FC2ブログ
日常の出来事を気楽に載せています。 木漏れ陽が当たる公園のベンチのように、のんびり・ホッと出来る場になればいいな!

06 < 2020/07 > 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


庭猫モモの旅立ち

2020-03-10 (Tue) 21:07[ 編集 ]
わが家で面倒を見ている野良猫は、一番多いときは7匹いた。新しく加わる数よりも、減った数の方が多くて、現在は4匹になった。減った数のうち死亡した猫が3匹いた。どの子もわが家に居着いて、庭猫として可愛がっていたものだ。そして、昨日庭猫4匹のうちの1匹が亡くなった。

オスの庭猫のモモは、2014年2月に庭に黒白の姿を現した。体の大きさから2歳ほどだと思われた。鼻の頭が桃色だったので「モモ」と呼ぶことにしたが、名前に似合わず他のオス猫同様に縄張り意識が強く、気も荒らかった。去勢手術後もそのなりを潜めることなく、わが家の庭を自分の縄張りにして、見張りを兼ねて軒下の小屋に居付き、時折マーキングに出歩いていた。
そんな性格も、近年は世話を見ている小生や家人には、甘えることが多くなり、歩く後に着いて回ったり、帰って来ると門の前まで迎えに来たりするようになった。特に小生には従順で、お腹を見せてゴロンをし、愛撫を要求することがしばしばあった。

もともと大食漢ではなくむしろ 食が細いスリムな猫だが、これまでは元気で鳥、トカゲや蝉などを捕るのもよく目にした。
こんなモモが2月の終りころから餌を口にしなくなった。日ごとにやせ細り、スプーンで好きなスープをやっても受付なかった。体が弱っても発泡スチロールの小屋から出て、日向ぼっこをするのが日課だったが、3日前から小用に立つ以外は小屋の奥から動こうとしなくなった。
そして、3月10日の朝早くに見に行くと、昨夜用足しに行って帰って来たのだろう、尻尾を小屋の外に出したまま中で息絶えていた。

8年ほどの少し短い生涯だが、モモなりにここで自由な生活を過ごせて、幸せだったと思う。そんな子を、桃の花がもうすぐ開きそうな木の傍に、埋葬してやった。
近所の子供達にはモモは人気もの、そのモモが亡くなった旨の張り紙を塀に掲げた。
家猫ではないが、6年間世話をしてきただけに悲しく寂しく、夫婦で落涙した小雨の朝だった。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohsama007.blog12.fc2.com/tb.php/619-53e19a3c

 | HOME | 



-天気予報コム- -FC2

お~さま

お~さま

出身:長野県安曇野市
現在:神奈川県
歳 :かなり
趣味:写真、映画、ホムペ・・
 

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

(C) お~さま All Rights Reserved.