開いていた。
この分なら100m強の市道が繋がっている上と下の両県道の除雪がされると、この道も車が通れるし、自分も車が出せる。
車の屋根の雪を下ろし、駐車場と道の間の雪を搔いて作業を終わり、時計を見ると11時前だった。

玄関脇の庭猫の小屋を覗くと、箱の中にまで届く陽を浴びて眠っている。この分なら、道の雪融けも進む筈だ。
県道が開いたのか、3時過ぎには書斎の窓の方から車の音が聞こえた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/578-dc8314ae

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) お~さま All Rights Reserved.